【軽量ノートパソコン】5万円以内のおすすめノートPCランキング

Pocket

仕事でノートパソコンを使用しているが持ち運びが重くて正直しんどいっていう方も多いと思います。今回は持ち運びに便利な軽量なモバイルノートパソコンにフォーカスして5万円以内で購入できる物を分析してみました。

今回は軽さはもちろんのこと仕事に支障がでないレベルの機能性で5万円以内の持ち運びしやすい軽量なノートパソコンをランキング形式にご紹介していこうと思います。

家やオフィスでメインのパソコンを持っているが営業や持ち運びに便利なノートパソコンの購入を考えている方の参考になれば幸いです。

ノートパソコンとモバイルノートパソコンの違い

持ち運びに便利なノートパソコンには従来タイプの「ノートパソコン」と「モバイルノートパソコン」の2種類がで表現されていますが、実際のところどう違うのでしょうか?

実は基本的な基準がないのですが、モバイル=持ち運びしやすいという意味があるのでより軽量で持ち運びがしやすいノートパソコンをモバイルノートパソコンと呼んでいます。
※重さの感覚は人それぞれ違うので今回は1.2kg前後をモバイルノートパソコンとしてご紹介します。

モバイルノートパソコンの選び方

  • 軽くて持ち運びが楽々
  • タブレットより大きく作業がしやすい
  • 作業時間が多くてもバッテリーが長持ち

ただこれらだけでモバイルノートを選んでしまうと、モバイルノート自体の処理速度が遅かったりとストレスを感じることもあります。なので、「軽い」「見やすい」「バッテリー」+PCのスペックを考慮して選ぶ必要があります。

軽い=モバイルノートパソコンのサイズや重量の選び方

自宅の決まった場所に設置してほとんど自宅で作業するメインのノートパソコンとは違い、モバイルノートパソコンで重要になってくるのが持ち運びに便利なサイズや重量です。持ち運び用のモバイルノートパソコンを選ぶ際にはスペックも重要になりますが、より軽量性で選ぶのが理想的だと思います。

また、モバイルノートパソコンのサイズは11~13インチ以下を選ぶようにしましょう。これは13インチはA4サイズの物が多いので、小さなビジネスバックでも持ち運ぶのが便利だからです。

14インチ以上だとせっかく持ち運び用にモバイルノートパソコンを購入しても専用のバックを追加しないといけない場合は邪魔で仕方がないからです。モバイルノートパソコンを購入する場合は、軽量化していてサイズも大きすぎない物を選ぶと良いでしょう。

見やすい=解像度はどれを選べばいい?

モバイルノートパソコンを選ぶときには解像度も調べなくてはいけません。解像度とは画面に表示できる範囲のことで数値が多いほうがより多くの情報を画面に表示することができます。

解像度が低いと縦長なウィンドウの下側が表示できていない場合や、エクセルなどの表計算ソフトの情報量も限定されるというデメリットもあります。なので今販売されているモデルで購入するなら最低でもフルHDの1920×1080ドット以上の商品を探すことをおすすめします。

スペック=CPUはどう選べばいいのか?

最近販売されているパソコンのほとんどが、intelのCPUを搭載しています。そのCPUにも性能があるのでより高性能で買いやすいモバイルノートパソコンを見つけることができれば損せずお得に購入することができます。

モバイルノートパソコンのCPUには「core」>「celeron」>「atom」という種類があり「core」シリーズがもっとも高性能なCPUになります。そしてCoreシリーズには、ノートパソコン向けの「core i」と消費電力で動作する「more m」の2種類があり「core i」シリーズの方が性能は優れています。

最も優れている順番に紹介すると、

Core i7>Core i5>Core i3>Core m7>Core m5>Core m3>Celeron>Atom

という順番となりますが、高性能になるにつれて価格は高くなりますので、Celeron以上であれば特に問題はなさそうです。グラフィックや音楽関係などの特殊なお仕事の場合は価格で優先するよりCPUがより優れているPCを選ばないと使えないノートパソコンとなってしまうので、あなたの使用する環境により異なりますので注意してくださいね。

