【パソコン・スマホ疲れ目対策】環境を見直して疲れ目を元から改善!

Pocket

パソコンやスマホをよく見るなら、誰しもが必ず【疲れ目】を経験したことがあると思います。

実はこれ結構深刻な問題で、こんな症状が出てくるんです。

  • 充血
  • ドライアイ
  • 目のかすみ
  • 目がぼやける
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 目の痛み

これらを見てみると、目だけではなく身体にも影響があることがわかります。

実際に私も疲れ目から目のぼやけや肩こりが酷くて悩んでいました。

酷くなると、不眠や軽い鬱状態が出る場合もあるので、目の疲れには注意が必要です。

今回こちらでは、疲れ目の元となるパソコンやスマホの使用環境や疲れ目対策のグッズなどを紹介していきます。

疲れ目に悩むあなたの参考になれば嬉しいです。

まずはパソコンやスマホを使っている環境を見直そう!

疲れ目の対策をする前に!普段使っているパソコンやスマホの環境を見直すことが重要です。

いくら対策をしたところで環境が悪ければ意味がありません。

環境を見直すために重要となるのがこの4つ。

  • 姿勢
  • PC環境
  • 適度な休憩
  • 眼鏡やコンタクトのチェック

普段スマホなどを使用している環境と比べて、しっかりと見直していきましょう。

姿勢が重要!この4つのポイントは押さえておこう!

目が疲れにくい環境を整える第一条件として、姿勢はかなり重要です。

こんな姿勢、していませんか?

  • パソコンやスマホとの距離が近い
  • 変な座り方をしている
  • 足をよく組んでいる

実はこれが疲れ目の大きな原因になっているのかも…。

パソコンやスマホを見る適正な姿勢はこちら!しっかりチェックしてくださいね。

  • 画面との距離が40~50センチ離れている
  • 足の裏が床についている
  • 椅子に深く座っている
  • 視線が若干斜め下になるようにパソコンやスマホを配置

この4つを抑えておけば、まずは問題ないかなという感じです。

小学生や中学生のときに学校で教えてもらった勉強の姿勢に少し似ているかもしれませんね。

普段からのクセを治すというのはちょっぴり大変ですが、目の健康を取り戻すためにも今一度見直してみましょう!

PCやスマホ環境は大丈夫?設定を見直してみよう

スマホやパソコンの画面は光が反射するようになっていますよね。

それも疲れ目の原因の一つなんです。なので、まずはPCやスマホの設定を見直してみましょう。

チェックするべき項目はこの3つ!

