【カップルや子供連れに人気】生田緑地に行ってみた!心霊スポットも

Pocket

こんにちは。28歳独身のゴウオカです。
皆さん、向ヶ丘遊園駅付近にある生田緑地(いくた りょくち)という場所をご存じでしょうか?

電車で新宿から小田急線急行で約20分の場所に位置する向ヶ丘遊園駅にはドラエモンで有名な藤子・F・不二雄ミュージアムや四季折々色んな
顔を持つ生田緑地など観光スポットがあります。「芸術は爆発だ!」で有名な岡本太郎展も生田緑地の中にあるんですよ。

晴れの日は森林浴や山登りなど、カップルや子供ずれにこよなく愛される「昼の生田緑地」と、夜20::00以降は心霊スポットとして絶対に行ってはいけない「夜の生田緑地」

当ページでは、昼と夜で2つの顔をもつ生田緑地についてて詳しく解説します。ゾッとする心霊体験も掲載してますので、怖いのが苦手な方は閲覧注意です。

生田緑地に向かおう


今回は向ヶ丘遊園駅から向かいます。登戸駅からバスもでているみたいですが、基本歩きの方が多いので生田緑地までの道順を解説しますねっ

ネコ型ロボットの銅像が向ヶ丘遊園駅北口をでて正面にいます。


みずほ銀行→コメダ珈琲店→ダイエーと歩く事100メートル、稲生橋の交差点にぶつかります。ちなみに藤子・F・不二雄ミュージアムはこの交差点を左折し200メートル先で、歩くと遠いです。

仮面ライダーのロケ地にも使われた「生田緑地北口」

普通に道案内しているだけじゃつまらないので、「地元人しかしらない生田緑地の裏ルート」を伝授します。


生田緑地へのルートは直進ですが、裏ルートは「多摩パーツ株式会社」の角を右に曲ります。


曲がるとタイムズの駐車場


専修大学生田研修館を通りすぎ歩くこと3分


生田緑地「北口」が顔を出します。北口から入って右側に2つの穴があるのですが、仮面ライダーのロケ地として使用された場所らしく、天気が良い日は息をのむほど美しい緑が広がります。


夕方17:00頃の日が落ちる頃の撮影だったので、魅力が伝わりにくいですが一度足を踏み入れれば都会を忘れるほどの大自然です。まじで美しい。。。プチ登山になるので、50歳以上のご老体の足腰にはキツイのでオススメしませんが、いち早く緑地の魅力をしって頂くにはこのルートがオススメ。


上記写真は、晴れている日にiPhone 5 から撮影した写真。よくカメラもって鳥や景色を撮影している人も多いです。


天気がよければ、途中こんな景色も見れますよ。スカイツリーなんかも見れます。こうなるともう登山の領域ですので、女性の方は間違ってもヒールで来てはいけません。


さて正規ルートの説明に戻ります。多摩パーツ株式会社を道なりに直進すること約5分。


ようやく「生田緑地 東口」が見えてきます。


車の方は「生田緑地 西口サテライト」「生田緑地 東口ビジターセンター」の近くに駐車場がありますよ。


モダンな木製の建物が「生田緑地 東口ビジターセンター」です。総合受付みたいな場所でしょうか。


東口の入り口すぐに「枡形山広場」「岡本太郎美術館・かわさき宙(そら)と緑の科学館」の方向に行くか案内札があります。簡単にいうと、「山登りする?」又は「岡本太郎美術館やプラネタリウムなど」を見に行くかです。山登りする体力はなかったので、今回は岡本太郎美術館をめざします。


伝統工芸館(日本民家園西門)が右手に見えます。どうやらハンカチの藍染めを620円ほどで体験ができるそうです。


歩く事5分、一番人ごみが多い「芝生広場(中央広場)」に到着しました。昼は子供と一緒に森林浴している家族連れやレジャーシートを広げ弁当を食べるカップル。ワインやビール片手に平日の疲れを癒している夫婦など、ほほえましい空間がこの広場には広がっています。結婚したい。


広場の入り口には、「かわさき宙(そら)と緑の科学館」という川崎の自然に関する展示、プラネタリウム、天体観察など自然科学が体験できる博物館があります。大人も子供も大喜びです!今日は、一人でプラネタリウムでも見ようかと思ったんですが、17:00で閉館。僕が広場に到着したのは17:04。。。絶望です。。。


悔しさのあまり、普段は全く興味のない「黒い機関車」をみたり…


16:30まで入場可能という「青い電車」の撮影をしたり…


プラネタリウムを見ることができなかったショックからか、無性にトイレもレビューしたくなりました。野外のトイレってめっちゃ汚いのに、ここのトイレはとても清潔でしたよ


プラネタリウムを見れなくても、僕には「芸術は爆発だ!」で有名な岡本太郎さんが迎えてくれるはず。とりま岡本太郎美術館へ向かいます。


向かう途中に「空気がいきなり冷たくなる」ブナの森林地帯があります。長さ30メートルを超えるであろうブナ林が迎え入れてくれます。

【閲覧注意】生田緑地ランニング中に起きた僕の心霊体験談


この場所に足を踏み入れると空気が一気に変わり、写真では伝わらない独特の雰囲気に包まれます。ある人はこの場所をとても美しいパワースポットと呼び、ある人はこの場所を心霊スポットとも呼びます。


