【ヒューロムはだめ?】おすすめスロー(低速)ジューサーTOP10!

Pocket

「スロージューサーが欲しいけど、種類が多すぎてどれがいいかわからない!」

そんな悩みを持っている人は結構多いのではないでしょうか。スロージューサーは毎日使うものなので、なるべく妥協無く良いモノを選びたいですよね。

今回は、低速ジューサーについて徹底的に調べた私が、スロージューサー選び3つのポイントとおすすめの低速ジューサーTOP10を紹介します。

「ヒューロムって韓国制だし心配じゃない?」「10万超えのエンジェルジューサーは本当に良いの?」「口が広くて使いやすそうなクビンスはどうなの?」など、あなたの疑問を解決する手助けになれば幸いです。

それでは、本文に入っていきます!!

スロージューサー10個を3つのポイントで徹底比較

ここでは、スロージューサーを選ぶ上で大切な3つのポイントについて紹介していきます。

また、3つのポイントでおすすめのスロージューサー10個を徹底比較してみました。

この3つのポイントを踏まえて選べば失敗することはありません。是非参考にしてください。

スロージューサーの選び方のポイント3選

POINT1:搾汁量が入れた野菜や果物の50%以上であること

スロージューサーは毎日使うものなので、同じ材料を入れたとき絞れるジュースの量がなるべく多いことは大切です。

搾汁量が少なければ必要な材料の量が多く成り、月々のお金の負担が増える事になります。

また、ジュースを作るためにより多くの野菜や果物を切ることになるため手間もかかってしまいます。

そのため、なるべく搾汁量が多いスロージューサーを選ぶ事がポイントになります。

様々なジューサーを比較した結果、人気があって多くの人が認めるジューサーは全て搾汁量が入れた材料の50%を超えることがわかりました。

だから、搾汁量50%以上のスロージューサーを選ぶことをおすすめします。

POINT2:回転数が1分当たり60回転以下であること

スロージューサーの特徴は、低速回転のスクリューで材料に熱を加えずジュースを絞る事ができることです。

材料に熱を加えずジュースを抽出することで、野菜や果物の中の栄養素や酵素を壊す事無くジュースを作ることができます。

回転数が高くなると、摩擦で熱が発生するので野菜や果物の栄養素や酵素が破壊されてしまいます。また、回転数が高いジューサーは騒音も大きくなります。

そのため、なるべく回転数が少ないジューサーを選ぶ事が大切なポイントになります。

最新のスロージューサーを調査すると、安価な機種や人気の無い機種を除くと、回転数が60回転以下の機種がほとんどです。

逆に言えば、回転数が60回転を超えるジューサーは古いものや安価なモノ、人気の無いものであると言えます。

だから、回転数が1分当たり60回転以下のジューサーを選ぶことをおすすめします。

POINT3:準備や掃除が楽で毎日使えるジューサーであること

スロージューサーは毎日使うものなので、どれだけ楽に使えてどれだけ楽に掃除できるかは最も重要なポイントになります。

どんなにハイスペックで良いジューサーを購入したところで、使うのが面倒でタンスの肥やしになっていたのでは意味がありません。

そのため、準備しやすくて片付けも楽な毎日使えるジューサーであることはとても大切なポイントになります。

3つのポイントで比較するおすすすめのスロージューサー10選

ここでは、これまで紹介した3つのポイントでおすすめのスロージューサー10選を徹底比較していきます。

是非、スロージューサー選びの参考にしてみてください!

搾汁量 回転数 使いやすさ
ヒューロムH-AA 55%
40/min
クビンスJSG-721 50%
60/min
エンジェルジューサーAG7500 70%
82/min
ジュースプレッソ EJ-CF10A 40%
32/min
ビタミンサーバーMJ-L500 81%
45/min
マルチジューサー&クッカー ベジフル ZJ-B1 不明
90/min
ベジフル2 ZJ-VC1 不明
90/min
siroca スロージューサー SSJ-201 不明
65/min
マルタカスロージューサーMA-632 不明
60/min
インフィニープレスレボリューション ZC500HJP 不明
不明

