理解しないと損!青汁の大麦若葉とケールの違いを分かりやすく解説!

Pocket

青汁の原料の中でも大麦若葉とケールはよく知られていますが、栄養価や効果に違いがあることを知っていますか?

ダイエットや生活習慣病の改善に効果があるとされる青汁は、成分の働きを理解して目的別に選ぶと良いです。大麦若葉とケールはどう違うのかお伝えします。

大麦若葉

まずは大麦若葉から説明していきます。

大麦若葉とは

大麦若葉とはイネ科の植物に属し、大麦の若い葉の部分のことです。20から30センチほどに成長したものを収穫します。中央アジアに多く生息しますが、国内では熊本、特に阿蘇地方の大麦若葉が有名です。

熊本は太陽光が強く寒暖差も激しい気候ですが、大麦若葉はそんな気候に負けずしっかり土に根を下ろします。根を立派に張った大麦若葉は畑からしっかり養分を吸収し、栄養価の高い植物へと成長していきます。大麦若葉は、大自然の下育った栄養価のとても高い植物なのです。

大麦若葉の栄養価

大麦若葉には、食物繊維やカルシウム、マグネシウムやミネラルがたくさん含まれています。その他、βカロテンや亜鉛、カリウムやビタミンC、ビタミンB1も多く含まれます。とても豊富な栄養素が含まれているので、日頃の栄養不足を補いたいという方にはおすすめです。

また、大麦若葉には活性酵素を除去するSOD酵素も含まれています。SOD酵素は体内の老化を防ぎ、生活習慣病を含むさまざまな病気を防いでくれると言われています。

大麦若葉の味は?飲みやすい?

大麦若葉は抹茶のような味で、クセがなく飲みやすいのが特徴です。苦みや渋み、青臭さもなく、お茶のような感覚でゴクゴク飲むことができます。青汁はまずい!というイメージがある方は、大麦若葉を飲むとその飲みやすさにビックリするかもしれません。

青汁に使われている原料はいくつか種類がありますが、その中でも大麦若葉は飲みやすく美味しい味です。毎日おいしく飲みたいという方は、大麦若葉なら無理なく続けることができます。

大麦若葉青汁の期待できる効果は?

大麦若葉にたっぷり含まれる食物繊維は、腸の働きを活発にして便秘解消が期待できます。

ビタミンB1とビタミンCは新陳代謝を活発にする働きがあり、脂肪が燃焼されやすい体を作ります。肥満体質を改善したいという人にはおすすめです。

新陳代謝がアップすると肌細胞が新たに作られるので、美肌効果も期待できます。くすみや乾燥のない肌へと変えられていく効果を実感できるでしょう。

ケール

続いてケールについて説明します。

ケールとは

ケールはキャベツと良く似ていて葉が扇形に広がっています。アブラナ科アブラナ属の植物に属し、地中海沿岸に生息しています。和名は緑葉甘藍といい、北海道から沖縄まで広い地域で一年中栽培されている生命力のとても強い植物です。

キャベツは品種改良により栄養素が失われることがありますが、ケールはキャベツの原種に近く栄養価がそのまま残っているのが特徴です。そのため、青汁に使われている原料の中でもケールは特に栄養価が高いとして知られています。

ケールの栄養価

野菜の王様とも言われるケールは、栄養価がとても高い植物です。葉酸や食物繊維、タンパク質が多く含まれるほか、カルシウムも多く含まれます。繊維が固いためそのまま食べて食物繊維を摂取するのは大変ですが、青汁にすることで豊富な食物繊維を摂り入れることが可能です。

さらにビタミン類も豊富で、ビタミンAとビタミンC、ビタミンEが含まれます。抗酸化物質のルテインも含まれます。βカロテンも豊富で、ケール葉100gあたりのβカロテンはトマトの約5倍です。

ケールの味は?飲みやすい?

ケールは栄養価がとても高いですが、残念ながら味は美味しいとは言えません。ケール葉をかじってみると、あまりに苦くてびっくりするでしょう。ですから、青汁にしたケールも大麦若葉に比べるとまずくて苦く感じます。

ただし、栄養価が豊富であることを考えると苦くても飲んでみたいですね。

ケールは一年中栽培されていて夏と冬とでは味がやや異なります。夏に栽培されたケールはとても苦いですが、冬は夏より甘くなります。さらに、調理の仕方によって苦みが抑えられ食べやすくなります。

ケール青汁の期待できる効果は?

ケールに含まれている食物繊維とビタミンEには、血糖値やコレステロール値の上昇を抑える働きがあります。特に食物繊維はインスリンの分泌を抑え、コレステロールの元である胆汁酸を排出する働きがあります。糖尿病や高コレステロール血症の予防にも期待できます。

さらに、ビタミンEは肌のターンオーバーを促すので、肌荒れや乾燥肌は改善され美肌効果も期待できるでしょう。ビタミンCとカルシウムにはストレス緩和の効果も期待できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?どちらも健康と美容効果が期待できる大麦若葉とケール。ダイエットなら大麦若葉、コレステロール改善にはケールというように、目的に合った原材料を選ぶとより効果を期待できると思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です