ヒト幹細胞培養液を使った最新エステや化粧品・コスメの副作用は?

Pocket

ここではアンチエイジングの最先端「ヒト幹細胞培養液」を使ったエステや化粧品、コスメの紹介と副作用についてご紹介します。

 

ヒト幹細胞培養液を使ったエステって何をするの?

 

  1. クレンジングや洗顔・洗浄
  2. ヒト幹細胞培養液の塗布
  3. 各社の機材を使用してヒト幹細胞培養液の浸透性を高める
  4. マッサージ

 

基本的に従来のフェイシャルエステにヒト幹細胞培養液を用いただけです。例えばフェイシャルエステのコースが従来であれば泥パックだったのがヒト幹細胞培養液に変わるといったイメージです。機材やマスクの有無についてはサロンによって異なります。

 

また、仕上げにクリームやジェルなどを使って保湿するサロンもあります。基本的に細かい部分は店舗によると考えて良いでしょう。メインの部分がヒト幹細胞培養液に変わります。サロンによっては使用するヒト幹細胞培養液の濃度を価格によって変えているところもあるようです。

 

ただ、濃度も大事かもしれませんがヒト幹細胞培養液は即効性はないようです。(中には1回で効果を感じる方もいるようですが)前項でも書いたようにヒト幹細胞培養液は肌細胞の活性化を促すので使っていくうちに効果を実感できると思っていた方が良いでしょう。

 

ヒト幹細胞培養液を使ったおすすめの化粧品・コスメ・美容液・パック・ファンデーションを知りたい!

ここからはヒト幹細胞培養液を使った最新のアンチエイジンググッズをご紹介します。メーカーによってヒト幹細胞培養液の濃度や価格も様々なので参考にしてみて下さい。

 

ステムボーテ(高品質「ADSC-CM」三次元立体培養技術※特許出願中)

出典:https://stembeaute.jp/sp/qa/

顔だけでなくシワやたるみが気になるデコルテや手など、全身に使えるヒト幹細胞培養液配合のスキンケアローションです。また、ステムボーテはこれまでなかった独自(特許出願中)の培養技術を用いて作ったヒト幹細胞培養液を使っています。

 

1本180ml(1ヵ月分)で全身に使えるスキンケアローションなので顔やデコルテといった気になる部分だけに使用すればかなり持ちも良さそう。1本13,000ですが定期購入で15%OFFなどお得な購入方法もあり。

 

ワビオ ステム アクティブ エッセンス

出典:http://www.wabio.jp/

ヒト幹細胞培養液を配合した美容液で20ml(1ヵ月分)が20,000円と高額ですが「30日間の返金保証」や「まとめ買い割引」などがあるので購入し易い。かなり高額なので顔以外の場所にはもったいなくて使えそうにありませんね。

 

たかの由梨エステファクト オールインワンジェル10

出典:https://takanoyuri-bs.jp/products/show/617/

「たかの友梨ビューティーショッピング」でも最も人気の高いオールインワンジェルです。「美容と言えばたかの友梨」ということでメディアにも出ているので取り上げましたが、こちらは植物由来の幹細胞を使ったジェルです。

 

ただ、たかの友梨さんが運営している「たかの友梨ビューティクリニック」では「ヒト幹細胞培養液抽出物」を使ったフェイシャルエステ35,640円(70分)を行っているので、新たにヒト幹細胞培養液を使った化粧品も出しそうですね。

 

ディレイア ステムセル(ヒト幹細胞)アンドイノベーティブ3Dナノテクノロジー

出典:http://direia.jp/html/page4.html

ディレイアでは「美容液・美容クリーム・ローション・バイオセルロースマスク・まつげ美容液・ボディエッセンス・バストゲル・全身化粧水・育毛ローション」などかなり細かく分けてヒト幹細胞培養液を使ったコスメを出しています。

 