メモリーの増設はできる出来ないがある

持ち運びに便利な軽量ノートパソコンは、従来のノートパソコンと違いメモリーの増設や交換ができないモデルが増えてきました。なのでメモリーは最初から多く搭載するパソコンを選んだほうがベストです。

端子の確認も忘れず

軽量なノートパソコンの場合、端子が少ない製品などがあるので注意が必要です。自分の使用用途に一致しているかを確認しておきましょう。自宅に帰ってディスプレイに接続して使う場合などは、端子の種類が合うか確認しておきましょう。

今回はハイスペックなモバイルノートパソコンを紹介するのではなく、予算が5万円以内で仕事に支障が出ない程度の軽量ノートパソコンを紹介しています。次はおすすめの5万円以内の軽量ノートパソコン(モバイルノートパソコン)をランキング形式でご紹介していきます。

予算5万円以内のおすすめモバイルノートパソコンランキング

1位 ASUS(エイスース)E203NA

大きさ/重量 幅286 mm×奥行き193 mm×高さ16.9 mm/約900g
サイズ/薄さ 11.6型/16.9mm
バッテリー駆動時間 最長約7.6時間
カラー スターグレー、パールホワイト、ペタルピンク
OS/CPU Windows10HOME/Celeron N3350
メモリ 2G、4Gの2種類
端子 USB3.1×1、USB3.0×2、HDMI×1、microSD×1

ASUSのE203NAのモバイルノートパソコンはE200HAの後継として2017年6月24日発売されました。このE203NAのCPUはCeleron N3350を積んでいるので動画をみたり負担の掛かるお仕事も問題なく使用できるレベルです。また、重量が約900gと片手で持ち運びができるので軽量ノートパソコンとしてもかなりおすすめです。

価格も公式サイトで40,000円を切っているのでかなりコスパの優れたモバイルノートパソコンだと思います。また、ヒンジも180度まで開くのでミーティングや会議でも使いやすいのでかなり使えそうですね。

ASUS E203NAの公式サイトはこちら

 

2位 DELL(デル)inspiron11 3000エントリープラス

大きさ/重量 幅292 mm×奥行き196 mm×高さ18.45 mm/約1.22kg
サイズ/薄さ 11.6-インチ HD (1366 x 768)/18.45mm
バッテリー駆動時間 最長約10時間
カラー アルペンホワイト、タンゴレッド
OS/CPU Windows10HOME/Pentium® プロセッサー N3710
メモリ 4G
端子 USB2×1、USB3.0×2、HDMI×1、microSD×1

 

Dellのinspiron11 3000エントリープラスは、バッテリー駆動時間がなんと10時間も使用できます。仕事に支障がでないスペックでこちらも人気のモバイルノートパソコンです。eMMCまたはSSD搭載で、HDDよりも起動・作業が早く、衝撃に強いので持ち運びにおすすめのモバイルノートパソコンですね。

わたしも今使っているのがDELLのinspiron11 3000エントリープラスで動画やオフィス系ソフトも問題なく使用しています。音楽を聴きながら作業することも多いのですがサクサクと動いてくれるのでかなり重宝しています。ひとつだけデメリットを言うと少しだけ重量が気になるところですかね・・・今回軽量ノートパソコンを調べてみてランキング1位のASUSと300gの差があるとは驚きでした。

わたしが購入した時は40,000円を切っていましたのでこちらもコストパフォーマンスに優れていますね。こちらも安価である程度の作業にも適している軽量ノートパソコンをお探しの方にはおすすめです。

DELL inspiron11 3000エントリープラスの公式サイトはこちら

 

