口周りの黒ずみは解消できる!原因と治し方全て教えます

Pocket

口周りに黒ずみができていませんか?鼻の下部分や、口角のとなり、上顎のあたりなど、「なんか肌の色がくすんでいるな~」って思ったり、「最近ヒゲが濃くなってきた!」って思ったら、それは黒ずみかもしれません。口周りって顔の中でも目立つ場所なので治したいですよね。その原因と治し方を紹介します。

口周りの黒ずみの原因は紫外線とメイクにあった


黒ずみが気になる部分として口周りがあります。

意外!って思うかもしれませんが、あなたの口周りは大丈夫ですか?数年前に比べてなんとなく黒くなってきていませんか?

最近、化粧をしても顔色がなんとなく暗く感じてしまうのも、薄っすらと口ひげのようなものができてしまったと感じるのは、口周りの黒ずみのせいかもしれません。

どうして口周りが黒ずんでしまうのかというと、それは紫外線が原因です。

顔って紫外線浴びますよね。1年中浴びています。

帽子とかサングラスをして紫外線を防いでも、帽子などのアイテムのサイズからして、口周りまでは防げていない現実があります。

口周りまで隠れるような「女優帽」ばかりをかぶっているわけにはいきませんしね。

唯一、紫外線から口周りを守れるアイテムとして「マスク」がありますが、帽子かぶって、サングラスして、マスクもしたら、怪しさ100%、誰も話しかけてこないし、近づいてもきません。女としてそんな格好はできないわけです。

そうなると、紫外線を浴びるしか無いわけ。そして、黒ずんでしまう・・・。悪循環です。

メイクでなんとかごまかそうとしても、厚塗りメイクは肌が荒れますし、肌が荒れてしまうとターンオーバーが正常に機能しなくなるので、黒ずみが治らなくなるし、ますますひどくなってしまう可能性もあります。

紫外線が原因で黒ずみができてしまう理由

皮膚っていうのは、紫外線を浴びると、その影響から肌を守ろうとして、メラノサイトがメラニン色素を生成します。

そのメラニン色素が紫外線から肌を守ってくれ、通常は肌細胞のターンオーバーと共に表層に運ばれ、最後は垢となって剥がれ落ちておしまい!っていうのが、健康な肌のパターンなのですが、紫外線を大量に浴びてしまうと、メラニン色素が大量に生成され、その中の一部が色素沈着してしまうんですね。

それが黒ずみとして肌細部の中に残ってしまうんです。

だから、とにかく紫外線を浴びないことが黒ずみを発症させない1番の予防になります。

口周りの黒ずみは肝斑の可能性もある

口周りにできる黒ずみは肝斑(かんぱん)の可能性もあります。

黒ずみが気になって皮膚科を受診した人が、「肝斑だと診察された」という口コミが思いのほかたくさんあるんですね。

そもそも肝斑とは、いわゆる「しみ」のこと指します。紫外線にあたりやすい部分に症状が現れやすいですし、30代~40代の女性の口周りにできやすいという特長があります。

肝斑の治療方法としては、美白効果のある

  • ハイドロキノン
  • コウジ酸
  • アルブチン

などの塗り薬を塗布し、

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC
  • ビタミンE

を内服して治療します。

もし、今まで全くこころ当たりがなかったのに、口周りに「黒ずみ・しみ」らしきものができてしまったら、皮膚科を受診することをおすすめします。

乾燥が原因で口周りに黒ずみができやすい

肌の天敵は「乾燥」です。日本人女性は肌が弱く敏感肌タイプの人が多いので、乾燥しやすいんですよね。

肌が乾燥していると、ターンオーバーも正常に機能しなくなります。

通常は28日周期と言われるターンオーバーも、それ以上に日にちがかかるようになってしまいます。

そうなると、紫外線や外部の刺激から肌細部を守るために生成されたメラニン色素が、皮膚の表面に運ばれず、表皮の深層部で色素沈着をおこしてしまい、それが「黒ずみ」として、いつまでも肌の内側に留まる結果に・・・。

