中学生でもロボット教室に通える?おすすめのロボット教室と注意点

Pocket

この記事では中学生向けのロボット教室について解説します。小学校時代よりも拘束時間が増える中学生。それだけに習い事は厳選する必要があるでしょう。

ロボット教室のメリットや中学生におすすめのロボット教室、中学生ならでは注意点についてそれぞれ解説していきます。

中学生の習い事として人気があるロボット教室

色々な習い事をするのは小学生まで。中学生の習い事と言えば学習塾であり、学校で良い成績を取って良い高校に行くのが一般的な親の願いでしょう。

しかし、勉強と直結しているわけでは無いのにも関わらず、近年急速に人気が出ているのがロボット教室。

小学生向けのロボット教室の場合、集中力や想像力を養うのが主な目的。中学生の場合は実用的なプログラミングが楽しみながら学べるのが大きなメリット。

プログラミングさえ出来ればある程度将来が安心できるということもあり、中学生向けのロボット教室が人気を集めているのです。

中学生におすすめのロボット教室はここ!ヒューマンアカデミー!

ロボット教室には小学生を対象にしているものが多く、中学生向けのカリキュラムが準備されていないような教室も少なくありません。

中学生向けのクラスがあったとしても、小学生向けとあまりレベルが変わらないというケースもあるでしょう。私のおすすめはヒューマンアカデミーのロボット教室。

『ロボディクスプロフェッサーコース』というコースが用意されているので、中学生でも安心して通わせることが出来るでしょう。

オリジナルのカリキュラムで本格的なロボット技術やプログラミングが習得できますし、数学や物理を自然に学べるのも大きなメリットです。

全国各地に教室を展開しているので、中学生向けのロボット教室を探しているならぜひチェックしてみましょう。

中学生をロボット教室に通わせる時の5つの注意点

小学生とは違って学業や部活の負担が大きい中学生。ロボット教室に通わせる場合の注意点について解説します。

中学生をロボット教室に通わせる時の注意点①:部活との両立は難しい可能性がある

地域によって違いはありますが、中学生になると部活に入るというのが一般的でしょう。土日も練習がある運動部などの場合は、ロボット教室との両立は難しいかも知れません。

練習だけならともかく、試合の日などは1日潰れることも多いですからね。ロボット教室と部活を両立したい場合は、負担が少ないような部を選ぶと良いでしょう。

中学生をロボット教室に通わせる時の注意点②:ロボット教室と学業の両立について

ロボット教室は学業にプラスになる面もありますが、成績と直結するわけではありません。ロボット教室と学習塾の両方に通う場合は、金銭面だけでなく時間面の負担も大きくなるでしょう。

また、試験前や受験前などは、ロボット教室をお休みして勉強に集中する必要性があるかも知れません。ロボット教室と学業の両立については、じっくり子供と話し合うようにしましょう。

中学生をロボット教室に通わせる時の注意点③:中学生向けのロボット教室は費用が高い傾向にある

小学生向けのロボット教室に比べると課題も難しい中学生向けロボット教室。教材の費用も高くなったり、追加のキット代が必要になる可能性もあるのでご注意下さい。

教える側の負担が大きくなることからも、月謝が高くなる傾向にもあります。小学生向けのロボット教室と月謝が変わらないような会社もあるので、教室選びは慎重に行いましょう。

中学生をロボット教室に通わせる時の注意点④:中学生に対応していないロボット教室も多い

ロボット教室の主な対象年齢は小学生。小学校1年生~3年生の割合が一番多くなっています。近所にロボット教室があるからと思っていたら、中学生に対応していない可能性もあるでしょう。

離れた場所にあるロボット教室の場合は交通費の負担も考えないといけません。中学生に対応してるのはもちろん、レベルの高い授業が受けられるようなロボット教室を選びましょう。

中学生をロボット教室に通わせる時の注意点⑤:中学生だからと言って油断しない

小学生までは送り迎えをしていたけど、中学生になったからもう大丈夫。そんな風に油断せずに、万が一に備えておきましょう。

ロボット教室は駅の近くにあることが多いとは言え、絶対に安全だとは言い切れません。教室を出るときには連絡させるようにして、もしもの時にはすぐに対応できるような準備をしておきましょう。

中学生とロボット教室についてまとめ

中学生向けのロボット教室や、中学生をロボット教室に通わせる場合の注意点について解説しました。

無理矢理部活をやらせるよりも、子供がやりたいと思うことをやらせたほうが、楽しい中学校生活が送れるはず。

将来にプラスになる可能性も高いロボット教室。中学生のお子さんを通わせることも積極的に検討してみて下さい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です