【完全保存版】地元民が厳選!川越のおすすめ食べ歩きグルメ6選

Pocket


私は川越が地元なのですが、最近では川越が旅番組やグルメ雑誌で紹介されることが多くなってきてとても嬉しいです!東京から1時間以内で行けて、昔ながらの風情ある町並みを体験できるのが人気の理由みたいですね。

観光で皆さんが楽しみにしているのは、やっぱり食べ物なんじゃないでしょうか?非日常空間で食べる美味しいものって良いですよね~!
川越は観光も有名なんですが、美味しい食べ物もいっぱいあるんです。

そこで今回は、川越観光のお供にぴったりな食べ歩きグルメを地元民である私が厳選して紹介します!実際に私と妻が川越の町を食べ歩いてレビューしているので、参考にして下さい。

狙うエリアは観光する場所の多い「一番街」

川越の観光として一番有名なのが、蔵造りの町並みが広がる「一番街」です!道の両脇に昔ながらの蔵造りの家が立ち並び、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分に浸ることができます!

まずはこちらの一番街で食べ歩きグルメを探してみたいと思います!

鰹節屋さんの老舗「中市本店」/ ねこまんま焼きおにぎり


最初に訪れたのは、本川越駅から歩いて一番街へ行くとすぐに見つかる、鰹節屋さん「中市本店」さんが作る「ねこまんま焼きおにぎり」です。

土曜日に行ったのですが、お店の前には観光客の行列が!見て下さい、この人!
お店の前で焼きおにぎりを作っているので、鰹節のいい匂いが広がってきます。。。

焼きおにぎりにこんなに並ぶのは気が引けましたが、意を決して行列の最後尾に並んでみました!
炭火で1個1個丁寧におにぎりを焼いているので、正直お客さんの回転はあまり早くありません。

20分くらいは待ったかもしれませんね!

鰹節屋さんが作る焼きおにぎりだけに、焼きおにぎりの上に鰹節をこれでもか!とたっぷり乗せてくれます!「かつお」か「いわし」を選べたので、2人でそれぞれ違う種類を頼みました!

うーん。。。焼きおにぎりと鰹節のいい香りがしますねぇ。。。

こちらが「ねこまんま焼きおにぎり」(かつお&いわし)です!

もう、すごいですね!溢れんばかりの鰹節!豪快に食らいつくと、口いっぱいに広がるかつおの香り!さすが専門店の鰹節だけあって、旨味が全然違います!

いわしの方も、軽い口当たりでパクパク食べれます!2つを食べ比べると、かつおの方が旨味が強い気がしますね!

ごちそうさまでした!

店名  中市本店
住所  埼玉県川越市幸町5-2
営業時間  10:00~19:00
定休日  水曜日

甘味茶房「かすが」/ 焼き団子

お次は「中市本店」からすぐ向かいにある甘味茶房「かすが」さんの焼き団子です!
ここも昔からやってる甘味処で、とにかく焼き団子が美味しいんです!

ちなみに川越は焼き団子が有名で、焼き団子屋さんがいっぱいあります!
川越の焼き団子はシンプルな醤油味で、焦げ目がしっかりつくくらい焼くのがポイントです。

ん~♪いい匂い!

2本買います。1本100円です。

こちらの焼き団子はモチモチの食感が特徴です!何本でも食べられそう!

でも、これからまだまだ食べる予定なので、今日は一本にしときます!笑
ごちそうさまでした!

店名  甘味茶房 かすが
住所  埼玉県川越市幸町6-1
営業時間  10:30~18:00
定休日  不定休

菓子屋横丁の中にある「和楽花音」 / たこせん

川越には「菓子屋横丁」という、昔ながらの飴とか、ふ菓子とか、お芋のお菓子とかを売ってる場所があります!
ここも観光客で賑わっていたのですが、その中にある食べ歩きグルメがこちらの和楽花音さんの「たこせん」です!

明石焼きのおせんべいの間にたこ焼きを挟んだ、まさにB級グルメ!って感じです!

食べる前には挟んであるたこ焼きにソースとマヨネーズをかけてから食べます!

こんな感じの状態から、、、

たこ焼きをぎゅーっと挟んで食べるんです!

