病気かも?原因を改善すれば治る!皮膚の黒ずみを治す方法

Pocket

皮膚が黒ずんでいるのってイヤですよね。以前は黒ずんでいなかったのに、気が付いたら皮膚が黒ずんでいるなんて誰にでもよくあること。

コンプレックス・・・。人に黒ずみを見られているんじゃないかって気になり始めると、ノースリーブとか、丈の短いかわいいスカートも、はけません。
無意識のうちに隠そうとしてしまい、皮膚が隠れる洋服を選びがちになってしまいます。以前のように黒ずんでいない肌に戻りたいって思いますよね。
私自身も皮膚の黒ずみが気になっていたので、治したいと思うから、治し方をいろいろ調べてみました。調べてわかった、皮膚が黒ずむ原因と治し方を紹介します。

もしかして病気?皮膚が黒ずむには原因があった。

皮膚が黒ずむのには原因があります。なんにでも原因ってありますからね。(男と別れた原因とかね)日本人はもともと肌色の皮膚をしていますが、その皮膚が黒ずんでしまうんです。

ひざとか肘とかが黒ずんでしまう人は多いですし、脇も黒ずむ部位なんです。それに乳首や「あそこ」(デリケートゾーン)も黒ずんでいる人って案外多いんですよね。(昔はピンクだったのにね)
でも、黒ずみのことって、はっきりいって他人に相談できません。恥ずかしくて相談できないですし、「黒ずみで悩んでいるんだ~~」って思われたくないですよね。だから、自分で解決するしか方法がないんです。
話がそれましたが、黒ずみの原因はメラニン色素の沈着が原因です。メラニンは、皮膚の基底層にあるメラノサイトが刺激を受けると生成されます。
そうして生成されたメラニンは、表皮細胞で太陽からの紫外線を吸収して皮膚の細胞を守る働きがあります。が、しかし、皮膚をゴシゴシと擦りすぎたり、衣服でこすれすぎたり、ストレスをかかえてホルモンバランスが崩れたりすると、皮膚を守るという反応をしてしまい、メラニン色素が沈着してしまうのです。
本来、メラニンは、皮膚の細胞のターンオーバーによって、排出されるのですが、皮膚に過剰な刺激を与えることで、たくさん生まれてしい、ターンオーバーでも全てを排出することができなくなってしまうのです。

メラニン色素が沈着するのは病気ではないか?って心配する人もたまにいます。(太田母斑とは蒙古斑など)しかし、病気のケースはマレですし、身体全体に症状がでたりします。

身体のわずかなごく一部(脇だけとか、肘だけとか)だけが黒ずんでしまうのは、病気ではなくメラニン色素が沈着している可能性が高いです。
それでも、心配なら医師の診断を一度受けることをおすすめします。

皮膚が黒ずんでいる部分はかゆい?硬い?その原因は

ネットなんかでもよく目にするのですが、皮膚が黒ずんでいる部分が「かゆい」ことがあります。これはアレルギー体質の可能性がある人がかゆくなる傾向があるようです。
皮膚がかゆくてかいていたら、黒ずみになったという人もすくなくありません。(「かゆい」→「黒ずみ」の順番です。黒ずんでからかゆくなる人は少ないようです。)
「かゆい」からかくことで皮膚に刺激を与えてしまい、色素が沈着してしまうんですね。敏感肌だったりアレルギー体質の傾向が強い人は、黒ずみ部分のかゆさを感じたら、皮膚科を受診してみることをおすすめします。けっこう、みなさん受診しているようですし、その時にかゆみ止めの薬と一緒に黒ずみを治す薬とかクリームも処方してもらっているようです。

また、皮膚が硬くなっているのは、その部分が乾燥しているから硬くなるのです。毎日、化粧水とか尿素配合のクリームを塗って、柔らかくする対策をしましょう。

首や顔の皮膚が黒ずんでしまう原因はこれ

首も黒ずんでしまう部位でもあります。首って顔とか手に比べてケアをしない部位でもありますよね。だから、紫外線を浴びていても気づかずに、そのまんま・・・。気が付いたら黒ずんでしまうんです。
それに首って洋服で擦れます。擦れるっていうことは肌が刺激を受けるってことなんですよね。