その理由は1971年におきた「川崎ローム斜面崩壊実験事故」この事故は、人工的に崖崩れを起こしたら予想以上の広範囲と速さに報道関係者や技術者が逃げ遅れ、25名が生き埋め15名が死亡したもの。上記その慰霊の写真です。


地元民の間では、親子の霊を見た。人魂を見た。というウワサがあるそう。僕もここはパワースポットではなく、心霊スポットだろ。と納得できる経験を2016年の夏にしております。

この記事を書いている2017年6月。ちょうど1年前までよくこの場所「岡本太郎美術館前」をランニングの折り返し地点として、利用しておりました。

ある仕事終わり平日20:00頃。音楽を聴きながら折り返し地点でもある「岡本太郎美術館前」をめざしいつものようにランニングしていたときの話です。

僕はこれまでの人生で幽霊を3回みたことがある自称霊感もち。だと思っております。「ここ怪しいくない?」「ちょっといるかもよ?」って場所は無意識に鳥肌全開になり、僕のカラダが鳥肌アラートをだしてくれます。便利なもんです。

話を戻して、岡本太郎美術館まであと少しのブナ林に入った時のことです。昼・夜関係なく、このブナ森林に入ると独特の雰囲気と急に気温下がります。ぐんと下がります。

いつもの事なので、冷たい温度を感じながら、折り返し地点まであと少しの所で異変が起きました。電池がフル状態だったはずのワイヤレスイヤホン(Bluetooth)が突然電源OFFになり、急に静寂が訪れました。故障かな?と思った次の瞬間、茂みの中から複数の視線を感じました。

そこから記憶は、鳥肌アラート全開のまま夢中で東口(出口)に向かい走ったこと。そして出口を出た瞬間に急にカラダが軽くなり体の体温が戻ったのを覚えています。もうパニックですw

その夜、自宅に戻ってから生田緑地についてググった時に、「川崎ローム斜面崩壊実験事故」の事を知り、ゾッとしたのを覚えています。一番ゾッとしたのは、ワイヤレスイヤホン(Bluetooth)が突然電源が切れた場所が「慰霊」の前だったことです。

なぞ多き体験でしたが、これがきっかけで夜のランニングで使う折り返し地点を別の場所に変更したことは、言うまでもありませんw昼は、家族連れ・カップルに愛される「昼生田」呼ばれ、夜は心霊スポットとして2つの顔を持つ生田緑地。魅力が深まるばかりです。


さて話を戻していきましょう。慰霊碑を過ぎると目の前に「岡本太郎美術館」の階段が現れます。ゴールはすぐそこ!


こんなモニュメントがお出迎え「樹霊I」というそうです。


はい、やっと到着です!予想はしてましたが「岡本太郎美術館」も17:00で閉館でした。。。今日は何しにきたんだろう。。。


夕暮れに照らされた母の塔が、哀れな僕を包み込んでくれるようです。


太郎さん、ありがとう! 母の塔、ありがとう!

当ページで紹介した生田緑地の施設まとめ

上記ページで紹介した生田緑地の施設の詳細を以下にて解説します。営業時間も記載しているのでようチェックです♪

生田緑地 東口ビジターセンター

開館時間 8:30~17:00
休館日 年末年始
入場料 無料
住所 〒214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-4
電話番号 TEL:044-933-2300 FAX:044-933-2055

生田緑地 西口サテライト

開館時間 8:30~17:00
休館日 年末年始
入場料 無料
住所 〒214-0032 川崎市多摩区枡形6-26-2/td>
電話番号 TEL:044-933-2066

 

伝統工芸館(日本民家園西門)

開館時間 9:30~17:00(11月〜2月16:30まで)
休館日 年末年始。月曜(祝日の場合翌火曜)、祝日の翌日(土・日曜の場合は開園)
入場料 無料(日本民家園に入園する場合は有料
一般:500円、高校・大学生:300円、65歳以上:300円、中学生以下:無料
HP(ホームページ) http://www.nihonminkaen.jp/

かわさき宙(そら)と緑の科学館

開館時間 9:30〜17:00
休館日 月曜日(祝日の場合翌火曜)、祝日の翌日(土・日の場合は開園)、年末年始
入場料 プラネタリウム観覧料:一般400円、高大200円、
65歳以上200円(川崎市在住の方無料)、中学生以下無料
HP(ホームページ) http://www.nature-kawasaki.jp/

客車(ブルートレイン)


実際に使用されていた国鉄(当時)の客車です。車内開放時間:9時30分~16時30分

D51(蒸気機関車)


大人気のD51です。上に上ったりはできません。

川崎市岡本太郎美術館

開館時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合翌火曜)、祝日の翌日(土・日の場合は開園)、
年末年始、展示替えのための臨時休館有
入場料 企画によって異なります。
常設展示のみで開館する期間:一般500円、高大300円、65歳以上300円(川崎市在住の方無料)、中学生以下無料
HP(ホームページ) http://www.taromuseum.jp/

川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム

開館時間 10:00〜18:00
休館日 火曜日、年末年始
入場料 大人・大学生1000円、中・高生700円、子ども(4歳以上)500円
HP(ホームページ) http://fujiko-museum.com/

生田緑地ばら苑

川崎国際生田緑地ゴルフ場

枡形山広場と展望台

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です