【保存版】市川市のおすすめ観光スポット

Pocket

「千葉県市川市」と聞いて思い浮かぶ観光スポットはありますか?市川市という名前は知っているけど観光スポットはよく分からないという人が大半かもしれません。

昨年、「出没!アド街ック天国」という番組で市川市の本八幡(もとやわた)という地域が紹介されたことで少し知名度が上がりましたが、特にこれといった有名スポットがなくインパクトに欠けるというのが正直なところです。

 

そんな市川市ですが、アド街で紹介されたところ以外にも楽しいスポットが結構ありますので、それらを市川市在住12年の筆者が責任を持ってご紹介していきます。

※今回は歴史散策のような、いわゆる観光地観光地したところではなく、夏直前ということで、アクティブに楽しめるスポットを中心にご紹介します。歴史バージョンはまた次の機会にご紹介します^^

 

大町梨街道

市川市は名産品として梨が有名です。特に北部に梨農園が多く存在していますが、その中でも最も梨農園が密集しているのが国道464号線 の「大町梨街道」と呼ばれる地域です。

撮影を行なった5月はシーズンオフだったのでどの店舗も閉店していて静かでしたが、夏になると梨狩りや購入される方で賑わいます。

大町梨街道では公式ホームページを立ち上げており、梨に関する情報が詳しく掲載されています。

基本情報
アクセス
千葉県市川市大町468 ※中心地にある角右エ門梨園の住所です。

大町梨街道ホームページ
http://o-pear.net/

 

大慶園(だいけいえん)遊園地

大町梨街道から車で近いところにあるのが24時間営業の大慶園遊園地です。

“遊園地”と名前が付いていますが、一般的に想像するような遊園地ではなく、名物のスリックカートを中心に、ゲームやビリヤード、バッティングセンター、野球場、バスケットコート、スケボー場など、若い人が好みそうなものがすべて詰まっているアミューズメント施設です。ヘリポートなんかもあります。

噂によると地元の梨農園の豪農が税金対策で経営しているとかいないとか。それはともかく、なかなかカオスな感じの遊園地です。

坂道の途中に入り口があります。「大慶園遊園地」とは書かれておらず「MAJOR GRAND PRIX」の文字。知らない人からすると?なメイン看板です。

入り口を入ると広大な駐車場があります。年代物の錨(いかり)やプロペラが展示されています。

駐車場からは「NASCAR」の文字が見えます。NASCAR(ナスカー)とはアメリカで生まれたストックカーと呼ばれる市販車のレースのことを指すようです。

車を降りて坂道を徒歩で上がって”遊園地”へ。

進んでいくと右手にバッティングセンターが見えてきます。

75kmから135kmまでの球速が楽しめます。

バッティングセンターを過ぎると広場があり、3on3のバスケットコートが数面あります。中高生で賑わっていました。

どこかアメリカンな雰囲気があります。

ヘリポートです。ヘリポートは大慶園のオーナーが免許を持っていて実際に使っているのだとか。撮影した時は使われてなく、その周りでスケボーをしている人がいました。

建物に入るとスリックカート場があり、レース実況やエンジン音で賑やかな感じです。

スリックカートには1人用と2人用があります。

1回10ラップ(周)で1人用が500円、2人用が800円で楽しめます。

使用カートはアメリカから直輸入したナスカーモデルのボディを使用しています。 エンジンは8hpホンダエンジンで、排気量はなんと240cc(はじめて乗られる方はあまりの迫力に圧倒されると思いますよ。) コースは全長120m、最大コース幅11m オートマチックシグナル&電光掲示板により、各カートのラップタイムやベストラップタイムを計測。http://www.daikeien.jp/slickcart.html

本格的なレースの雰囲気を味わえます。

 

基本情報
アクセス
千葉県市川市大町358

大慶園ホームページ
http://www.daikeien.jp/index01.html

 