3位 ASUS(エイスース)X205TA

大きさ/重量 幅286 mm×奥行き193.3 mm×高さ17.5 mm/約980g
サイズ/薄さ 11.6-インチ HD (1366 x 768)/17.5mm
バッテリー駆動時間 最長約12.8時間
カラー ダークブルー、ホワイト、レッド
OS/CPU Windows10HOME/インテル® Atom™  Z3735F
メモリ 2G
端子 USB2×2、HDMI×1

こちらのASUSX205TAも11.6インチサイズのモバイルノートパソコンで重さが980gとかなり軽量のノートパソコンで価格ドットコムでも人気があるモデルです。価格も30000円を少し超える程度に抑えているので人気があります。ただCPUがatomとなりますのでコスパを抑えているところもあり、10000円ほどプラスするとさらに高性能なCPUを搭載したモデルを購入することが可能なので悩みどころが多いかもしれません。ただ持ち運びや価格を気にされている方はこちらのモデルがおすすめですね。

ASUS X205TAの公式サイトはこちら

 

4位 ACER(エイサー)Aspire ES1-131-F14D/K

大きさ/重量 291 mm x 211 mm x 21.20 mm/約1.3kg
サイズ/薄さ 11.6-インチ HD (1366 x 768) /21.20mm
バッテリー駆動時間 最長約6時間
カラー ブラック、レッド
OS/CPU Windows10HOME/インテルCeleron® N3050
メモリ 4G
端子 USB2×1、USB3×1、HDMI×1

ACERのAspire ES1-131-F14Dは価格が40000円後半と割高感がありますがタッチパネルを採用しています。従来のタッチパッドよりレスポンスが向上し、意図しない動きを無視するパームリジェクション技術も採用されているのでストレスなしで操作ができるのでタッチパネルタイプを探している方にはかなりお得な軽量ノートパソコンとなっています。

ACER Aspire ES1-131-F14Dの公式サイトはこちら

5位 DELL Inspiron 11 3000 2-in-1 エントリー・プラス・タッチパネル

大きさ/重量 高20.9 mm幅291.6 mm奥行201.9mm/約1.21kg
サイズ/薄さ 11.6-インチ HD (1366 x 768)/20.9mm
バッテリー駆動時間 最長約10時間
カラー ホワイト、レッド
OS/CPU Windows10HOME/Celeron® プロセッサー N3060
メモリ 4G
端子 USB2×1、USB3×1、HDMI×1、microSD×1

DELL Inspiron 11 3000 2-in-1 エントリー・プラスのタッチパネルタイプも人気の軽量ノートパソコンです。Windows10ではタッチパネルモードがかなり使いやすいので3万円後半で購入できるタブレットモード可能な軽量ノートパソコンの中でも持ち運びに便利でかなりおすすめですね^^

メモリも4Gがあるので動画や書類作成などもストレスなしで使えます。持ち運びに便利だけどタブレットモードはいらないという方にはランキング2位のinspiron11 3000エントリープラスを購入したほうがCPUもPentium® プロセッサー でCeleron® プロセッサーよりも快適に働いてくれると思いますし価格もなんと3万円台です。タッチパネル付きが良い方はこちらの製品がおすすめです!

DELL Inspiron 11 3000 2-in-1 エントリー・プラスタッチパネルの公式サイトはこちら

5万円以内の軽量ノートパソコンまとめ

今回はあくまでも予算5万円以内で購入できる軽量ノートパソコン(モバイルパソコン)をおすすめランキングとしてご紹介してきましたが、最終的に選ぶポイントは持ち運びが楽々でそれなりの作業ができるということを重要視してみました。なのでCPU性能が優れているものやメモリー容量が大きいものなど、パソコン自体の性能を最優先してしまうと5万円以内では購入することは不可能です。

モバイルノートパソコンを選ぶ時はある程度の妥協も必要です。セカンドパソコンとしてはとても便利なモバイルノートパソコンですが、メインパソコンとして購入を考えていた場合には、もう少しグレードの高い製品を選んだほうが良さそうですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です