ダイソン(dyson)コードレス掃除機おすすめランキングTOP5【2017年版】

Pocket

ダイソン(dyson)の掃除機は吸引力がパワフルなのに静かだし使いやすいですよね!特にコードレス型(スティック型)は電源コードのわずらわしさがないので重宝しています。

そこで、この記事ではダイソンのコードレス掃除機を比較しておすすめ順にご紹介しています。

ダイソンのコードレス掃除機の選び方

バッテリーの持ち

コードレス掃除機を使うときにポイントとなるのは何といってもバッテリーの持ち時間です。せっかくコードレスなのにバッテリーの持ち時間が短いと頻繁に充電しなければならなくなり一気に全部屋の掃除を終えられなくてストレスになります。

ゴミの捨てやすさ

ダイソンの掃除機は紙パックが不要なのが長所であり特徴でもあります。ですが、ワンタッチでゴミが捨てられないと不便です。コードレスという便利さを邪魔しないゴミの捨てやすさもポイントです。

付属品とヘッド

ダイソンのコードレス掃除機を選ぶにあたりポイントとなるのが、付属品とヘッドです。フローリングやカーペットなど通常の掃除機と同じように使えればよいのか、布団も掃除機をかけたいのか、ペットがいるのかなどによって必要なヘッドが変わってきます。

1位:ダイソン(dyson)V8 fluffy SV10FF2


ダイソンのコードレス掃除機の最新シリーズであるV8の基本形です。

  1. バッテリーの持ち:V8は連続駆動時間が約40分です。
  2. ゴミの捨てやすさ:V8はワンタッチでゴミが捨てられるようになりました。
  3. 付属品とヘッド:fluffyヘッド(ソフトローラーヘッド)、基本付属品セット、アップトップツール

まず、fluffyヘッド(フラフィーヘッド、ソフトローラーヘッド)とは、柔らかいブラシが集まって床とヘッドの密着性が高められているヘッドです。通常のカーペットやフローリングの掃除に向いている万能型のヘッドです。

フローリングやカーペットなどの部屋の掃除のみをするという場合におすすめです。例えば、ペットがいたり布団に掃除機かけをしたい場合は別途別のヘッドがついている方がおすすめです。

次に、基本付属品セットは、充電台、隙間ノズル、コンビネーションノズル、ミニモーターヘッドになります。通常の掃除には充分のセットです。

そして、アップトップツールとは、照明器具の上やカーテンレールの上など高い場所を掃除できる角度調節可能なパイプです。

通常の掃除であれば、この基本形で充分です。

>>ダイソン(dyson)V8 fluffy SV10FF2はこちら

2位:ダイソン(dyson)V8 fluffy plus SV10FFCOM2


ダイソンのコードレス掃除機V8の基本形にプラスして布団ノズル、延長ホース、ハードブラシの3つがついています。

  1. バッテリーの持ち:V8は連続駆動時間が約40分です。
  2. ゴミの捨てやすさ:V8はワンタッチでゴミが捨てられます。
  3. 付属品とヘッド:fluffyヘッド(ソフトローラーヘッド)、基本付属品セット、アップトップツール、布団ノズル、延長ホース、ハードブラシ

布団ノズルがついているので布団もこまめに掃除機をかけたい場合におすすめです。次に、延長ホースという伸びるホースがついているので本体を抱えたままで家具と壁の間や車の中などを掃除するのに便利です。そして、波戸ブラシは硬いブラシが吸い口についているので、玄関マットや車の中の砂ぼこりを払いながら吸引することができます。

このように、布団や車の中も掃除をしたい場合におすすめです。

>>ダイソン(dyson)V8 fluffy plus SV10FFCOM2はこちら

3位:ダイソン(dyson)V8 animalpro SV10ANCOM2


これは、2位のセットのヘッドが違う機種です。

  1. バッテリーの持ち:V8は連続駆動時間が約40分です。
  2. ゴミの捨てやすさ:V8はワンタッチでゴミが捨てられます。
  3. 付属品とヘッド:ダイレクトドライブヘッド、基本付属品セット、アップトップツール、布団ノズル、延長ホース、ハードブラシ

この機種ではヘッドがダイレクトドライブヘッドといって硬いブラシが少しついています。そのため、毛足の長いラグから髪の毛やペットの毛をからめとって吸引するので、ペットを飼っている場合におすすめです。

>>ダイソン(dyson)V8 animalpro SV10ANCOM2はこちら

4位:ダイソン(dyson)V8 Absolute SV10ABL2


これは、2位/3位のセットにフラフィーヘッドとダイレクトドライブヘッドの両方がついているタイプです。

  1. バッテリーの持ち:V8は連続駆動時間が約40分です。
  2. ゴミの捨てやすさ:V8はワンタッチでゴミが捨てられます。
  3. 付属品とヘッド:フラフィーヘッド、ダイレクトドライブヘッド、基本付属品セット、アップトップツール、布団ノズル、延長ホース、ハードブラシ

やわらかいブラシが密集したフラフィーヘッドと、硬いブラシが少しついたダイレクトドライブヘッドの両方がついています。そのため、小さなお子様がいて、かつペットもいる場合におすすめです。

>>ダイソン(dyson)V8 Absolute SV10ABL2はこちら

5位:ダイソン(dyson)V6 Fluffy SV09MH


前シリーズのダイソンV6シリーズのコードレス掃除機です。

  1. バッテリーの持ち:前シリーズのV6は連続駆動時間が約20分です。
  2. ゴミの捨てやすさ:前シリーズのV6はワンタッチではゴミが出てこないことがあります。
  3. 付属品とヘッド:fluffyヘッド(ソフトローラーヘッド)、基本付属品セット

前シリーズの機種のため、安く買える場合があります。充電の持ちがV8の半分程度の約20分ですが、一人暮らしの場合ならV6でも十分に掃除ができますので費用を抑えたい場合におすすめです。

>>ダイソン(dyson)V6 Fluffy SV09MHはこちら

まとめ:ダイソン(dyson)コードレス掃除機

ダイソンのコードレス掃除機では、一人暮らしなら前シリーズのV6でも十分使えます。ただし、3LDKなどになると充電の持ち時間からV8が望ましいです。さらに、アレルギーなどで布団に掃除機をかけたい場合や、ペットを飼っている場合などは付属品やヘッドを考えて選ぶと快適に使えます。

ヘッドのみを後から購入することができないので、使い方を十分考えてから購入したいですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です