鎌ヶ谷スタジアム

鎌ヶ谷スタジアムは北海道日本ハムファイターズの2軍(ファーム)本拠地、通称「鎌スタ」です。

こちらはすいません、正確には市川市ではなく鎌ヶ谷市なのですが、市川市との境にあって、先に紹介した大町梨街道や大慶園遊園地のすぐ近くにありますので、一緒にご紹介させていただきます。

ファームの試合は怪我で離脱した一軍の選手や若手の選手を身近で観られるという楽しさがあります。筆者も昔、若手時代の中田翔選手や巨人にFAで移籍した陽岱鋼選手などを目と鼻の先で観戦できた良い思い出があります。

運が良ければ日本を代表する選手となった大谷翔平選手やハンカチ王子こと斎藤佑樹投手などを観ることが出来るかもしれません。

スタジアム入り口です。

すぐに球場があります。球場の入り口には有名選手のパネルが貼られています。昔所属していて今は大リーグで活躍しているダルビッシュ有投手のパネルもありました。過去の功労者に敬意を払っている感じがとても好印象でした。

レフトスタンドから

ライトスタンドから

ライトスタンド後方には坂道ダッシュの練習コースがありました。誰でも使えるので選手気分になってダッシュしてみるのも良いかもしれません。

「勇翔寮」入り口です。この日は埼玉で試合があったので選手は出かけているようでしたが、熱心な出待ちの人が何組かいました。

場外にある自動販売機のところに場外ホームランの認定パネルが設置されていました。打ったのは中田翔選手。推定飛距離140m!

基本情報
アクセス
千葉県鎌ケ谷市中沢459

北海道日本ハムファイターズ ファームホームページ
https://www.fighters.co.jp/farm/

 

MG MARINE(エムジーマリーン)

市川市といえば江戸川、江戸川といえばマリンスポーツ、マリンスポーツといえばこのエムジーマリーン、といえるくらい有名な、創業54年の会社です。

水上オートバイ(水上バイク、ジェットスキー、マリンジェット)やボートなどは免許の取得が必要となり観光という感じではありませんが、ウェイクボードやフライボードなどは免許不要で楽しむことが出来ます。

河川敷からMG MARINEを撮影。

江戸川沿いにボートが停泊しています。夕方の撮影だったので見られませんでしたが、昼間は気持ちよくジェットスキーやウェイクボードを楽しんでいる人の姿を見ることが出来ます。

MG MARINEのビル3Fにはイタリアンレストラン「RISTORANTE Corona(リストランテ コローナ)」があり、江戸川越しにスカイツリーを見ながらランチやディナーを楽しむことができます。※レストランだけの利用ももちろん可です。

基本情報
アクセス
千葉県市川市大和田2-19-6

MG MARINEホームページ
http://www.mgmarine.co.jp/

ホットペッパー > RISTORANTE Corona
https://www.hotpepper.jp/strJ001134739/party/

 

ハゼ釣り

MG MARINEからさらに東京湾方面へ向かうと桟橋や小型ボートでプカプカ浮かびながらハゼなどの釣りを楽しむことができます。6月上旬から12月中旬頃まで楽しめます。

市川市の高谷や妙典、田尻といった地区には遊船屋が多くあります。都会の喧騒を忘れて釣りに没頭してみるのも楽しいかもしれません。

ボートや2人用のミニボートから数名でも楽しめるもの、さらには東京湾に行くものまであるので用途に応じていろいろな楽しみ方ができます。

今回はそのうちの1つ、林遊船を撮影してきました。


基本情報
林遊船アクセス
千葉県市川市高谷3-8-1

林遊船ホームページ
http://www.geocities.jp/hayasiyusen/

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?市川市はディズニーランド(浦安市)やアンデルセン公園(船橋市)といった、圧倒的な集客力を誇る観光スポットはありませんが、水や緑に囲まれた広大な敷地を活かしたスポットがたくさんあります。

アクセスの良いところですので、ぜひ一度、遊びに来てくださいね^^

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です