おすすめのスロージューサーランキングTOP10

ここでは、おすすめのスロージューサーをランキング形式で紹介していきます。ひとまずTOP3のジューサーを選んでおけば失敗はありません、是非参考にしてください。

1位:ヒューロムH-AA

価格 37800円
搾汁量 55%
回転数 40/min
騒音レベル 約50dB
投入口のサイズ 人参4分の1サイズ
洗いやすさ 分解手洗い
重量 4.8kg

「韓国製だけど大丈夫なの?」「他のスロージューサーの方が使いやすかった」など悪い噂が目に付くヒューロムのH-AA…

性能や口コミを調べた結果、最もおすすめできるスロージューサーと言える事がわかりました。

搾汁量・回転数・使いやすさのどのポイントも、他と比べて優れています。また、ヒューロムはスロージューサーメーカーとしての長い実績があります。

そのため、信頼性の面でも優れており、故障した場合もきちんとしたサポートが期待できます。総合的に見て、H-AAは安心して毎日使えるスロージューサーと言うことができます。

2位:クビンスJSG-721

価格 45600円
搾汁量 50%
回転数 60/min
騒音レベル 65dB
投入口のサイズ リンゴ1個
洗いやすさ 自動洗浄機能有り
食洗機使用可能
重量 6.9kg

クビンスJSG-721は、投入口が大きく野菜や果物を細かく切ること無く投入できることが特徴の低速ジューサーです。

また、使用後の汚れをある程度落とす自動洗浄機能がついており食洗機にも対応しています。

「使いやすさ」の観点から見れば、最も優れたスロージューサーと言える低速ジューサーです。

ただし、回転数が高いことが心配な点と価格が高いことから今回はランキング2位となりました。

3位:エンジェルジューサーAG7500

価格 173880円
搾汁量 70%
回転数 82/min
騒音レベル 約65dB
投入口のサイズ 人参4分の1サイズ
洗いやすさ 食洗機利用可能
重量 12kg

