【地元・川越民が厳選】子供連れでも楽しめる川越観光地まとめ

Pocket

東京から1時間以内で行ける観光地として話題の川越。江戸時代に徳川家と関わりが深かったことから、「小江戸」という名称でも有名です。

最近ではテレビなどでもよく取り上げられているのですが、正直毎回決まりきった場所ばかりが紹介されているな、という感じです。

そこで!今回は川越の地元民である私が実際に街を観光し、本当におすすめの川越観光スポットを紹介していきます!ちなみに今回は家族3人で観光してきました!

家族連れにおすすめのスポットも合わせて紹介しているので、小さいお子さんと川越観光を楽しみたい人も参考になると思いますよ!

まずは腹ごしらえ!老舗の鰻屋さん「いちのや」へ!

川越はその名の通り川に囲まれており、昔から川魚の漁が盛んだったそうです。その歴史が現在にも受け継がれており、川越には鰻屋さんがたくさんあるんです!

今回はそんな川越の鰻屋さんの中でも一番の老舗である「いちのや」へ行ってみました。なんと天保4年創業とのこと!江戸時代から続いているというから驚きです!

朝の11時に開店なのですが、11時半に行ってかなりの人が待っていました!日曜日だったのもありますが、さすがの人気ですね!

受付の紙に「お座敷希望」と書いたら、ちゃんとお座敷の席を用意して下さいました。お座敷であれば赤ちゃんも寝かせられるので安心ですよ!

店内には多目的トイレもあり、オムツ替えもできるので赤ちゃん連れでも大丈夫です!

さて、鰻を注文したいと思います。こちらがメニューですね。選んだのは、私がうな重(上)3,620円、奥さんがひつまぶし(上)3,050円です!たまには贅沢に、高い方を注文です!笑

出てきたのがこちら!んー、タレの良い香りがたまりません!鰻はふっくらしていて、メッチャ美味しいです!タレも継ぎ足しで作られている伝統の味だそうですが、これも美味い!鰻の肝が入ったお吸い物も、鰻の濃い味とマッチして美味しいです!

奥さんのひつまぶしも食べさせてもらいましたが、こっちもやはり美味い!ひつまぶしは薬味やお茶漬けで味の変化が楽しめるのが良いですね!ちょっと贅沢に川越観光を楽しみたいなら、「いちのや」おすすめです!ごちそうさまでした!

店名 川越 いちのや
住所 埼玉県松江町1-18-10
電話番号 050-5868-8349(予約専用番号)
049-222-0354(お問い合わせ専用番号)
営業時間 日祝祭 11:00~20:30
平日  11:00~21:00
定休日 不定休日あり
食べログ https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11000139/

風情を感じる「大正ロマン通り」へ行ってみました!

いちのやで腹を満たした後は、大正時代の町並みをイメージした「大正ロマン通り」に来てみました!徒歩で3分くらいで着いちゃう驚きの近さです。ちなみにこの日は抱っこ紐を付けて観光してきました。気温は約30℃。。。お腹が汗まみれになっています。笑

浪漫を感じるカフェの前に、「小江戸川越」のポスターが!市村正親さんがイメージキャラクターになっています!市村正親さんの出身地は川越なんだそうですよ。

こちらは大正ロマン通りにある「商工会議所」です!ヨーロッパの建物みたいで良い雰囲気が出ています!

記念に1枚。子供は爆睡です。笑

川越のメインストリート「一番街」をブラブラします!

大正ロマン通りを抜けて、いよいよ川越のメインストリートである「一番街」を歩きます!ここは蔵造りの町並みが道路の脇に立ち並ぶエリアで、川越観光のメインとなる場所です!

最近は多くの食べ歩きスポットができています!カフェバーの前で川越の地ビールのコエドビールを売っていたり、川越名物の「いも恋」が売られています!

美味しそうだったので思わず「いも恋」を購入。笑 生地の中に、あんことお芋が2層になって入っています!熱いけど、美味い!

こちらが川越のスカイツリー的な存在である「時の鐘」です。江戸時代には城下町に時刻を伝える鐘つき堂として実際に使われていたんです。今では手で鐘を鳴らすのではなく機械式になってしまいましたが、1日4回「午前6時、正午、午後3時、午後6時」に鐘が鳴っているんです。ご覧の通り観光客がスゴイです!

昔ながらの本屋さん「太陽堂」に入ってみました!入口近くに置いてあったのは、「川越はがき」と呼ばれるお土産です!実際にはがきとして使えるんですが、切り取り線がついていて、順番に折っていくと、、、

このように立体的な形になって飾っておくことができるんです!川越のお祭りの風景や蔵造りの町並みがしっかりと再現されているので、川越観光のお土産にはぴったりですね!こちらのはがきは「町並みはがき」としてグランプリを受賞したこともあるそうです!

