【時給1700円!?】驚くほど高時給なホテル配膳バイトの実態とは?

Pocket

フロムエーやanなどのバイト探しサイトで時給の高いバイトを探していると、時給1500円を超えるような高額バイトの中に、「配膳スタッフ」とか、「ホテルのブライダルスタッフ」と書かれた募集を目にしたことがある方もいるのではないでしょうか?

「時給がやたら高いけど、よっぽど仕事がきついんじゃないの?」
「なんだか聞き慣れない言葉だし、何をやる仕事なのかわからなくて怖そう」

みたいなイメージを持たれたりすることもあるかもしれません。
私も最初はそうでした。

でも、実際やってみると、大変なときもあるけれど、普通の仕事で、無料で食事は付くは、時給も1700円の職場もあったりで、今までやったバイトの中でも1,2を争う相当条件のよい仕事だったなと思っています。

この記事では、そんなホテルの配膳バイトの仕事の実態について、私自身の経験に基づいてお話をしていきたいと思います。

ホテルの配膳スタッフってどんな仕事?きついって本当?具体的な仕事内容を紹介

ホテルの配膳スタッフは、時給がかなり高いので、よっぽどきつい仕事をしているのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、実際に働いていた私からすると、そんなこともないです。
きつさは他のバイトとたいして変わらないレベルだと思います。

私がホテルの配膳スタッフとして経験したのは大きく3つの仕事があります。

  1. ホテルの婚礼の配膳スタッフ
  2. ホテルの宴会の配膳スタッフ
  3. リゾートホテルのレストランの配膳スタッフ

ホテルの婚礼の配膳スタッフというのは、結婚式のウェイターのことです。
結婚式の丸いテーブルを倉庫から婚礼会場にコロコロ転がして持ってきて、設置して、その上に白い布(業界ではリネンって言ってたな)を引いて、シルバーと呼ばれるナイフ・フォーク類を設置するところまでが準備。
婚礼が始まったら、ドリンクをまずは運んで、その後はコース料理を順番に運んでいくというところが、婚礼中の仕事。
婚礼が終わったら後片付けというのが婚礼後の仕事、という流れです。

婚礼の配膳スタッフは、コース料理を順々に運んでいく、というところで、時間に追われる中、トレイで正確に迅速に料理を運ばなければならないところはきついところと言えるかもしれません。
ただ、それ以外はものすごくきつい何かがあるというわけでもないかと思います。

ホテルの宴会の配膳スタッフは、婚礼ほどは時間に追われない分楽です。
宴会の内容にもよると思いますが、例えばビュッフェ形式の宴会の場合は、婚礼同様、テーブルの設置の作業があったあとは、お客様が食べた料理の後片付けをする、みたいな作業が中心になります。

リゾートホテルのレストランの配膳スタッフというのは、いわゆるホテルのレストランのウェイターです。
これも、テーブルを設置して、注文があったら料理を運ぶというのが仕事内容になります。
ベテランの方なんかは、お客様を会話で楽しませていたりして、そういったところが普通のウェイターと違うところと言えるのかもしれませんが、バイトの身の私は、そこまでは意識してはやっていなかったです。

ということで、ホテルの配膳スタッフの仕事は、

  1. 会場の設置
  2. 食事の配膳
  3. 会場の後片付け

の3つになる、というのはどの仕事でも変わらないです。
ただ、婚礼なのか、宴会なのか、レストランなのかで、配膳の難易度が変わるというところが違いになるといえます。

ホテルの配膳スタッフの時給はどれくらいもらえるの?1700円ももらえるの?職場や仕事内容による時給の違いについて

さて、ホテルの配膳の時給に関してですが、これはどこで働くかで時給が変わってきます。

一番高かったのは、リゾートホテルのレストラン配膳スタッフをやっていたときでした。
年末から正月に掛けての期間限定バイトだったというのもあると思いますが、時給1700円もらってました。
リゾートという人が採りにくいところでの年末年始のバイトだったというのが大きいのかなと思います。

次に高かったのは、小さめのホテルの婚礼配膳スタッフをしていたときでした。
20年近く前のときで1300円台の時給でしたから、今なら1400円~1500円台くらいもらえるのかもしれませんね。
ただ、婚礼スタッフは時間に追われるので結構大変だと思いますよ。
一生に一度のイベントなので、粗相もできないですからね。

一番安かったのは、プリンスホテルの宴会配膳スタッフをしていたときでした。
時給は1100円台でした。
ただ、婚礼の時みたいに時間に追われない分、精神的には楽でしたね。

ということで、配膳スタッフも、どこで何をやるかによって時給が変わってきたりするので、時給と仕事内容で、自分に合ったものを選ぶのがよいのではないかなと思います。

ホテルの配膳スタッフは食事がただで付くって本当?どんな内容のまかないなの?

ホテルの配膳スタッフをしていて、どの職場でも共通していたのは、まかないと呼ばれる無料の食事が付いていたことです。

私自身、ホテルの配膳スタッフを結構長くやっていたこともあって、これが当たり前のように思っていたのですが、世間的にはそうではないみたいで、グーグルとか楽天とかのIT企業が社員の食事を無料にしたら、ものすごく話題になっていましたよね。
でも、ホテル業界だとそれ、普通です。

ちなみに、ホテルの食事だから、スタッフはどんないいものを食べているんだろうなんて、まかないに過度の期待をしてはいけません。
場所にもよると思いますが、基本的にはご飯と味噌汁はおかわりし放題で、あとは主菜が一品付く、みたいな内容だったと思います。
主菜は唐揚げとか、肉と野菜の炒め物とか、そんな感じのものです。

ホテルのまかないは、シェフが作っているわけではなくて、まかない用の社員食堂のおばちゃんが作っている感じですね。
だから、ホテルでお客様に出す食事とは全くの別物です。

でも、食事代が浮くというのはかなり大きいなと思います。
昼も夜も働く場合は、昼食も夕食も出るわけですから、他の仕事のランチで松屋やマックに行って食べたら掛かるはずの400円とかが浮くわけです。
これはかなりうれしいです。

ホテルの配膳スタッフは芸能人に会えるって本当?業界ならではの裏話をこっそり紹介

さて、最後にちょっとした業界の裏話でも。
ホテルの配膳スタッフをしていたら、芸能人に会えるのか、というと会えます。
私自身も実際に会ったことがあります。

私自身は2回だけですが、1回目は紅葉がきれいな桟敷席の配膳スタッフをしていたときに、映画にも主演で出ているような某大物芸能人の方のお世話をさせていただき、握手もしていただきました。

もう1回は、大宴会場で、ベテラン女性歌手のコンサートの宴会スタッフをしたので、その女性歌手を生で見る機会がありました。

ホテルではディナーショーなんかもあったりするので、ディナーショーのスタッフをすることができれば、芸能人を生で見る機会も多くあると思います。

ただ、個人的にはそんなに芸能人に会いたいわけでもないので、変わらず仕事をするという意識しか私にはなかったのですが、芸能人に会いたいという方は、ディナーショーが多いホテルで働くことを狙ってみるのも1つの方法なのかなと思います。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です