エンジェルジューサーは他を寄せ付けない圧倒的な搾汁量が特徴的なスロージューサーです。

とても高額ですが、一般的なスロージューサーと比べて約1.5倍もの搾汁量が期待できるので、毎日ジュースを飲むのであれば1年もあれば材料費で元がとれます。

また、全てのパーツが金属で作られているため食洗機での洗浄が可能です。他のスロージューサーに比べて耐久性もピカイチです。

20万近い金額に納得できれば、とても優れた購入して間違い無い低速ジューサーです。

4位:ビタミンサーバーMJ-L500

価格 20000円
搾汁量 81% ※1
回転数 45/min
騒音レベル 不明
投入口のサイズ 人参4分の1サイズ
洗いやすさ 分解手洗い
重量 4.0kg

※1:あくまで口コミから抽出した参考値です。実際にはヒューロムH-AAと同程度かそれ以下と考えられます。

パナソニックのビタミンサーバーはバランスの取れた性能が特徴的なスロージューサーです。

搾汁量・回転数・使いやすさどれをとっても平均以上の実力を持っています。

ただし、絞った際の濾し具合が甘くツブツブ間のある飲み口になるようです。毎日飲む上で大切な要素となる飲み口が悪いため、今回はランク5位としました。

5位:ジュースプレッソ EJ-CF10A

価格 15780円
搾汁量 40%
回転数 32/min
騒音レベル 約65dB
投入口のサイズ 人参4分の1サイズ
洗いやすさ 分解手洗い
重量 4.7kg

シャープの低速ジューサー「ジュースプレッソ」は、極端な回転数の低さが特徴のスロージューサーです。

おすすめのの10機種で比べても圧倒的に低い回転数は、なるべく多くの酵素と栄養素を壊さず絞ってくれるでしょう。

しかし、回転数が低すぎるせいか搾汁量が少ないのが欠点です。口コミを見ていると「人参ジュースはヒューロムの半分も絞れない」といったものもありました。

価格も手ごろで、信頼のシャープ製ですが搾汁量の欠点は致命的なので今回はランキング5位となりました。

6位:ベジフル2 ZJ-VC1

価格 15000円
搾汁量 不明
回転数 90/min
騒音レベル 約65dB
投入口のサイズ 人参4分の1サイズ
洗いやすさ 分解手洗い
重量 6.2kg

ゼンケンのベジフル2は、大した特徴の無い平凡なスロージューサーと言えます。

重量は重く、搾汁量・回転数・使いやすさの3つのポイントから見ても特筆すべきポイントはありません。

ですが、ベジフル2はスロージューサーが流行る前から存在する歴史の長いスロージューサーです。

そのため、耐久性や商品自体の信頼性の面では安心して購入できる商品と言えます。特徴がない分安定した無難な商品です。

7位:マルチジューサー&クッカー ベジフル ZJ-B1

価格 26000円
搾汁量 不明
回転数 90/min
騒音レベル 約60dB
投入口のサイズ 人参4分の1サイズ
洗いやすさ 分解手洗い
重量 5.5kg

マルチジューサー&クッカー ベジフルは、低速ジューサーの中では珍しい横置き型のスロージューサーです。

縦置き版のベジフルと同じで、特徴が無く平凡な低速ジューサーです。その分信頼性が高く無難なジューサーと言えます。

また、特徴として麵をを打ったり挽肉を作ったりするクッカー機能があります。クッカー機能が使って見たい!と言う人はマルチジューサー&クッカー ベジフルを選んでも良いと思います。

8位:siroca スロージューサー SSJ-201

価格 12000円
搾汁量 不明
回転数 65/min
騒音レベル 不明
投入口のサイズ 人参4分の1サイズ
洗いやすさ 分解手洗い
重量 3.0kg

sirocaのスロージューサーSSJ-201は廉価版の低速ジューサーです。

1万円前後の廉価版低速ジューサーの中では性能が良く、信頼性も高い事が特徴です。

ただし、あくまで廉価版なので耐久性や性能はランキング上位のスロージューサーに劣ります。

なるべく安くスロージューサーを購入したい人やとりあえず試してみたい人におすすめできる低速ジューサーです。

9位:マルタカスロージューサーMA-632

価格 8000円
搾汁量 不明
回転数 60/min
騒音レベル 不明
投入口のサイズ 人参4分の1サイズ
洗いやすさ 分解手洗い
重量 3.5kg

マルタカのスロージューサーMA-632は廉価版の低速ジューサーです。

sirocaに比べると信頼性の面で劣りますが、価格が1万円を切る激安価格です。

とりあえず試してみたい!という人は壊れる前提で購入しても良いと思います。

10位:インフィニープレスレボリューション ZC500HJP

価格 17000円
搾汁量 不明
回転数 不明
騒音レベル 約65dB
投入口のサイズ 人参4分の1サイズ×4口
洗いやすさ 食洗機利用可能
重量 4.3kg

T-falのインフィニープレスレボリューションは、投入口が3口あることが特徴的なスロージューサーです。

その他にも、食洗機が利用できることや特徴的なデザインなど他の低速ジューサーと比べて違って便利な点が多いです。

ですが、構造的な欠落があるようですぐ壊れてしまうという口コミを多く見かけます。また、投入口が3つありますが、材料をかなり細かく切って入れないと絞れず止まってしまうようです。

性能だけ見るととても良さそうな商品ですが、実際使って見ると良くない点が目立つ商品です。

T-falが好きだったり、デザインや独自機能に引かれてどうしても欲しい場合以外は購入しない方が良い商品です。

低速ジューサーで絞ったジュースの効果とは?