  • 紫外線を浴びてしまう。
  • 肌が刺激を受ける。
  • 自分ではケアしない。

この条件が揃うと、肌自らが刺激から守ろうとしてメラノサイトが生成されます。はい、黒ずみました。(笑)

それに「顔」。毎日、鏡とにらめっこしながら、ケアしているのに黒ずみができてしまう原因はなんでしょう?それは、紫外線の浴びすぎです。

「日焼けクリームを塗っているし、帽子もかぶっているから、紫外線対策はできているはず」って思いますが、顔って想像以上に紫外線を浴びるんです。
室内にいるから大丈夫って思っていても、紫外線はガラスを通り抜けて室内に降り注いできます。窓際なんかに座っていると、大量の紫外線をあびてしまいますから。
それに加えて、紫外線が強い季節は肌も乾燥しやすいです。肌の水分量が減ってキメが乱れた肌は、いつも以上に刺激を受けやすい状態になっているから、顔が黒ずんでしまう原因の一つでもあります。

カサカサ肌で乾燥していると皮膚が黒ずみやすいの?

カサカサしている乾燥肌の女性は多いです。あるアンケートだと日本人女性の8割が自分は乾燥肌だと思っているそうですが、それだけ肌が弱い人が多いってことの裏付けですね。
肌が乾燥している状態は、肌のバリア機能が低下している状態です。皮膚がそのような状態でいると、外部からの刺激(紫外線やホコリ、花粉など)に弱くなっているので、黒ずみがさらに悪化したり、他の症状(毛穴の開き、シミ、しわetc)が発生してしまいます。
カサカサの乾燥肌の人は、黒ずみを治すために、1にも2にも保湿することが大切なケア方法なんですね。

皮膚の黒ずみを治すなら薬?皮膚科?市販クリーム?どれが効果的

とにかく気になる黒ずみですが、なんとかして消したいですよね。どうやって消せばいいのでしょう?市販のクリームとかあるし、薬もあります。皮膚科のお医者さんに診てもらう方法もあります。どれが一番効果があるのか、調べてみました。

黒ずみを治す市販のクリーム

一番手っ取り早く黒ずみ対策することができます。今ではたくさんの黒ずみ対策クリームが市販されています。一覧表でまとめてみました。

 値段(税抜)  送料 評価・評判
薬用アットベリー 2,980円(定期コース) 定期コースで無料 ★★★
ピューレパール 4,750円(定期コース) 定期コースで無料 ★★
ピーチローズ 4,695円(定期コース) 定期コースで無料 ★★
ホスピピュア 5,500円(定期コース) 定期コースで無料 ★★
ラスター 4,750円(定期コース) 定期コースで無料 ★★

皮膚の黒ずみに効果のある薬

 値段  容量  成分
 クロキュア(小林製薬) 800円 15g 尿素(20%)・トコフェロール酢酸エステル・グリチルリチン酸モノアンモニウム
 ニノキュア(小林製薬)  1,200円 30g 尿素(20%)・トコフェロール酢酸エステル・グリチルリチン酸モノアンモニウム
 パスタロンM(佐藤製薬) 800円 30g 尿素(20%)・グリチルリチン酸ニカリウム・酢酸トコフェノール
 フェルゼアHA20クリーム(資生堂薬品) 1,680円 80g 尿素(20%)・グリチルリチン酸ニカリウム・酢酸トコフェノール

これらの薬(第3類医薬品)は、直接「黒ずみ」に効果があると謳っていません。(*クロキュアは黒ずみケアできると謳っています。)

クロキュアの特長は尿素が多めに配合されていることです。尿素の効果は皮膚の角質を柔らかくすること、そしてはがれ落とすことです。そうすることで黒ずみが皮膚の表面に浮かんできて、新しい細胞と生まれ変わるんです。

表面の硬くなった角質を柔らかくして、新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーを促進させて、カサカサ肌やブツブツ肌をケアする効果があると謳っています。
黒ずみをケアする方法と同じなので、黒ずみ対策の医薬品として使用できます。
これらの医薬品は同じような成分が配合されていますが、そのメカニズムは、