  • 画面は反射していないか
  • 明るさは適切か
  • 色温度に問題はないか

画面は反射していないか

パソコンよりスマホに多いのが画面の反射。液晶になるとライトなどで画面が反射しやすくなります。

これは画面が見にくくなる原因で、この反射している光によって疲れ目がさらに悪化する可能性があるんです。

もしパソコンやスマホが反射するタイプの液晶画面であれば、フィルムなどを貼ってすぐにでも対策するようにしましょう。

明るさは適切か

明るさというのはパソコンやスマホの明るさ、そしてそれらを使っている部屋の明るさ、どちらもです。

まず画面の明るさについてですが、使っている場所の明るさによって変える必要があります。

明るすぎても暗すぎても目に負担を与えてしまうからです。

では適切な明るさはどのくらいかというと【部屋と画面の明るさが同じくらい】です。

こうなると画面は部屋の明るさに合わせるだけだから、部屋の明るさについては特に意識しなくても良いのでは?という疑問が出てくると思いますが、それは違います。

部屋の明るさと液晶の明るさに、あまり差があってはいけません。しかし、画面の明るさ調節には限度があります。

そのため、あらかじめ部屋の明るさを意識するのが重要なんですよ。

色温度は適切か

明るさとも少し近いところがありますが、パソコンの色温度も目の疲れにとって重要なポイントです。

色温度は高ければ高いほど目に負担を与えます。一般的にはブルーライトと呼ばれているものです。

なので、色温度を調節することによってブルーライトを減少させることもできるのです。

ものによっては設定で変えることもできますし、ブルーライトカット眼鏡を使用するのも一つの手段です。

色温度を調節して、目の負担をなるべく減らすようにしましょう。

適度な休憩をとる

パソコンやスマホを使うなら適度な休憩も必要です。

というのも、先ほど姿勢についてお伝えしましたがその正しい姿勢も長時間続けるのはしんどいですよね。

さらにパソコンやスマホを長時間見ていると、目のピントが調整がうまくいかず、目のぼやけにもつながります。

なので最低でも1時間に1度はスマホやパソコンの画面を見ない休憩が必要です。

休憩の際は、遠くを見たりしてピント調整を行い、身体のために少し歩いても良いかもしれません。

実は長時間の座りっぱなしは、身体にとってかなり悪影響らしいのです。

目だけではなく身体の健康のためにも、適度な休憩は大切にしましょう。

眼鏡やコンタクトのチェック

もちろんご存知かもしれませんが、スマホやパソコンの影響で視力が低下することは多いです。

そのため、特に視力が悪く普段から眼鏡やコンタクトをつけていたという人は今一度それらの度数を見直すことをオススメします。

というのも、眼鏡やコンタクトレンズは度数がずれたままつけていると、疲れ目を悪化させたり頭痛を伴うこともあるんです。

また、酷くなると目の病気である緑内障などにつながることも…。

なので、眼鏡やコンタクトの度数は適度にチェックし、最低でも1年に1度は眼科でチェックしてもらうようにしましょう。

もう目が疲れない!疲れ目の対策グッズ”効果が高い順”ランキングTOP5!

これまでパソコンやスマホの使用環境についてチェックしてきましたが、疲れ目には対策も重要です。

ここでは、効果が高い順に疲れ目の対策グッズを紹介していきたいと思います。

第一位:めぐりズム

これはもうご存知でしょう!花王から出ている、蒸気でホットアイマスクの【めぐりズム】です。

値段も比較的安く、市販で手に入れられるため疲れ目に悩む方から人気を集めています。

口コミを見ても、疲れ目だけでなく安眠効果やリラックスできるため身体の疲労にも良い、というものがダントツで多くありました。

私自身、眼精疲労を感じたときは使用しているのですが、目の疲れからくるむくみなどにも効果があります。

すぐにでも試せる疲れ目対策方法なので、ぜひ一度試してみてくださいね!

第二位:あずきのチカラ

桐灰から出ている100%あずきの天然蒸気【あずきのチカラ】です。こちらも疲れ目の人からかなりの人気を集めています。

毎回電子レンジで加熱する必要があるのですが、なんと250回もリピートして使うことができるんです!

約5分間のせるだけなので、パソコンやスマホを使用している途中で目の疲れを感じたときにも大丈夫。

若干あずきの香りがしますが、口コミ評価はかなりのものです!

第三位:ブルーライトカット眼鏡

パソコンやスマホを使用しているときに対策をするのも重要。それにピッタリなのがブルーライトカットメガネです。

名前の通りパソコンなどから出ているブルーライトをカットしてくれます。

値段は1,000円くらいからあるのでピンキリです。

私は2,000円くらいのものを使っていますが、以前より目の疲れがマシになりました。

まだ使ったことがないなら、ぜひ一度目の疲れ対策に使ってみてはいかがでしょうか。

第四位:ロートV11

目薬としては若干お高めなのですが、程よい爽快感がありドライアイにもピッタリのロートV11です。

目の疲れからくる痛みやドライアイにかなり良いと人気を集めています。

一般的な目薬とは違い、1滴さすとサッと効果を感じることができるんですよ!

パソコンやスマホを使用中に、少し目の疲れを感じたらすぐにでも使える対策法です。

第五位:目もとエステ

パナソニックから発売されている目もとエステです。

値段は1万円ほどと他と比べるとお高めですが、故障しない限り買い直す必要がないため、トータル的にはコスパが高いのではないでしょうか。

口コミ評価は半々に分かれていますが、使用することで目の疲れがとれ集中力アップや安眠効果が期待できます。

対策というよりはケアに近いかもしれませんが、充電するだけで簡単に使えるので、他の方法で目の疲れがしっかりとれなかったなら一度試してみてほしい方法です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

目の疲れは軽い症状に見えますが、疲労が溜まると目の病気にもつながりかねません。

普段から少しずつ気を付けるだけで簡単にケアや対策はできるので、今一度環境を見直して、目の健康を取り戻しましょう!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です