ターンオーバーを正常に機能させるためには、乾燥した肌を潤わせてあげる必要があります。

口周りの乾燥をケアする化粧品として「白色ワセリン」は有名ですね。

肌の表面にバリアをつくり、肌の水分の蒸発を防ぐ効果があります。「ワセリンって使っても副作用が心配・・・」って思う人もいると思いますが、現代では精製技術が向上し、皮膚科で処方される軟膏のベースにもなっているので、安心して使用することができます。

肌の水分の蒸発を防ぐことはできますが、化粧水のように肌に潤いを与えることはできないので、使い方を間違えないように注意が必要です。

口周りの黒ずみは解消できる、治し方を解説


口周りに黒ずみができたとしても、悩む必要は全くありません。原因は先ほど書いたような「メラニン色素の色素沈着」ですから、解消方法はあります。

正しい方法でケアすれば、黒ずみって治せますからね。諦めないで治しましょう。

ただ、治るのに時間はかかります。時間をかけて黒ずみが発症したので、治るのにも当然時間がかかります。

口周りの黒ずみは、ヒゲがは生えているように見えるので、1日でも早く治したい気持ちはわかりますが、焦っても良いことはありません。

ここはじっくり確実に治していきましょう。

本当にヒゲだったらシェーバーで剃らないといけないけれどね。(笑)

それでは治し方を紹介します。

口周りの黒ずみは市販のクリームで解消できる

黒ずみに対する女性の意識も高まってきていて、ケアしている人も増えています。

口周りがキレイな人っていますよね。(そんなに他人の口周り見ないか(笑)

だから、口周り専用の黒ずみクリームも発売されているので、有名で治す効果が高いクリームを紹介します。

顔白(がんしろ)

顔の美白ケア用のクリームといえば顔白(がんしろ)です。黒ずみの原因となる紫外線の対策も同時にできるから、これが1つあれば十分。

名称 顔白(がんしろ)
特長
  • 紫外線対策もできる
  • 潤い対策もできる
  • オールインワン
使い方 朝・夜、顔の気になる部分に塗る
値段
  • 単品購入2,980円(税込)+送料
  • 定期コース初回2,480円(税込)+送料

ハーバルラビット

デリケートゾーンの黒ずみを治せるクリームとして今、大人気です。デリケートゾーン以外の黒ずみにも使うことが可能。

メラニン色素沈着抑制作用がある、有効成分水溶性プラセンタエキスがメラニンの生成を抑制します。

名称 ハーバルラビット
特長
  • 潤い成分配合
  • 4種類の美白成分
  • 敏感肌でも使える
使い方 朝・夜に気になる箇所に塗る
値段
  • 単品購入7000円(税抜)+送料
  • 定期コース初回4,250円(税抜)送料無料60日間返金保証付
  • 2回目以降4,750円(税抜)送料無料

ハイドロキノンが配合されている人気のおすすめ美白クリームを紹介します。

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル

顔のくすみ・黒ずみが気になって仕方がない人におすすめ。もうコンシーラーで隠す必要もなくなります。

美白のための化粧品で余分な物は一切ありません。

名称 アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル
特長
  • 新安定型ハイドロキノン配合
  • 潤い対策もできる
  • 美白ケアに集中できる
使い方 朝・夜、セット内容を順番に使用
値段 1,890円(税込)送料無料、支払手数料無料

ビーグレン ホワイトケア

肌の奥深くへと有効成分を浸透させる「浸透力」はピカイチです。

オリジナルのホワイトケアプログラムで、女優のような透明肌へ。自分に自信を取り戻せますよ。

名称 ビーグレン ホワイトケア トライアルセット
特長
  • 透明感のある肌へ
  • オリジナルテクノロジー「QuSome」配合
  • 浸透力がすごい
使い方 朝は4ステップ、夜は5ステップ
値段 1,944円(税込)送料無料

