子犬や老犬が突然!?犬がドッグフードを食べない時の原因や対策方法

Pocket

愛犬が急にドッグフードを食べなくなった時って犬を飼っている方の一番の心配だと思います。今まで元気にドッグフードを食べてくれていたのに「全く食べない」や「少しだけ残す」など、そして犬の体調不良があったり下痢や嘔吐など体調が悪そうで元気がないこともあります。

お腹が空いてくる時間なのに食欲がないなど、食欲不振が病気の前兆だったりということも考えられるので犬がドッグフードを食べない理由を知ることが重要になってきます。

では、なぜ「犬がドッグフードを食べない」のかを原因と対策方法を徹底的に調べてみました。愛犬がドッグフードを食べない時の参考になれば幸いです。

犬がドッグフードを食べない時はどうすれば良いのか?

犬がドッグフードを食べない時に最も心配な事は体調が良くない時です。いつもより元気がないと思った時は体調の変化をチェックしてあげることが大切です。

子犬の場合は生活環境の変化でドッグフードを食べなくなることもあります。そして老犬になってくると消化管の働きも弱くなり今までの与え方ではドッグフードの粒が大きすぎて食べにくいことも考えられます。

  • ドッグフードに飽きてしまっている
  • 運動をせずお腹が空いていない
  • 今は食べたくないから食べない
  • おやつが食べたいからドッグフードはいらない
  • 季節の変わり目でお腹の調子が少し悪かった

犬のわがままなどでドッグフードを食べないならまだいいですが、そのまま放置していると実は病気だったりと大変な事になる可能性もあります。犬と飼い主の関係性がしっかりとある場合は「わがままを言ってる」「普段と様子が違う」などすぐにわかるので普段からの関係性がとても大切になります。

ドッグフードを食べないからと言ってすぐに獣医師に診察してもらわないとダメなのかというとそうでもなく、1~2日くらい様子を見て、それでもいつもと違う場合は診察してもらいましょう。

子犬(パピー)がドッグフードを食べない時の原因と対策方法

子犬がドッグフードを食べない原因を調べてみましたのでご参考になれば幸いです。

子犬から成犬への成長時で成長スピードが緩やかになってきた

子犬の成長スピードが速い時は、ドッグフードの食いつきがすごいですが、成犬へ近くなってくると1日の必要なカロリー量が少なくなってきます。1日のカロリー量が減ってくるとドッグフードの食べる量も比例して少なくなります。目安としては生後5~7カ月くらいで食べる量が減ってくることが多いです。

知らずに与えすぎると肥満になりやすいので犬の身体の負担になってしまいます。カロリー摂取量が増えすぎダイエットが必要になる場合もあるので無理な与えすぎは注意しましょう。

子犬でも反抗期がある?

子犬が6カ月を過ぎ成犬に近づいていくと、犬の反抗期がある子もいます。子犬であっても主従関係を意識し始めるのがこの頃になります。なので子犬がドッグフードを食べないからといって無理にドッグフードの切り替えをしたり、ドッグフードにトッピングしたりおやつを与えるなどしてしますと悪影響でわがままになってしまいます。

この時期に人と犬の関係性をしっかり確認させることも大切なことです。ここで甘やかして犬の言いなりなってしまうと老犬になった時の身体の異変に気付くことが難しくなる場合もあるので、子供(子犬)の時からある程度のしつけは大切です。

体調不良が原因でドッグフードを食べない

いつも動き回っているのに元気がなくドッグフードも食べないという時は体調不良が原因の可能性があります。消化管内に回虫や条虫などが多数寄生すると食欲不振が起こります。いつもより元気がなくドッグフードを食べない場合は獣医師に診察してもらってください。

成犬(アダルト)がドッグフードを食べない時の原因と対策方法

次は成犬がドッグフードを食べない時の原因を調べてみました。

ドッグフードの切り替えを行った場合

成犬用のドッグフードに切り替えた場合に食べないことがあるようです。粒の大きさや厚みなど噛み応えやドッグフードのニオイが原因で一時的に警戒している場合があります。この場合は一度、最初のドッグフードに戻し、切り替えたいドッグフードを少しずつ混ぜて与えるようにしてください。

ドッグフードの切り替え時のポイントは、新しいドッグフードを少しづつ混ぜて徐々に慣らしてあげる必要があります。切り替え時は新鮮な水もしっかりと飲めるようにしてあげることも大切です。

ドッグフードには子犬用など年齢によって分類されているものや、全年齢対応のドッグフードがありますが基本的にはどちらでも構いません。プレミアムドッグフードの場合は全年齢対応の商品が多く、給与量を調整するだけで全年齢に対応しているものが多いですし、慣れたドッグフードで健康的な身体を維持するための新鮮な原材料や成分値が素晴らしいのでおすすめです。