スロージューサーで絞った野菜ジュースには次の様な効果が期待できると言われています。

  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 星野式ゲルソン療法

ここでは、それぞれについて解説していきます。

ダイエット効果

スロージューサーで作る野菜ジュースで朝食や昼食を置き換える事で、置き換えダイエット効果が期待できます。

低速ジューサーで作る野菜ジュースには酵素や栄養素がたっぷり含まれているため、腹持ちが良く置き換えが苦になりません。

また、野菜ジュースでの置き換えならビタミンやミネラルが通常の食事以上に多く摂取できるため健康的に置き換えダイエットができます。

しっかりと栄養を摂取しながら置き換えダイエットができる野菜ジュースでの置き換えダイエットは、とてもおすすめできるダイエット方法です。

美肌効果

低速ジューサーで作った野菜ジュースに含まれる豊富な栄養素が美肌効果をもたらしてくれると言われています。

スロージューサーで作った野菜ジュースには、栄養素や酵素が破壊されず大量に含まれています。また、野菜をジュースにして飲む事で、食べられない程の大量の野菜を苦労なく摂取することができます。

通常の食事だけでは不足しがちなビタミンやミネラルも野菜ジュースなら、簡単に毎日摂取し続けることができます。

ビタミンやミネラルを大量に含んだ野菜ジュースを毎日飲み続けることで、栄養素の不足が無くなり、お肌に栄養が行き渡ることで美肌効果が期待できます。

星野式ゲルソン療法

スロージューサーで作った人参ジュースを毎日大量に飲み続けることで癌と闘う「星野式ゲルソン療法」という民間療法があります。

民間療法の中ではとても有名な方法で、星野式ゲルソン療法のためにスロージューサーを購入する人も少なくありません。

今回は、記事の内容から逸れるため詳しく書きませんが、気になる人は「星野式ゲルソン療法」で検索してみてください。

スロージューサーの売りの酵素って何が良いの?


スロージューサーで作った野菜ジュースの特徴は「酵素が大量に含まれていること」と言われています。

ここで言う「酵素」は、消化酵素のことです。アミラーゼやトリプシンといった言葉を聞いたことがある人は少なくないのでは??

では、野菜ジュースに含まれる「酵素」って何が良いのか?様々なことが言われていますが、何が良いのか科学的にはわかっていないのが現状です。

一説によると、野菜ジュースに含まれる酵素が消化を助けることで、消化酵素を作る膵臓の負担を軽減することができるので健康に良いと言われています。

いろいろと言われていますが、多くの人がスロージューサーを買って満足していることからスロージューサーで作った野菜ジュースが身体に良いことは間違い無さそうです。

今話題のスロージューサーを使ったダイエットとは


最近低速ジューサーを使った野菜ジュースで置き換えダイエットをする「ジュースクレンズダイエット」が話題です。

方法は簡単で、朝食か昼食をスロージューサーで作った野菜ジュースで置き換えるだけです。

野菜ジュースは、ビタミンやミネラルなどの不足しがちな栄養素が摂取できる上に腹持ちがとても良いので置き換えに最適です。

また、低速ジューサーの野菜ジュースなら5日〜6日間の断食で劇的に痩せる「ファスティングダイエット」もできます。

ファスティングダイエットでは、5日間に渡って食を断つため少々の危険が伴います。

そのため、挑戦する場合トレーナーを付けるかしっかりと本を読んで勉強してから挑戦することをおすすめします。

バナナや人参を使ったスロージューサーで作るジュースレシピ3選


ここでは、大手レシピサイトのクックパッドからおすすめのジュースのレシピを紹介します、是非参考にしてください。

小松菜リンゴ人参ジュース

材料
  • 人参・・・1/4本
  • 小松菜・・・2束
  • りんご・・・半分
  • レモン・・・小さじ1

小松菜とリンゴの緑色のジュースです。リンゴが入っているので苦みを感じること無く飲めるでしょう。

レシピへのリンク>>

基本の人参ジュース

材料
  • 人参・・・2本
  • りんご・・・1個
  • レモン・・・1個

スロージューサーで作る野菜ジュースで最も作ることが多い「人参ジュース」です。リンゴとレモンが入っているので、ジュース感覚で飲む事ができます。

レシピへのリンク>>

クルミミルク

材料
  • アーモンド・・・60g
  • クルミ・・・30g
  • バナナ(完熟)・・・1本
  • 牛乳(最後に加える)・・・400cc

バナナを使ったおやつ感覚のジュースです。アーモンドやクルミ・バナナなど栄養素が豊富な材料を使っているためおやつ感覚なのにとても健康的なジュースです。

レシピへのリンク>>

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です