  1. まず尿素で皮膚表面を柔らかくして黒ずんだ角質を除去します。
  2. グリチルリチン酸で皮膚の内側の炎症を沈めてメラニンの生成を抑えます。
  3. トコフェノールでターンオーバーを促進して、黒ずみのない皮膚に近づけていく

というメカニズムです。
成分がほぼ同じなので、どの医薬品でもいいと思いますし、薬局やドラッグストアで販売されているので、手軽に買うこともできます。

皮膚科で黒ずみを治す

黒ずみを本格的に治したいのなら皮膚科にいくのも良い方法です。ここで疑問が湧いてくるのですが、「皮膚科って美容皮膚科と病院の皮膚科のどっちに行ったらいいの?」っていうこと。

美容皮膚科は効果がありそうだけれど値段が高そう。病院の皮膚科は保険がききそうだけれど、そもそも黒ずみの治療をしてくれるのか?などなど、わからないことだらけですよね。

なので調べてみたんですが、黒ずみがひどくて本気で治したいときは「美容皮膚科」を、重症ではないけれど、安い費用で黒ずみを少しでも治したいなら病院の皮膚科を選ぶといいでしょう。
一般的な病院では、先生に診察してもらい、塗り薬を処方してもらって、それを塗りながら治す治療が中心になります。肌を白くする効果があるハイドロキノンやトレチノインが配合されている塗り薬が処方されるようなので、黒ずみの原因のメラニンを除去する効果があるし、硬くなった古い角質をはがす効果もあります。

皮膚の黒ずみを解消するのに重曹って効果あるの?

「えっ!重曹?黒ずみに効果があるの?」って、誰もが思いますよね。私も初めて聞いた時には驚きました。重曹っていったら掃除のときに使いますからね。
そんな重曹で黒ずみを消すことができるの?そもそも身体のケアに使っていいの?って疑問も湧いてきます。
答えを言うと「大丈夫」です。

重曹は天然物質なので身体に害はありませんし、どのような効果があるのかというと、角質を除去する効果があります。黒ずみを治すためには、角質を除去する必要があるから、その為に使うんですね。
(食用か薬用の重曹がいいでしょう。掃除用は使いません。汚れを落とすために肌に合わない刺激物が入っている可能性があるためです。)

黒ずみを治すための重曹の使い方を解説。

まず初めに注意する点として、脇に直接重曹を塗りません。粉末状になっているから、そもそも塗れないし、皮膚がこすれて傷つくのでマジでNGです。

  1. 重曹に水を1対1の割合で混ぜペースト状にします。
  2. ペースト状になった重曹を脇の下に塗ります。
  3. 10分間そのままにし、10分経過したら洗い流します。
  4. 洗い流した後に、化粧水などで保湿しましょう。

これだけ。

使用する量は、脇に塗るだけなので少量でOKです。(小さじ2杯分くらい)

これをすると、脇の皮膚の硬くなっている古い角質を柔らかくすることができて、ピーリングを促進させることができるようになります。

皮膚の黒ずみを除去して白い綺麗な美肌になりましょう

皮膚の黒ずみが気になると、常に黒ずみのことを考えてしまい頭から離れなくなります。

かわいいおしゃれな洋服を着たいけれど、脇が露出されるから着れないって思ってしまいますし、脇の黒ずみが気になって彼氏に積極的になれなかったりして、恋愛もうまくいかくなったりします。
日常生活の色んな場面で1歩踏み出せない自分になってしまうんですね。そういう自分を変えるために、良い恋愛ができるために行動しましょう。

悩んでいるときは、すごく大きな悩みに感じてしまうけれど、黒ずみが治って悩みが解決すると、なんて小さなことで悩んでいたんだろうってなるんですよね。「こんなことならもっと早く行動して黒ずみをなくせばよかった」って。
皮膚の黒ずみは治せない症状ではありません。正しいケアを続けていれば、いずれ解決する悩みです。白いきれいな肌になって、女子力をあげましょうね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です