【2017年版】電動歯ブラシおすすめランキング!

Pocket

電動歯ブラシは以前からありますが、最近では従来からの高速運動型の電動歯ブラシ以外にも音波式や超音波式といった電動歯ブラシが発売されており、またポケットドルツのような携帯用に優れたものも発売されるなど進化しています。

この記事では電動歯ブラシを選ぶ際に押さえておくべきポイントとそのポイントをふまえたおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。

電動歯ブラシを選ぶポイント

その機能は自分にとって本当に必要か?

これは一番重要なポイントとしてお伝えしたいところです。

大手メーカーはどこも数千円のエントリーモデルから数万円する上位モデルまでラインナップを揃えていますが、機能をよく見るとコアな機能はエントリーモデルでも上位モデルと同じ、ということがよくあります。

どこが異なるかというといろいろなブラシが付属していたり、スマホと連動したり、前のモードを記憶したり、というような、「あれば良いけど無くても困らない」機能の有無だったりします。

それらを削るだけでかなり金額を抑えられるので、「その機能は本当に必要か?」をよく考えて選ぶようにしましょう。

電源方式

電動歯ブラシ本体はコードレスなので充電もしくは乾電池が必要になります。こちらは好みによりますが、毎日使い続けるものなので、どちらの電源方式なのか確認しておいた方が良いです。

携帯しやすいか ※携帯する場合

学校や会社など、家から携帯して外で使う場合には携帯しやすいかどうか確認することが必要です。ポケットドルツのようにそのまま持ち運べる形状のものでなくても、しっかりした携帯ケースが付属しているものなどもあります。

替えブラシが手に入りやすいか?

電動歯ブラシは本体とブラシが分かれていてブラシ部分は消耗品なので、必要な時にすぐに替えブラシが購入できるか確認しておくことが大切です。大手メーカーではAmazonや楽天などで簡単に手に入りますが、そうでないものもあるので必ず確認するようにしましょう。

価格だけではなく実績や口コミを重視する

安いもので数千円から2万円を超えるものまで幅広い価格帯となっている電動歯ブラシですが、単純に価格が安いからといって飛びついても、性能がしっかりしていないと手磨きよりも効果が劣ることは十分に考えられます。そのため販売台数などの実績や、実際につかっている人の口コミなどを確認してしっかりと効果が確認できるものを選ぶようにしましょう。

 

それではどのような電動歯ブラシがおすすめなのでしょうか?2017年の最新おすすめ電動歯ブラシを紹介していきたいと思います。

1位 Panasonic(パナソニック) ドルツ EW-DL23

 

1位はパナソニックのドルツシリーズのエントリーモデル、EW-DL23 です。高密度植毛された細さ約0.02mmの極細毛ブラシが音波によって振動し、歯間や歯周ポケットの隅々まで丁寧に磨く、という点を特長としています。

実売価格はAmazonで6,000円程度ですが、ブラシ振動数はハイエンドモデルと同じですし、磨きモードも2種類(ハイエンドは3種類)あるので申し分ないです。重さもブラシを含めて約90gと軽量です(他の同等商品は130g前後)。携帯ケースは付いていません。

メーカー Panasonic(パナソニック)
モデル ドルツ EW-DL23
主な特徴・機能 ・密集極細毛ブラシ(細さ約0.02mmの極細毛ブラシ)
・微細で高速な音波振動(毎分約31,000ブラシストロークのリニア音波振動)
・毛先3mm段差
・押し付け力にかかわらず、常にブラシ振幅を維持するようなパワー制御。
・充電満タン状態はもちろん、充電が空に近づいても、常に最大振幅を維持します。
・パワー制御機能
・モード記憶機能(ノーマルモード、ソフトモード)
・磨き時間お知らせタイマー
・充電催促機能
充電 フル充電:約17時間、連続使用:フル充電で約60分
サイズ 本体サイズ:約 高さ21×幅2.5×奥行3cm(ブラシ含む)、重さ:本体重量:約90g ※ブラシ含む
実売価格 5,809円(税込)*