消化器疾患が原因で食べない場合

急性胃腸炎や消化管内寄生虫、膵炎などが原因の可能性があります。急性胃腸炎や消化管内寄生虫の場合は点滴や薬で治療が可能です。急に元気がなくドッグフードを食べなくなった場合は体調不良の可能性があるので動物病院で診てもらってください。膵炎が原因の場合は最悪の場合、命に関わるので、いつもと様子が違う時はすぐに獣医師さんに診てもらってください。

老犬(シニア)がドッグフードを食べない時の原因と対策方法

次は体調の変化が多い老犬がドッグフードを食べない原因を調べてみました。

老化が原因でドッグフードを食べない

一般的に犬は7歳ごろから老化が始まります。この頃になってくると、粒の大きさや硬さが原因で「食べにくい」や「飲み込みにくい」など老化現象の影響で唾液の分泌が少なくなり食べないことがあります。カリカリのドッグフードを少しふやかしたり砕いたりと工夫が必要になる時期でもあります。

そして無理にではなく少しづつ老犬用の食事に切り替えてあげることが重要となってきます。老犬というほど年を取っていないと思いますが、胃腸などの機能や代謝量は確実に低下しているのでカロリーや脂肪が多いドッグフードだと消化しづらく、運動も少なくなった老犬には肥満食となってしまう恐れがありますので注意してあげましょう。

また、歯周病や歯槽膿漏で歯のぐらつきが起こり、痛みから食べないこともあります。歯石やぐらつきのある歯は抜歯など口腔内の環境を整えてあげましょう。

消化器疾患が原因で食べない場合

老犬になってからドッグフードを食べないという症状で多いのが消化器疾患が原因ということがよくあります。消化器疾患で最も多いのが急性胃炎です。これは老犬や高齢犬になってくると、胃の粘膜が炎症をお越こすことから胃の内容物を繰り返し吐くことがあります。そして水を飲んでも嘔吐を繰り返すこともあります。結果として脱水症状を併発してしまいます。

老犬などの高齢犬は傷んだドッグフードや水、異物などを食べてしまうことで急性胃炎になりやすく、最悪の場合は死に至る場合もあるので注意しなければなりません。春から秋頃はドッグフードが傷みやすい時期でもあるので暖かい時期は要注意しましょう。また、こまめに新鮮なお水を換えてあげることも大切です。老犬がドッグフードを食べない場合は、ドッグフードの痛みや新鮮さがなくなっている場合があるので保存容器や保存方法も注意しましょう。

老犬がドッグフードを食べない時の3つのポイント

老犬にはどんなドッグフードを選んであげたらいいのかを3つのポイントでご紹介します。

質の良い動物性タンパク質のドッグフードを選ぶ

老犬用のドッグフードで低タンパク質と表記のドッグフードがありますが、老犬でも子犬でも犬にとって必要なエネルギー源は質の良い動物性タンパク質を摂取することでバランスよく必須アミノ酸を吸収できるよう高タンパク質の食事をしましょう。最近の研究で老犬は成犬以上にタンパク質が必要だということがわかってきました。間違っても植物性タンパク質では栄養価が足りないので質の良い肉類を使った動物性タンパク質が大切です。

低脂肪・低カロリーのドッグフードを選ぶ

老犬になってくると成犬の頃に比べると食べる量が減ってきます。なので成犬と同じようなドッグフードや同じ給与量を与えていると肥満になり心臓や関節に負担を与えてしまいます。肥満が原因で様々な支障を与えることがあるので低脂肪で動物性タンパク質が多い消化しやすいドッグフードが大切です。

ドッグフードの与え方にも工夫が必要

老化が進んでくると消化が悪くなる傾向にあります。ドッグフードをお湯やヤギミルクでふやかしてあげるなど軟らかい食事にしてあげることも大切です。ふやかすことにより脱水症状の予防としても効果があります。老犬は喉の渇きを自覚しにくくなることがあるため、水分を含まして食べさすこともポイントです。

そして台の上などに食器を置いて頭を下げずに食べられるように工夫してあげることもおすすめです。老犬になってくると頭を下げる行動が負担になることもありますし、ドッグフードが楽に胃に飲み込む姿勢を作ってあげることも大切です。

犬種別でドッグフードの食いつきが悪い時に試してほしい方法

犬種によっては食べムラが多い犬、好き嫌いが多い犬、短頭種の犬などそれぞれに特徴があります。犬種別に食いつきが悪い時に試してほしい方法をまとめてみましたのでご参考になれば幸いです。

