【治るかな・・】ウィルス性イボができちゃう原因と5つの治療方法

Pocket

ウィルス性のイボに悩んでいませんか?

白く硬くなったイボ。

指先や足の指にできてしまうと、普段から邪魔くさいし、気になってしょうがなかったりしませんか?

中には、歩くたびに激痛があってどうにもこうにも。。という方もいるかもしれません。

この記事では、ウィルス性イボができる原因や治療方法を詳しく紹介していきます!

【この記事の特徴】

特徴1 ウイルス性イボに関する悩みが解消される。
特徴2 ウィルス性イボの治療方法がわかる。
特徴3 ウィルス性イボができる一般的な原因がわかる。

ウィルス性イボに関する悩みが少しでも解消されるとうれしいです!

 

ウィルス性のイボはどんなもの?画像と共に特徴を確認しましょう。

ウィルス性イボって実際どんなもの?

自分が思っているイボと同じかな?

認識が食い違わないように、一度確認しておきましょう!

ウィルス性イボの画像

特徴1 比較的大きい(5ミリ~1センチ)
特徴2 白色や黄色いものが多い
特徴3 イボの中心に芯のようなものがある。

ウィルス性イボは、比較的大きいのが特徴です。

指先にできてしまったりして、手作業をしづらかったりしてしまうので厄介なものです。。

ウィルス性イボの感染力

ウィルス性イボの感染力について説明します。

ウィルス性イボの感染力ですが、問題視されるほどではありません

単純に他人のイボに触れてしまうだけでは、感染するリスクは決して高くはありません。

ウィルス性イボの感染経路

ウィルス性イボの感染経路は、傷口からとなります。

足や手などに、ちょっとした傷があるときにそこからヒトパピローマウイルスが入り込んでしまうのです。

対策としては、公共物を使うときには自身の傷口をなるべく近づけないように注意することです!

その他、体が本来持っている免疫力を下げないように健康管理をするという点です。

痒みは?痛いの?

ウィルス性イボはできても、痛みや痒みは伴いません。

しかしながら、擦れてしまったり、かさぶたの取れかけのような状態になると痛みを伴うことが多くなります。

ウィル性のイボの治療方法のまとめ

ウィルス性イボの治療方法は一般的に3つがあります。

治療方法1 液体窒素
治療方法2 お酢
治療方法3 クリーム

もちろん、これ以外にもまだまだあります!

液体窒素でウィルス性イボを治療する

ウィルス性を治療するために、最も一般的な治療方法が液体窒素です。

お酢でウィルス性イボを治療する

キッチンにおいてあるお酢を使う方法も民間療法として認知されています。

酢は殺菌効果があるため、ウィルス性イボに効果があるとされています。

しかしながら、人によって効果がなかったりすることもあります。

やり方としては、風呂上がりにガーゼなどにお酢を染み込ませ塗りつけるようにしましょう!

軟膏クリームでウィルス性イボを治療する

ウィルス性のイボを市販のクリームで治療していく方法です。

良く市販されているのは、ヨクイニンクリームとなりますがこれらは老人性のイボに効果的ではありますがウィルス性のイボには効果はあまり期待することができません。

ウィルス性イボのクリームには尿素クリームを使用するのがいいようです。

市販クリーム以外に有効な商品は!

市販商品でよくあるものは、パッチシール型の商品(イボコロリなど)です。

これらの商品の方が薬局で見かけるほうが多いかもしれませんね。

イボがでいる場所や症状によって、どの治療方法がいいのかも変わってきます

テーブル

顔にできた場合

顔にできた場合には、液体窒素か尿素クリームがおすすめです。

顔にできた場合には、人目に付くことも多いことから液体窒素で早めに治療してしまうのがいいと思います。

病院にいくのはちょっと面倒という方なら尿素クリームを付けるのがいいでしょう。

足の裏にできた場合

足の裏にできてしまった場合には、液体窒素かイボコロリなどのパッチシール型商品がおすすめです。

足の裏は皮膚が厚めにできているため、刺激の強い治療方法を選ぶのがいいです。

刺激の強い方法であれば、病院で液体窒素治療をしてもらうか、イボコロリなどを薬局から買ってきて貼るのがおすすめです!

ウィルス性イボが手のひらにできた場合

手のひらにできた場合には、パッチシール型商品や尿素クリーム、液体窒素がおすすめです。

手のひらも比較的、皮が厚いため刺激が強い商品がおすすめです。

また、普段から手を使うことがおおいため、イボが当たって気になる方も多いともいますので液体窒素など効果が早く出る治療の方がおすすめです。

ウィルス性イボが頭にできた場合

頭にできた場合には、液体窒素や尿素クリームがおすすめです。

頭皮は皮も薄いため、丁寧にケアができる方法がいいでしょう。

液体窒素も、医師に相談しながらできれば安心です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です