【男の子も!?】赤ちゃんも陥没乳頭(陥没乳首)になるの?原因は?

Pocket

ここでは赤ちゃんが陥没乳頭(陥没乳首)になる原因と治るのか?男の子もなるのか?赤ちゃんに遺伝するのか?といった赤ちゃんの陥没乳頭に関する内容と、陥没乳頭(陥没乳首)のお母さんが赤ちゃんの為にできる乳首のケア方法をご紹介します。

 

赤ちゃんの陥没乳頭(陥没乳首)は治る?原因は?

赤ちゃんの乳首が陥没していることは珍しいことではありません。原因は定かではありませんが、恐らくは一般的な陥没乳頭(陥没乳首)と同様に乳管が未発達の為に起こると考えられています。ただ、ほとんどの子は小学校に上がるまでに治ります。

 

これは赤ちゃんは皆ぽっちゃりとした体形をしている為です。成人男性では肥満体型の人が、女性ではバストが大きい人に陥没乳頭(陥没乳首)が多いと言われています。なので小学校頃になるとだいたいの子は身長が伸びてスラッとした体形になります。

 

それに合わせて乳首の凹みも改善します。それでも陥没しているようだとずっと陥没している可能性もあります。ただ、だからといって赤ちゃんの内から何か対策ができる訳でもありません。大切なお子さんなので気になるとは思いますが、現時点でいくら気にしてもあまり意味がありません。

 

男の子の赤ちゃんでも陥没乳頭(陥没乳首)になるの?

男の子でも女の子でも赤ちゃんに共通して陥没乳頭(陥没乳首)は多いです。原因については前項で書いた通りで、恐らくはこの時期の体系と未発達の乳管によるものだと考えられます。病気ではありませんし、男の子であれば将来の授乳も関係ありません。

 

コンプレックスになることはあるかもしれませんが、現時点で何かケアをしてあげたからといって改善につながる訳でもないので小学校・中学校と成長段階でチェックしてあげれば良いでしょう。女性の陥没乳頭(陥没乳首)とは違い少ないですが、男性の陥没乳首も手術してくれるクリニックはあります。

 

陥没乳頭(陥没乳首)は赤ちゃんに遺伝する?

お父さんかお母さん、どちらか一方が陥没乳頭(陥没乳首)だと子供には50%の確率で遺伝すると言われています。ただ、「1 赤ちゃんの陥没乳頭(陥没乳首)は治る?原因は?」でも書いたように1~2歳の子の陥没乳頭(陥没乳首)は多いです。

 

そして身長が伸びてスラッとした体形になるにつれて自然と治るケースが多いので、生まれてすぐに乳首が陥没しているからといって自分の体質が遺伝してしまった!とショックを受ける必要はありません。同年代の赤ちゃんで乳首が陥没してる子は意外と多いのでママ友にも聞いてみると良いでしょう。

 

ただ、陥没乳頭(陥没乳首)の人にとってはコンプレックスとなっているので、自分の子の乳首が陥没していると気になって仕方がありませんが、正常乳頭で乳首にコンプレックスが無い人は赤ちゃんの乳首をそんなに注意深く見ていません。

 

なので「今度見ておくね」程度に流されてしまうかもしれませんね。赤ちゃんのうちから真性か仮性かを見極めようと、乳首に強い刺激を与えるのは良くありません。成長の段階で治ってしまうケースの方が多いのであまり気にしないようにしましょう。

 

妊娠中・授乳中に行う赤ちゃんの為の陥没乳頭(陥没乳首)のケア方法

陥没乳頭(陥没乳首)の人は陥没部分に垢や白いカスが溜まり易く、「こんな状態で授乳して赤ちゃんは大丈夫なのかな?」と不安になる方がいます。ここではそんなお母さんの為にケア方法をご紹介します。

 

  • 基本は石けんを使わず水洗いで大丈夫
  • 垢や白いカスが取れなければオリーブオイルなどでふやかす(綿棒を使うと取り易い)

 

乳首の周りの乳輪部分にポツポツとした突起があると思います。これがモンゴトメリー線という皮脂腺なんですが、ここから保護成分が出ています。また母乳自体に殺菌作用があるのでわざわざ石けんを付けて洗う必要はありません。

 

痒い場合は乳汁が出いないかチェックし、出ているようなら小まめにガーゼなどでふき取りましょう。痒いまま放置すると陥没部分に溜まった分泌物が原因で乳腺炎を起こす可能性もあります。

 

陥没乳頭(陥没乳首)は赤ちゃんが嫌がって母乳を飲んでくれないって本当?

間違ってはいませんが正解でもありません。確かに正常乳頭と比べると飲みにくくはなりますが、赤ちゃんも陥没乳頭(陥没乳首)での飲み方に慣れて上手になってきます。正常乳頭でも哺乳瓶を使っていると母乳を飲まなくなることがあります。

 

同じように乳頭保護器を使っていると直母での授乳が難しくなります。陥没乳頭(陥没乳首)の度合いによっては確かに母乳(直母)での育児が難しいケースはありますが、真性陥没乳頭(陥没乳首)のお母さんでも直母で育てたという人は一定数います。

 

授乳初期は正常乳頭の人でも乳首が切れたり出血したりと激しい痛みと戦います。その際に陥没乳頭の人は乳首に対してコンプレックスを抱えていることから「自分のせいでうまく飲めないんだ」とあきらめてしまう傾向にあります。

 

正常乳頭の人でも上手に飲ませることができずにミルクに切り替える人は沢山います。なのであまり自分の乳首のせいにせずにまずは「陥没乳頭でも母乳育児をしたいママ必見!先輩ママ直伝の上げ方10選」を参考に試行錯誤しながら授乳が上手くいく方法を探してみましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です