美容液(30ml)が20,000円なので全部を揃えるとなるとかなりの金額になります。顔に絞ったとしても美容液・クリーム・ローション・マスクとかなり高額となるので金銭的に余裕のある方でないと続けるのが難しい商品です。

 

HITOYURAI+30 リペアセラム

出典:http://www.hitoyurai30.jp/products/hitoyurai30-repair/

大阪の東心斎橋と東京の青山で「HITOYURAI+30」というサロンを運営している株式会社 Cocoâge(ココアージュ)が販売している幹細胞コスメです。購入する場合はサロンまたは直営店に行かないと購入できないようです。

 

AKIKO HAS-β

出典:http://e-face.jp/has/

「株式会社ルネット」というメガネのパリミキで販売しています。(一部店舗を除く)「美容液・マスク・メイク落とし・洗顔料・UVミスト」があり、美容液に関してはヒト幹細胞培養液エキスを15%と、85%は保湿性に優れたβグルカンを使用して作られています。

 

ヒト幹細胞培養液とは?原料は何からできてる?

ヒト幹細胞培養液とはそのままの意味で、ヒトの脂肪細胞から取り出した幹細胞を培養する時に出る分泌液のことをいいます。実は体の中には生体幹細胞が数多く存在していますが、美容・医療用途に多く使用されているのはこの「脂肪由来幹細胞培養液」です。

 

化粧品に使用した場合は「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」と表示されます。その他に「ADSC-CM」も人幹細胞培養液のことを差します。

 

Adipocyte(脂肪細胞)
Derived(由来)
Stem Cell(幹細胞)
Conditioned Media(培養液)

 

ヒト幹細胞培養液の効果とは?

ヒト幹細胞培養液は美容分野でいくと 肌の細胞に直接働きかけて細胞を活性化 してくれます。一言でまとめるとターンオーバーの正常化です。また、傷ついた場所に集まって細胞が文化・分裂をすることも分かっていて、組織の再生やシワ・たるみ・くすみの改善効果があるとされています。

 

限られた細胞に分化する能力を持っているのでその働きを利用し、医療分野では糖尿病・心筋梗塞・脳梗塞・腎既往障害・アレルギー疾患など様々な病気に対する効果が期待され、試されています。

 

ヒト幹細胞培養液の主な有効成分

  • EGF(表皮細胞成長因子)・・・肌のターンオーバーの促進、シミ・くすみの改善
  • FGF(維芽細胞成長因子)・・・肌のハリや弾力が出てシワ・たるみの改善
  • PDGF(血小板由来成長因子)・・・線維芽細胞の増殖を促す
  • TGF-β(トランスフォーミング成長因子)・・・抗炎症効果・敏感肌の改善
  • VEGF(血管内皮細胞成長因子)・・・新たな血管の形成を助ける

 

上記のようにヒト幹細胞培養液の中には200種類以上の成長因子を含んでいます。抗酸化作用やシワの改善の他、発毛や増毛・ホワイトニング効果など、様々な生理的活性効果が学術発表されています。今後も研究が進む中でこれまでになかったアンチエイジング成分なども発表されるかもしれませんね。

 

なぜヒト幹細胞培養液が効果的なのか?

ヒト幹細胞培養液が効果的とされている理由は細胞の表面にあります。上記の画像のようなおもちゃを思い浮かべて貰うと分かりやすいんですが、入れ物を細胞。入れ物に合ったおもちゃが細胞を活性化させる為に必要となる情報伝達物質(ヒト幹細胞培養液)です。

 

この特殊な構造は動物特有の情報伝達手段で、植物幹細胞は上記のような構造をしていません。なので植物幹細胞が人の細胞に効果があるのか?どのようにして細胞を活性化させるのかがはっきりと分かっていないのです。

 

ヒト幹細胞培養液や元となるヒト幹細胞にはこの最もカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれているので、とりこまれた情報伝達物質を元に細胞がさまざまなたんぱく質に生成され、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンといった成分の元となります。

 

その他に活性酸素を中和するSODや細胞自体が分裂・増殖もします。これら一つ一つはターンオーバーに欠かせないものです。 ヒト幹細胞培養液はいわばターンオーバーの最初のきっかけ と言えます。

 

ヒト幹細胞培養液の副作用や安全性ってどうなの?

