【案外簡単!】ドライヤーの自治体別捨て方と3つ処分方法まとめ!

Pocket

「ドライヤーって何ゴミなの?」「捨て方がわからなくてめんどくさい」などなどドライヤーの捨て方で悩んでいる人は多いと思います。

今回は、ドライヤーの捨て方についてまとめてみました。

一般的な捨て方〜メルカリで出品のような変わった処分方法までいろいろな捨て方をまとめています。

最後まで読んで頂ければ、ドライヤーの捨て方に関する悩みが解決すること間違い無しです。是非参考にしてください。

ドライヤーの捨て方1:自治体のゴミとして処分する


ドライヤーの捨て方で最も一般的な方法は自治体のゴミとして処分する方法です。

各自治体事に捨て方が違うので調べる面倒くささはありますが、費用もかからず手軽に捨てることができます。

ドライヤーは多くの自治体で「燃えないゴミ」として分類されることが多いです。

ただし、1辺が30cmを超えるほど大きいドライヤーは「粗大ゴミ」に分類される可能性もあるため不明な場合各自治体に確認してみましょう。

また、次の表に代表的な自治体のドライヤーの処分方法が書いてあるページへのリンクを張ります。是非参考にしてください。

ドライヤーの捨て方 : 品川区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 横浜市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 板橋区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 大阪市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 大田区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 川崎市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 京都市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 台東区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 港区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 墨田区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 仙台市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 東京都北区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 東京都中央区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 名古屋市 処理方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 中野区 処理方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 渋谷区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 江東区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 足立区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 江戸川区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 荒川区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 尼崎市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 市川市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 茨木市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 宇都宮 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 岡山市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 東京都葛飾区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 川口市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 金沢市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 北九州市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 熊本 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 神戸市< 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 相模原市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 札幌市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 新宿区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 静岡市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 杉並区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 世田谷区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 千葉市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 豊島区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 西宮市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 練馬区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 広島市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 福岡市 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 文京区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 目黒区 処分方法はこちら
ドライヤーの捨て方 : 和歌山市 処分方法はこちら

ドライヤーの捨て方2:不用品回収業者で処分する


朝方から夕方にかけて「いらなくなった○○無料で回収致します」といったアナウンスを流している軽自動車を見かけたことはありませんか?

彼らは不用品回収業者と呼ばれる業者で、不要になった家電を無料で引き取って、引き取った家電を中古市場などに流すことで利益をあげる業者です。

ドライヤーも家電なので引き取ってもらえます。業者によりますが0円〜500円程度費用がかかる場合があります。

自分で調べて捨てるのはめんどうだ!なるべく楽に捨てたい!という人は不用品回収業者を使うことをおすすめします。

ドライヤーの捨て方3:家電量販店の回収BOXで処分する


家電量販店では「小型家電リサイクル法」に従って、販売した家電を無償〜有償で回収しています。

ドライヤーの場合回収費用として500円かかる場合が多いようです。

「小型家電リサイクル法」は、最終処分場に利用する土地が無い事や近年の資源不足に対応するために定められた法律で、家電のリサイクルを促す法律です。

各家電量販店では、この「小型家電リサイクル法」に従って回収した家電を適正な集積所に引き渡しています。

不用品回収業者は、引き取った家電を環境負荷の高い方法で、不法に処分している業者も多いようです。

そのため、環境意識が高い人は家電量販店や自治体経由で家電を処分することをおすすめします。

ドライヤーの捨て方4:フリマアプリで処分する


メルカリやフリルなどのフリマアプリで処分する方法もあります。

調べてみると、ドライヤーの場合500〜5000円程度で販売されている場合が多いですね。

特に、ナノケアドライヤーやヘアビューザーなどの高級ドライヤーは需要があるため高値で取引されています。

フリマアプリを使う場合梱包や発送などの手間はかかります。ですが、運が良ければランチ代くらいは稼げるのでおすすめの処分方法の1つです。

リサイクルにも繋がる方法なので、発送ややりとりの手間が面倒出ない人は是非フリマアプリを試してみてください!

まとめ

今回は、各自治体別のドライヤーの捨て方とその他3つのドライヤー処分方法について紹介しました。

今回紹介した方法の中でも特におすすめなのが「自治体」「フリマアプリ」の2つです。

不用品回収業者はあまり良い業者が多く無いようで、中には必要以上のお金を取る業者もいるのでおすすめしません。

また、家電量販店は自分で足を運ぶ必要があるので手間がかかります。そのため、自治体での処分に比べてめんどうなのでおすすめしません。

家電量販店に用事があるときについでに持っていくのは効率が良くて良い方法だと思います。

個人的には、「フリマアプリ」を使ったドライヤーの処分は不要品の有効活用になるため最もおすすめの方法です。

自分が不要になったドライヤーを他の必要な人に喜んで使ってもらえたらとってもうれしいですしね!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です