トイプードル・チワワ・マルチーズ・パピヨン・ヨークシャテリア・ポメラニアンなど

小型犬で食べムラの多いのが、トイプードル・チワワ・マルチーズ・パピヨン・ヨークシャテリア・ポメラニアンなどです。ドッグフードの粒が大き過ぎるなど食べにくいと判断すると食べムラの可能性が出てきます。小さめで厚みも薄めの小粒タイプのドッグフードが向いています。

身体の小さい小型犬は小食で間食(おやつ)を要求(遊び食い)する犬種が多くすぐに満腹になりやすいです。遊び食いの延長でコング(おもちゃ)の中にドッグフードを隠したりして食べさすという工夫もいいかもしれません。

一番理想的な方法は、おやつを止めてお腹を減らす習慣をつけてあげることも大切ですし、散歩など運動をすることもおすすめです。ドッグフードを食べる時間を決めて毎日の習慣をつけてあげましょう。ドッグフードを食べない時は食器を片づけることもおすすめです。食べないからとふりかけなどをトッピングするのは良くないので少し温めるなどニオイで食欲を出してあげることも効果的です。

コーギー・柴犬・ダックスフント・ハスキーなどの犬種

コーギー・柴犬・ダックスフント・ハスキーなどの犬種は頑固でドッグフードを食べなくなったら一筋縄ではいかないでしょう。気が強く力も強く思い通りにしようと唸ったり、噛んだりされることもあるので注意しましょう。これらの犬種がドッグフードを食べない時はしっかりと運動することやストレスを発散させてあげることが効果的です。

コーギー・柴犬・ダックスフント・ハスキーなどの犬種は、太りやすい性質で動くことを嫌ってダラダラし始めるとすぐに脂肪がつき太ってしまいます。運動をしないことで新陳代謝が落ち空腹感を感じなくなってしまいます。

こちらの犬種もドッグフードを食べる時間を決めて毎日の習慣をつけてあげましょう。ドッグフードを食べない時は食器を片づけることもおすすめです。飼い主に威嚇してきても屈しない強い態度で接してあげることも時には必要です。

パグ・フレンチブルドッグ・ボストンテリア・ブルドッグなどの犬種

短頭種の犬は基本的には食べるときに苦労してしまいます。口が横に広がっていることもありますが、ドッグフードを拾い上げにくい事が多く見られドッグフードを食べないことがあります。

食べやすいように台を作ってあげたり、お皿の形を食べやすい形状のお皿に変更してあげたり、ドッグフードに少し水を入れて与えたりとドッグフードに少し工夫してあげると食べてくれたりします。

犬がドッグフードを食べない時に与え方の工夫で改善する6つの方法

①ドッグフードを食べなかったら食器を片付ける

ドッグフードを与えるときに食べるまでそのままにしていませんか?犬も考える能力があるので「お腹が空いていないから後で食べよう!」など犬のわがままで食べないことが原因かもしれません。

なので10分くらい様子を見て食べない場合は食器を片付けるようにしましょう。ドッグフードを食べなかったら片づけられるということを学習させると、食べるタイミングを理解してくれます。この時に注意してほしい事は飼い主もしっかりと与える時間・片づける時間を守ってあげお互いの関係性を大切にしましょう。

②しっかりと運動をさせる

室内犬や老犬(高齢犬)など家の中で寝ていることがあるのですが、一日中家の中で運動もせずにいると消費カロリーが少なくお腹が空かないことがあります。

毎日散歩はちょっと難しいという方にはおもちゃなどで遊んであげ運動量を増やしてあげてください。ドッグフードを与える1時間前などに散歩や遊んであげるといつも通りの食欲に戻ることがほとんどです。

③毎日のおやつを止めてあげる

人間と同じように犬におやつを与えるということは良くありません。犬用のおやつはカロリーが高いので習慣性で与えると肥満にもつながります。おやつを食べることでお腹が減らずにドッグフードを食べないということもあります。

また、人間用の食べ物を犬に与えることもNGです!人間用の食べ物は味付けが強いので犬が食べるとその味に慣れてしまい自分のごはんを食べなくなることもあります。人間用・犬用に関わらずおやつの成分には健康的なリスクが出てしまう恐れもあるので気をつけてあげましょう。

④ドッグフードのニオイが原因の可能性

犬がドッグフードを食べない時はニオイが原因の可能性があります。犬は味覚を感じる能力が劣っていますが、嗅覚は人間の5~70倍もあると言われています。ドッグフードを温めてあげるとニオイを強く感じるようになります。

ここで注意してほしいことは温め過ぎで焦げニオイや火傷に注意してあげてください。電子レンジやドライヤーで温めてあげるといいでしょう。

⑤ドッグフードの味と質感が原因の可能性も!