原料としてはヒトの脂肪細胞ですが、ヒト幹細胞培養液自体は脂肪細胞に含まれる幹細胞を培養する時に出る分泌液(ペプチドを精製した成分)です。なので人の脂肪細胞や幹細胞が含まれれている訳ではありません。なのでアレルギーの心配もなく安全で医療分野を含めた様々な分野で活用が広まっています。

 

特に国内では「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」の第2条に「生物由来原料、生物由来製品」という規定があります。なので ドナーはエイズや肝炎といったウイルスや細菌検査をクリアした女性 です。

 

また培養はGMP(薬事法に基づいて厚生労働大臣が定めた医薬品等の品質管理基準)に準拠したクリーンルームで行われ、無菌状態下で行われます。生産工程でもウイルスや細菌などの検査を行い出荷前に無菌検査をクリアしたものだけが出荷されるので安心して使えます。

 

ヒト幹細胞培養液の育毛・発毛効果ってあるの?

フェイシャルエステ同様に頭皮に直接ヒト幹細胞培養液を浸透させることで、ヒト幹細胞培養液に含まれる様々な成長因子による育毛・発毛効果にも期待が高まっています。ヒト幹細胞培養液が再生医療からも注目されていることからも期待ができそうです。

 

例えば、ヒト幹細胞培養液の有効成分としても挙げられる「VEGF(血管内皮細胞成長因子)」は新たな血管の形成を助けるので、壊れてしまった毛細血管の再生にも期待ができます。毛細血管が壊れてしまい、髪に栄養が行きわたらなくなったのが原因で薄毛になってしまったのであれば、毛細血管の再生による育毛・発毛にも効果が期待できますよね。

 

また、皮膚のターンオーバーを促すことを考えると、ヘアサイクルの改善し正常化することで抜け毛を防ぐ・発毛の促進といった効果にも期待が出来そうです。サロンやクリニックでは独自にヒト幹細胞培養液が入った育毛剤を使用しているところもあるようです。

 

ヒト幹細胞培養液を使った育毛剤ってあるの?

出典:http://www.will-a.co.jp/excellence_sc.html

ドクタースカルプから「エクセレンスSC」という育毛剤が出ていました。ただ、公式サイト内には「サロン専売品」との記載がありました。ただ…安心して下さい!amazon楽天市場で購入が可能になっていましたよ。

 

但し、4本で税込み108,000円もします。メーカー情報によると4本で約3ヵ月分になっているようです。ただ、リキッド(15ml)とパウダー(65㎎)で、混ぜ合わせて使うタイプのようです。そしてリキッド(15ml)の全9成分の1つとしてADSC-CM(ヒト幹細胞培養液)が含まれているので濃度については疑問です。

 

ヒト幹細胞培養液の火付け役は美容大国【韓国】その口コミは?

日本では美容再生治療に活用が始まったり、育毛剤に取り入れられるなど注目が集まってきたところですが美容大国である韓国やアメリカでは既に化粧成分としての認知が広まっています。そして韓国でヒト幹細胞培養液の火付け約となったのが「アフロゾーン社が開発したルビーセル」というコスメです。

 

2015年8月に「株式会社アフロゾーンジャパン」を設立したようなんです。2017年9月時点で「ツイッター」や「2チャンネル」・「ヤフー知恵袋」といった口コミが集まりそうなところを探したんですが国内の口コミや評判はほとんど見かけません。

 

本当に韓国では売れていたんでしょうか?残念ながら韓国語の翻訳ができないので、ウェイボー(韓国版ツイッター)などは確認していません。因みにyoutubeで株式会社アフロゾーン公式というチャンネルでは使い方などの紹介をしていますが、やはり一般の方のレビューや口コミは見つかりませんでした。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です