 

2位 PHILIPS(フィリップス) ソニッケアー 音波式電動歯ブラシ イージークリーン HX6521/01

 

2位は歯医者さんからの支持が高いソニッケアーシリーズのエントリーモデルである「イージークリーン」です。楽天やAmazonなどのショッピングサイトで上位にランクインしています。

振動数は上位モデルと同じく毎分31000回の超高速振動です。これによって音波水流を発生させて歯垢を効果的に除去させる、という仕組みです。

磨き方のモードが1つ(クリーンモード)しかありませんが、十分パワフルですし、価格も7,000円程度なので「シンプルで良い」という人には十分満足できるモデルだと思います。携帯ケースも付いていません。

メーカー PHILIPS(フィリップス)
モデル イージークリーン HX6521/01
主な特徴・機能 ・カドペーサー機能(一定間隔でお知らせ)
・2分のタイマー
・音波水流
・約 31,000 ブラシストローク/分
・ランプで充電残量を表示
・クリーンモード
・イージースタート
充電 フル充電:24時間、連続使用:最長2週間
サイズ 高さ25.2×幅3.4×奥行3.4cm、重さ:129g
付属品 プロリザルツ プラークディフェンス(レギュラー)
実売価格 4,928円(税込)*

 

3位 Panasonic(パナソニック) ドルツ EW-DE55

 

3位は1位のEW-DL23の上位モデル、EW-DE55です。ブラシ振動数は同じですが、こちらのモデルはブラシにイオンを使っており、さらに「イオン用密集極細毛ブラシ」「イオン用マルチフィットブラシ」「イオン用2Wayシリコンブラシ」といった替えブラシが付属しています。

またEW-DE55は充電性能が高い点が特長で、2分充電するだけで使用(2分)でき、またフル充電も1時間でできます。他の商品はフル充電まで10時間以上かかるのが一般的な中、こちらは図抜けています。

磨きモードはノーマルモード、ソフトモード、ガムケアモードの3種類。携帯ケースも付属しています。

メーカー Panasonic(パナソニック)
モデル ドルツ EW-DE55
主な特徴・機能 ・イオン用密集極細毛ブラシ(細さ約0.02mmの極細毛ブラシ)
・微細で高速な音波振動(毎分約31,000ブラシストロークのリニア音波振動)
・毛先3mm段差
・押し付け力にかかわらず、常にブラシ振幅を維持するようなパワー制御。充電満タン状態はもちろん、充電が空に近づいても、常に最大振幅を維持します。
・パワー制御機能
・モード記憶機能(ノーマルモード、ソフトモード、ガムケアモード)
・磨き時間お知らせタイマー
・2分間クイックチャージ
・急速1時間充電
・充電残量表示
充電 フル充電:1時間、連続使用:フル充電時=約60分/クイックチャージ時=約2分
サイズ 約 高さ23.5×幅2.8×奥行3.3cm(ブラシ含む)重量:約105g(ブラシ含む)
付属品 ・イオン用密集極細毛ブラシ
・イオン用マルチフィットブラシ
・ポイント磨きブラシ
・イオン用2Wayシリコンブラシ
実売価格 15,053円(税込)*

 

4位 BRAUN(ブラウン) オーラルB PRO2000

画像引用元:ブラウン公式サイト

 

続いては大手メーカー、ブラウンの人気商品であるPRO2000です。人気だったPRO1000の後継モデルになります。

Amazonでの実売価格は5,000円程度。上位モデルと同じ3D丸型回転ですが、ブラウンの場合は上位モデルより若干劣る振動数となっています。

PRO2000:毎分約40,000の高速上下振動+毎分8,800回の左右反転運動
上位モデル(ジーニアス9000):毎分約48,000の高速上下振動+毎分10,500回の左右反転運動