口周りの黒ずみには、ワセリンと美白効果のある薬も併用で治す方法もある

ワセリンっていうのは、安価で薬局で誰でも購入できます。だから、一家に1つは必ずと言っていいくらいにある塗り薬ですね。

特に乾燥肌の体質の家系の家にはある確率が高いです。

それもそのはず。ワセリンは、皮膚の角質層にある水分の蒸発を防ぐ効果があるからです。

つまり肌の潤いを逃がさない効果があるっていうことですね。

肌が乾燥しやすい人は、ワセリンを塗ることで水分が蒸発するのを防ぐことができます。

ただ、ワセリンでは保湿することができません。

今ある水分を逃さないようにするだけなので、保湿をしたいときは、それ専用の化粧水を使用する必要があります。

だから、ワセリン単独では黒ずみを治すことはできません。

美白効果のある塗り薬も一緒に併用する必要がありますが、美白効果のある塗り薬には「ハイドロキノン」が必ずと言っていいくらい配合されています。

通常の塗り薬には2%~4%程度の割合で配合されていますが、強いものにはそれ以上配合されていることもあります。

日本人女性は敏感肌ですので、まずは、ハイドロキノンが2%配合されている美白クリームや軟膏から使ってみることをおすすめします。

本格的に口周りの黒ずみを治すなら皮膚科と美容皮膚科のどっちがいい?


確かに市販されているクリームでも黒ずみを治すことはできますが、効果に個人差がありますし、肌に合う合わないという問題もあります。

だから、より確実に、しかもキレイに口周りの黒ずみを治したいのなら「皮膚科、・美容皮膚科」がおすすめです。

では、そのどちらがいいのでしょう。

皮膚科で黒ずみを治す

皮膚科・美容皮膚科ともにお医者さんが医学的に診断してくれます。

皮膚科っていうのは一般的な病院にある皮膚科を指しますし、地元の商店街に必ずといっていいくらい1軒は皮膚科がありますよね。

その皮膚科で診察してもらうと、おそらく美白用のメラニン色素の沈着をケアできる塗り薬を処方してもらえると思います。保険の範囲内で治療してくれるからね。

そうなると黒ずみは治るけれど、キレイに治療できるか?どうか?はわかりません。

美容皮膚科で黒ずみを治す

どうせ治すならキレイな肌になるように治したいですよね。それなら美容皮膚科がおすすめです。

美容皮膚科は皮膚科の治療に美容がプラスされた医療機関です。

見た目がキレイになるように黒ずみの治療をしてくれますが、ただ保険適用外の治療がメイン。

そうしないと普通の皮膚科と同じになってしまうからね。高額の医療費は覚悟しておきましょう。

美容皮膚科での治療といえばレーザー治療です。

黒ずみに反応する波長の光エネルギーを照射することで、黒ずみを改善させる効果がありますが、皮膚にとっては刺激が強いので月に1回の照射が限度。それを約半年ほど繰り返します。

そうやって、時間をかけることで肌のターンオーバーサイクルを正常にさせるんですね。

さらに、最近では光エネルギーに加えて、波長の違う高周波を照射するレーザーの機械も増えてきました。

高周波を照射することで表皮に存在するメラニンの量に左右されることなく、エネルギーを深層部分にまで伝えることができ、線維芽細胞を刺激させます。

そうすることで、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されて、ターンオーバーが正常になり、メラニン色素を排出することができるようになるんです。

ただレーザー治療も強力な刺激を肌に与えるため、合う人、合わない人が必ずいます。

とくに敏感肌の人はレーザーを照射したことで、肌が荒れてしまうケースも十分に考えられるので、事前に担当医とよく相談することと、目立たない部位で試しに照射してみて肌の状態の変化を診てみることをおすすめします。

それができない場合は、無理にレーザー治療をする必要もないと個人的は思います。

絶対わからない!口周りの黒ずみを隠す方法!治るまではこれで対策


口周りの黒ずみを全て消すことが一番理想なのだけれど、時間がかかりますし、そんなに直ぐには消えません。

だから、消せるまでの期間は隠す必要があります。ヒゲが生えているって思われるわけにはいかないからね。

隠すとなったら理想的に完璧に隠したいんだけれど

  • 自然な感じで
  • 厚塗りにならないように
  • 短時間

で隠せる方法がベストです。

そうすれば、堂々とラメ入りグロスを塗ることができて、唇アピールをすることができますよ。(誰にアピールするの?っていう別問題が出てくるけれどね)