お隣には川越まつりで使われる「山車」のペーパークラフトも販売されていました!こちらも装飾が非常に細かく作られていますね!

もう少し一番街をブラブラしてみましょう!両脇のお店には多くの食べ物屋さんがあるのですが、醤油の良い匂いに誘われて「手作りおかき」のお店にきました!できたてのおかきを食べられるとのことで、1枚買ってみました!

見て下さい、この大きさ!作りたてなのでまだ温かいです!できたてのおかきってなかなか食べられませんよね。

サクサクの食感と醤油の味が美味い!お茶によく合います!笑

一番街を外れて、縁結びで有名な「氷川神社」へ!

一番街から少し外れて、縁結びの神様として有名な「氷川神社」へ行ってみました!ちなみに氷川神社、一番街から徒歩で歩くと少しかかるので注意しましょう!特に暑い日はかなりキツイです。。。

途中にある川越市役所には、最近ユネスコ無形文化遺産に登録された「川越氷川祭の山車行事(川越まつり)」のテロップが置かれていました!これからますます観光客が増えてきそうな予感がします!

氷川神社にやってきました!境内には観光客や着物を着た人が多く見られました!着物屋さんで着付けのレンタルをして、着物で川越観光をする人が多いみたいですね。誰でもお手軽に着物体験ができるのが受けているみたいです!着物で行くと割引やサービスをしてくれるお店もあるみたいですよ!

氷川神社の中にはこんなに大きな鳥居があります!大きすぎて写真に入りきりません!

見て下さい!僕と比較するとよくわかると思いますが、ものすごい大きさです!木製の鳥居としては国内でも随一の大きさらしいですよ!

結婚式の披露宴会場としても使われる「氷川会館」の中にある「むすびcafe」に行ってみました!外が暑すぎるので避難してきた形ですが。。。最近openしたカフェで、氷川神社の「縁結び」にちなんで「むすびcafe」という名前になっています。

おしゃれな内装の店内で、このようにケーキメニューも豊富!ケーキセットがお得だったので、奥さんと自分の2つを注文。

じゃ~ん!こちらがケーキセットになります!1つ850円(税込)です。ケーキは甘すぎず、上品な味わいでとっても美味しいです!期間限定メニューもあるので、季節ごとにケーキの種類が変わるのかもしれません。一番街からずーっと歩いてきた後なので、より一層美味しいです。。

席はテーブル席だったのですが、こんなにしっかりした赤ちゃん用の椅子を貸してくださいました!赤ちゃん連れでも安心して使えるカフェですよ!建物内には多目的トイレもあったので、子供の休憩にはぴったりです!

店名 むすびcafe
住所 埼玉県川越市宮下町2-11 氷川会館 1F
電話番号 049-226-1260
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休
食べログ https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11021046/

氷川神社から駅方面に帰るときには成田山と喜多院でお参りを!

氷川神社から川越駅方面に戻りましょう!そのときにぜひ寄っていってほしいのが、成田山と喜多院です!どちらも由緒あるお寺で、パワースポットとしても人気の観光地になります。
こちらが川越成田山。千葉県にある成田山の別院になります。最近はかなり改修されているんですが、「趣がない」「情緒に欠ける」などの口コミもあるみたいですね。。。

入り口にある門の前でパシャリ。

成田山から坂を登っていくと、喜多院に到着します。徳川家とゆかりのお寺で、江戸城から移築された御殿があるなど「小江戸」の由来となった建造物も残されています。

初詣の時期には川越だけでなく近隣から多くの参拝客が訪れ、人でごった返すのも特徴です。笑 なんでもない日にはこんな感じで人も多くありません。(日曜日でもこれです)

こちらが境内です。お賽銭を入れる場所があります。

一応、参拝しておきましょう。家族の健康とますますの発展を祈ります!(あと、宝くじが当たるようにも祈っておきましょう!)

【まとめ】川越は子供連れでも安心して観光できるスポットです!

いちのや→大正ロマン通り→一番街→氷川神社→成田山→喜多院と巡ってきました!子供と一緒だったので心配はありましたが、多くの施設に多目的トイレが用意されていてオムツ替えや休憩ができたので安心して観光を楽しむことができました!人が多いのでベビーカーではなく抱っこひもで行ったのですが、一番街にはベビーカーを押している人も多く見られました!注意して歩けばベビーカーでも大丈夫だと思います!

川越はある程度観光地がまとまっているので、徒歩でも十分に観光を楽しむことができるのが魅力ですね!カフェや食事処も多いので、休憩場所に困らないのも良かったです。地元民である僕も、改めて川越を観光してみてとても楽しかったです!新しいお店も結構多いので、以前に一度来たことがある方でも新鮮な気持ちで観光することができると思いますよ!

都心からでも電車で1時間ほどで行けるので、週末は川越で江戸時代へのタイムスリップをしてみては?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です