犬の味覚はかなり劣っていると言いましたが、アミノ酸と甘味には敏感ということが食べない原因かもしれません。アミノ酸が豊富な良質な動物性タンパク質が多い肉原材料を使用しているドッグフードに切り替えてあげると良いでしょう。

犬は口当たりの質感というのも大切で、ドッグフードの「硬さ・弾力性・粘着性」が影響している場合もあります。食いつきが悪い場合はカリカリを粉砕したり、ミキサーに少しかけたりと試して与える方法もあります。

⑥犬がわがままを言っている場合

犬は飼い主を選べません。「住むところ・食べるもの・自由に遊びたい」など飼い主がしてあげないと出来ないことばかりでストレスやわがままになっている可能性でドッグフードを食べない抵抗をしていることもあります。

犬がドッグフードを突然食べなくなるケースには「ドッグフードが飽きた」「食べる前に構ってほしい」「散歩に行きたい」などわがままを言っている可能性があります。また、メス犬の場合は生理中(ヒート)の前後は食欲がなくなることもあります。逆にメス犬に興奮したオス犬が食べなくなることもあります。

こういう時は犬の健康状態にもよりますが、様子を見ながら断食してみてください。犬は2日くらいならご飯を食べなくても大丈夫(元気な時)なので新鮮な水をしっかりと補充しながら試してみてください。明らかに元気がない場合などは獣医師に相談してみてもいいでしょう。

犬がドッグフードを食べない時に考えられる病気

ドッグフードを食べない時は、ただ単に食べないだけならいいのですが、体調不良で食べない場合もありますので愛犬の体調や様子をしっかりとチェックする事が大切です。日頃から愛犬の様子をチェックしてあげましょう。

ドッグフードを食べない時のチェック項目

  • 3日ほど様子を見ているが全く食べない
  • 吐こうとするが全然出ない
  • 呼吸の音がいつもと違う(いつもより速いなど)
  • 食欲がない日が続いている
  • 痩せてきた、毛艶が悪い
  • 嘔吐や下痢をする
  • 血尿が出ていないか?
  • ぐったりしている
  • 口臭が普段よりきつくないか?
  • 1日に何度もトイレをする回数が極端に増えた
  • 尿の量が少なすぎないか?
  • 口内が腫れていないか?
  • 手足がむくんでいないか?
  • お腹を触れることに嫌がらないか?
  • 便をしようという素振りだけで全然でない
  • 大量のよだれが出ていないか?
  • 便が全然でない

このような症状の場合はすぐに獣医師に相談しましょう。犬は1~2日くらいはドッグフードを食べなくても大丈夫なのですが、3日もドッグフードを食べないというのは体に異変が起こっている可能性があります。

獣医師に相談する時は愛犬の体調変化をメモしていると診察の役に立ちますのでしっかりとチェックしてあげましょう。

例えば・・・

  • いつからドッグフードを食べていないか?
  • ドッグフードは食べないがおやつは食べる
  • 与えているドッグフードの名前や種類
  • 最近ドッグフードを切り替えたことがあるか?

などを記録して診察の情報として獣医師さんに伝えましょう。

犬がドッグフードを食べない時に考えられる病気

  • 内臓疾患(慢性胃腸炎)
  • 内分泌疾患
  • 心疾患
  • 嗅覚の衰え
  • 呼吸器疾患
  • 門脈体循環シャント
  • 体調不良・体力衰退など
  • 老化による免疫低下
  • 愛犬の口の中が原因(口内炎・歯周病など)
  • 誤飲誤食(消化管内異物)
  • 生理中や繁殖期が原因など

犬がドッグフードを食べない時のまとめ

犬がドッグフードを食べない原因は様々な要因があります。犬がわがままを言って食べない場合も多いので、犬と飼い主の関係性が大切ですね。この関係性ができていたら犬の体調異変がすぐにわかることも多いです。

また、ドッグフードの原材料や成分などでも食べないことがあります。ドッグフードの原材料が犬の身体に害を及ぼす成分もあるので普段からのドッグフード選びもしっかりと考えないといけません。ドッグフードの選び方で大切な事は、「良質な動物性タンパク質が豊富」「無添加」「グレインフリー」この3つのポイントが揃っているドッグフードが特におすすめです。

愛犬が長生きしてくれることが一番うれしい事なので、普段から体調管理や良質な食生活(ドッグフード選び)を考え大切な愛犬とよりよい関係性が築ければいいですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です