口周りの黒ずみはコンシーラーで隠す

口周りの黒ずみを隠すのなら『コンシーラー』です。

1にも2にもコンシーラー!っていうくらい使って隠している人多いです。

コンシーラーっていうのには固形タイプと液状タイプとがあり、それぞれ用途が違うしカバー力が違うし、隠せる度合いも違うので、自分の肌と使用目的にあったものを選ぶ必要があります。

おすすめは液状タイプです。口周りの黒ずみは範囲が広いこともあるので、それを全部隠すためには液状タイプに限ります。

固形タイプのコンシーラーは、たしかにカバー力はありますよ。(経験上)密着度もあるんですが、どうしても厚塗りになります。

隠したいけれど、厚塗りするのは年齢的にもまだ許せないですよね。(適齢期だったりしてwww)

液状タイプだと油分が多くてよく伸びるので、肌によく馴染みますし、なにより、厚塗りにならなくて済みます。

それとカラー。コンシーラーのカラー選びも重要です。

黒ずんでしまった肌に違和感なく合うカラーをセレクトする必要があるので、肌よりワントーン暗めのオークルがおすすめ。

肌より明るめのカラーですと、黒ずみが目立ちますし、ヒゲのように見えてしまうことも!

黒ずみが隠せて自然なナチュラルメイクのように魅せるためには、コンシーラーのカラーって重要です。

コンシーラーの使い方

コンシーラーを使う時ってポイントがあって、「液状タイプを使う時はファンデーションを塗った後に使う」。

パウダーファンデーションを使う時は、「ファンデーションの前にコンシーラーを使う」、というのがポイントです。

塗る前には手の甲に先に乗せてから、ブラシで薄く調節しながら、軽く叩くように肌に乗せるとキレイに乗せることができるんです。

口周りの黒ずみを隠すメイクはカラーのコントロールが大切

上にも書いたように、メイクで口周りの黒ずみを隠すにはコンシーラーのカラーのコントロールがポイントとなります。

そのカラーの効果を最大限に引き出すためには、まず肌が保湿されていることが条件としてあげられます。

ベースの肌が保湿されていて整っていないと、いくらコンシーラーを塗ったからといっても、効果を十分に発揮することは難しいです。

口周りっていうのは外気にさらされる部分でもあり、乾燥する部分でもあります。

だから、乾燥して肌がヨレてしまうこともあるので、保湿ケアを丹念におこなうことをおすすめします。

そしてコンシーラーなどを使ってメイクを整えましょう。

オレンジ系がコントロールカラーとしておすすめで、肌に近い色が1番黒ずみを目立たなく隠すことができます。

さらに、肌の色は人におって微妙に違うので、ベージュや、イエローをオレンジに重ねて使って、カラーコントロールをすると、自然な感じのナチュラルメイクになるし、黒ずみを隠すこともできますよ。

口周りの黒ずみはモラリップで隠せるの?

「モラリップ」って知っていますか?資生堂が売っているクリームなんですが、口唇のひび割れ、ただれ、口唇炎、口角炎に効果のあるクリームです。(第3類医薬品)

モアリップの5つの成分

  1. アラントイン(荒れた唇を修復)
  2. グリチルレチン酸(唇の炎症を抑える)
  3. ビタミンE(皮膚の新陳代謝を促進)
  4. ビタミンB6
  5. パンテノール

が配合されていて口唇のあれを治してくれます。

商品名 モアリップ
値段 1,200円(税抜)
容量 8g
匂い・色 無香料・無着色

ネットでいろいろ調べてみると、モアリップで口周りの黒ずみが治せるようなことを書いてあるサイトがあったりするのですが、口唇が荒れてしまう人のためにクリームなので、、口周りの黒ずみを治す効果はなさそうです。

まとめ

自分でもわかっていると思いますが、口周りって人に見られるし、目立つ部分です。そこに黒ずみがあるってホント嫌ですよね。友達にも見られるし、彼氏と良い雰囲気になった時にも見られてしまうし。

でも、「私、もういい歳だから・・・」、「どうせ治らないし・・・」って諦めていませんか?女はいくつになっても女です。

だから、口周りの黒ずみを諦めないで治しましょう。そんでもって「生涯現役」で女の人生楽しみましょうね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です