んん!この懐かしい味!自分が子供の頃を思い出すような味ですね!
パリパリの明石焼きと、ふわっとしたたこ焼きが合う!川越観光中にちょっと小腹が空いたときにぴったりなグルメですね!

店名  和楽花音
住所  埼玉県川越市元町2-9-19 菓子屋横丁内
営業時間  10:30~17:00
定休日  金曜日

川越ベーカリー「楽楽」 / お味噌のパン

こちらは菓子屋横丁の近くにある川越のパン屋さん「楽楽」です!おしゃれな外装で、店先には国産小麦・天然酵母・無添加・手作りにこだわって作られた絶品のパンがズラリ!

中でも特に人気なのが、和の食材「味噌」とパンを合体させた新感覚の「お味噌のパン」です!
埼玉県秩父の味噌と餅粉をパン生地にブレンドし、その上から味噌入りクッキー生地が重ねられています!

こちらのベーカリーでは店舗の外に食べるスペースもあります!天気が良い日にはベンチに座ってパンを食べるのもいいですね。

私はお味噌のパン、奥さんはシュガートーストを買いました!

無料でコーヒー&麦茶のサービスもあります!まさに至れり尽くせりです!

むむっ!外側はサクサクのクッキー生地、中はふんわりとした生地の2層になっています!
軽く味噌の風味はしますが、パンとの相性はかなり良いですね!これは今までに食べたことのない味です!

まだ食べたことのない人はぜひ川越のお味噌のパンを食べてみて下さい♪

店名 川越ベーカリー楽楽
住所 埼玉県川越市元町2-10-13
営業時間 7:30~17:00
定休日 月曜日

翠扇亭 / 芋太郎(焼き芋おにぎり)

再び一番街に戻ってきました!やってきたのは翠扇亭の「芋太郎」(焼き芋おにぎり)です。
焼き芋を食べやすいように三角形のおにぎり型にしたこちらの焼き芋おにぎりは、食べ歩きにぴったり!

店先には芸能人が訪れたという写真がたくさん!
お店のおじさんも愉快な方で、それも人気の秘訣ですかね。

こちらが焼き芋おにぎりです。
お芋の風味が口の中に広がって、美味しいです!

こちらの焼き芋おにぎりには砂糖などは一切入っておらず、さつまいもの甘さだけで作っているそうです。
砂糖を使っていないのにこれだけ甘いなんて驚きです!

店名 翠扇亭
住所 埼玉県川越市元町2-1-3 小江戸横丁内
営業時間 10:30~17:00
定休日 月曜日、火曜日

VANITOY BAGEL / ベーグル

最後に訪れたのは、一番街にあるベーグル屋さん、「VANITOY BAGEL」です!
最近では2号店もオープンするなど人気のベーグル屋さんです!

北海道産の小麦を使用した本格的なベーグルが売りで、若者を中心に人気となっているお店になります!

店頭には20種類以上のベーグルがあり、どれがいいのか迷ってしまいます!
今回はライ麦のベーグルと、ほうれん草ときんぴらごぼうのベーグルを頂きます!

ライ麦ベーグルはベーグルらしいモッチモチの食感とライ麦の素朴な風味が美味しいです!

ほうれん草ベーグルも中にきんぴらごぼうが入っていて、お惣菜感覚で食べられます!

丁度よいサイズ感なので、食べ歩きにはもってこいでしょう!
お芋や和菓子に飽きたら、このようなおしゃれ系な食べ歩きグルメもオススメですよ。

ちなみにお店の前には食べるスペースもあります。
上の階にはカフェスペースもあってゆっくりとお茶を楽しむこともできます!

店名 VANITOY BAGEL
住所 埼玉県川越市幸町10-3
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日

川越のおすすめ食べ歩きグルメ6選まとめ

いかがだったでしょうか?川越は団子や和菓子の印象が強いですが、最近では洋風のおしゃれなグルメも多いんです!

今回紹介した食べ歩きグルメ以外にも美味しいものはたくさんあるので、ぜひ一度川越に遊びに来て下さい!私も実際に食べ歩きをしながら川越の町並みを歩いてみて、とても楽しかったです!

あなたも週末は川越で、江戸時代にタイムスリップしたような非日常体験をしてみてはいかがでしょうか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です