フル充電までの時間が22時間と長めですが、こまめに充電できる環境であればそれほど問題ではありません。

またこちらはエントリーモデルにもかかわらずデザイン性の高いハードトラベルケースという携帯ケースが付属しています。

メーカー BRAUN(ブラウン)
モデル オーラルB PRO2000
主な特徴・機能 ・丸型ブラシ
・タイマー
・押しつけ防止センサー
・3D丸型回転(毎分約40,000の高速上下振動で歯垢をたたいて浮かし、毎分8,800回の左右反転運動で、歯垢をしっかりかき出す)
・世界の歯科医師が使用するNo.1ブランド
充電 フル充電:最大約22時間、連続使用:約7日間(1日2回、各2分間使用した場合)
サイズ 幅27×奥行34×高さ232mm ※ブラシ含む、重量:131g
付属品 マルチアクションブラシ
実売価格 4,936円(税込)*

 

5位 BRAUN(ブラウン) オーラルB ジーニアス9000

画像引用元:ブラウン公式サイト

 

PRO2000の上位モデルになります。振動数はPRO2000のところで触れたとおり、毎分約48,000の高速上下振動+毎分10,500回の左右反転運動と強力です。

またこのモデルの特徴は、スマートフォンのアプリと連動してリアルタイムで磨き残しをチェックできる「リアルタイムフィードバック」という機能が付いています。これは他社にはない、非常にそそられる機能です。

携帯ケースも「歯ブラシハンドルとスマートフォンを同時に充電できるスマートトラベルケース」というユニークなケースになっています。実売価格はAmazonで17,000円です。

メーカー BRAUN(ブラウン)
モデル オーラルB ジーニアス9000
主な特徴・機能 ・ポジション検知機能
・丸型ブラシ
・タイマー
・押しつけ防止センサー
・アプリからのリアルタイムフィードバック
・3D丸型回転(毎分約48,000の高速上下振動で歯垢をたたいて浮かし、毎分10,500回の左右反転運動で、歯垢をしっかりかき出す)
・世界の歯科医師が使用するNo.1ブランド
充電 フル充電:最大12時間、連続使用:約12日間(1日2回、各2分使用)
サイズ 本体サイズ:約幅29×奥行35×高さ241mm、重さ:本体重量:約138g
実売価格 17,475円(税込)*

 

6位 PHILIPS(フィリップス) ソニッケアー 音波式電動歯ブラシ ダイヤモンドクリーン HX9352/55

 

続いて6位はイージークリーンの上位モデルになる「ダイヤモンドクリーン」です。

ブラシ振動数はイージークリーンと同じ毎分31000回ですが、ダイヤモンドクリーンは5つの磨き方のモードを搭載しており、用途に応じて磨き方を選ぶことができます。ここがダイヤモンドクリーンの一番の売りだと思います。

  • クリーン・・・歯をきれいに
  • センシティブ・・・歯と歯ぐきにやさしい
  • ポリッシュ・・・歯をつやつやに
  • ホワイト・・・約1週間で自然な白さへ
  • ガムケア・・・歯ぐきをケア

こちらも楽天やAmazonなどのショッピングサイトで売れ筋上位にランクインしていますが、2万円超えと高額なので「本当に5つのモードは必要なのか?」慎重に考えましょう。

替えブラシも収納できる携帯ケースが付属しているので持ち運びできます。

メーカー PHILIPS(フィリップス)
モデル ダイヤモンドクリーン HX9352/55
主な特徴・機能 ・5つのモード
・音波水流
・約 31,000 ブラシストローク/分
・画期的な2つの充電方法:グラスやパソコンで充電できる
・約1週間で自然な白い歯へ
・ランプで充電池残量を表示
・照明付きディスプレイ
充電 フル充電:24時間、連続使用:約3週間
サイズ 高さ25.6×幅2.8×奥行3.1cm、135g
付属品 ダイヤモンドクリーンブラシヘッド
実売価格 17,500円(税込)*

*価格はすべてAmazon調べ(2017年7月27日時点)

まとめ

いかがでしたでしょうか?電動歯ブラシは種類が多く、機能もいろいろとあるので選びにくいですが、選び方のポイントで述べたように、「本当にその機能は自分に必要だろうか?」という点に留意して選んでみてくださいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です