嘘?犬のドッグフードは手作りで自然食レシピが良いって本当!?

Pocket

犬のドッグフードは手作りがいいのか疑問に思っている愛犬家のみなさんも多いと思います。ドッグフードに使用されている粗悪な原材料(添加物・穀物など)によって犬がアレルギーを引き起こす可能性もあるので大切な家族(愛犬)が健康的で元気に長生きする為には手作りで自然食レシピが本当にいいのかをご紹介していこうと思います。

ドッグフードは手作りが本当に良いのか?

ここでは愛犬のドッグフードは本当に手作り食がベストなのかをメリットとデメリットで解説しています。今まで与えていたドッグフードから100%手作りドッグフードに切り替えるとなると疑問や問題がたくさん出てきますし、注意しないといけないこともあります。

手作りドッグフードのメリット

  • 犬の健康状態を把握し必要な栄養素を吸収できる
  • ライフステージ別に適切な栄養素を吸収できる
  • 愛犬がアレルギーになりやすい食材を排除できる
  • 無添加で自然食を食べさすことができる
  • 市販のフードでは難しい新鮮な肉類を活かした酵素を吸収できる
  • ドライフードでは不足がちな水分量をしっかり吸収できる
  • ドッグフードを食べない時にトッピングとして工夫できる

手作りドッグフードのデメリット

  • 手作り食レシピを毎日考えないといけない
  • 長期保存ができない(冷凍しても解凍時間が大変など)
  • 旅行中や動物病院で入院中の場合は手作りできない
  • ドライやウェットドッグフードを食べなくなる
  • 誤った認識で手作りしている場合がある

手作りドッグフードのメリットとデメリットのまとめ

手作りドッグフードは愛犬の体調変化やライフステージ別にその時の状態によって最善な栄養素を取り入れることができるので添加物やアレルギー物質を気にしなくてもいいところが本当に理想です。

ただ、手作りドッグフードのデメリットでもご紹介した通り毎日の献立を考えないといけないことや栄養素もしっかりと考えて手作りする必要があり栄養の摂りすぎで肥満になったり、栄養が無さ過ぎてやせ細くなる事もあります。常に手作りドッグフードを与えることが可能な場合はおすすめですが、毎日が負担になる場合や中途半端に与えてしまうとカリカリのドッグフードを食べてくれなくなる可能性も考えられます。

手作りドッグフードの自然食が良い理由

犬のドッグフードでは自然食の手作りが理想的です。手作り食の最大のおすすめポイントは愛情いっぱいの安全な食事を与えることが出来ることです。犬の身体も人間と同じように食べたもので作られます。自然食が良い理由として、自然に近いナチュラルな食材を食べることによって、粗悪な添加物やアレルギーを引き起こしてしまう食材を避けることが出来ます。そして何より食べ物の生きたエネルギーを吸収できます。

毛艶が便の調子が悪い犬、口臭や体臭が気になる犬、肥満対策をしている犬が市販のドッグフードで改善しない場合などに特におすすめの食事が自然食(手作り)だと思います。また、皮膚の状態が悪くアレルギー症状が改善しない子にも、愛犬にあった食材を使用することによって体調が良くなることもあります。

手作りドッグフードは少し手間暇が掛かってしまいます。ですが、犬の体調が良くない時や市販のドッグフードでも改善しない場合などに試して見ると意外と体調が良くなることもあります。

手作りドッグフードを作る前に用意する食材と豆知識

犬の手作りドッグフードを作る前に知っておきたい「6つの栄養素」をご紹介します。犬の6大栄養素には「タンパク質」「炭水化物」「ビタミン」「脂質」「ミネラル」そして最後に「水」に分かれています。

タンパク質が豊富な食材は身体を作る

タンパク質には「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」の2つがあります。軟骨・靭帯・筋肉・皮膚・毛・爪・血液中の成分・酵素・ホルモン・種々の対内分泌物など犬の身体は対外から食べ物としてタンパク源を補給します。そして身体の組織の修復や新しい細胞を作るためタンパク質に含まれているアミノ酸が不可欠です。

そしてアミノ酸を補充するためにはタンパク質の質が大切で、どれだけ効率的に体に役立つかということです。質の良いタンパク質とは新鮮な肉類などの動物性タンパク質ということが重要になってきます。

動物性タンパク質は消化吸収が良く犬に必要な栄養素が最も多く含まれています。調理方法としては脂肪分が多いので煮込みや加熱処理が必要な食材です。生でも食べられる新鮮な肉の場合はそのまま表面を炙ってあげると酵素などを摂取できます。

鶏肉 牛肉 豚肉
消化吸収率が高く(ささみや胸肉) 亜鉛が豊富で嗜好性が高い 加熱が必要でビタミン豊富
ラム肉 馬肉 レバー(鶏・豚・牛)
低カロリーでビタミン豊富 鉄分が豊富で低脂肪 ビタミンが豊富
白身魚 青魚
消化吸収が良くビタミンが豊富 消化吸収が良く低脂肪  タウリンやEPA・DHAが豊富

炭水化物はエネルギー源となる

炭水化物は犬のエネルギー源で、胃腸機能を刺激する役目を持っています。炭水化物の代表的な食材は、穀物や野菜・果物となりエネルギーを供給しエネルギーを貯蔵し熱を作り出します。ただ注意してほしいことは繊維質が豊富なことで消化に優れた食材ではないのでじっくりと煮込んであげることで消化を助けます。

また炭水化物を摂りすぎると肥満になるので炭水化物メインの手作りドッグフードにも注意してあげましょう。穀物アレルギーを持っている犬にはその穀物を使用しないように注意してあげましょう。

炭水化物のおすすめ目安 お肉3に対して炭水化物を1~2くらいの割合がおすすめです。

玄米 白米 大麦
念入りに加熱が必要でビタミンが豊富 消化は良いが摂りすぎると太る 念入りに加熱が必要で食物繊維が豊富
サツマイモ ジャガイモ アワ
食物繊維が豊富で皮付きで蒸すのが良い 消化は良いが摂りすぎると太る 低カロリーでビタミンBが豊富
キビ うどん ヒエ
低カロリー・高タンパク 消化に良い  食物アレルギーになりにくい

脂肪は重要なエネルギー源となる

人や犬にとって重要なエネルギー源なのですが、手作りドッグフードに使うとビタミンの吸収と食欲の増進に効果が期待できます。脂溶性ビタミンA・D・Eの吸収を助け、タンパク質だけではなく脂肪もかなり食欲を向上させます。

脂肪には犬の身体の機能を正常にする効果にも期待ができます。魚に含まれる脂肪酸やエゴマや亜麻仁油などは脳や網膜を活性化します。これらの成分にはオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸が豊富に吸収できるので身体の機能を正常にする効果があります。

酸化していたり、保存状態の悪いドッグフードを食べている犬は、必須脂肪酸欠乏症になりやすいので注意してあげましょう。ミニチュアシュナウザーは高脂血症になりやすい犬種なので脂肪分を多く取らせないようにしましょう。

鶏皮 胡麻油 キャノーラ油
ビタミンKが豊富 セサミンが豊富で嗜好性にもOK ビタミンE・Kが豊富
オリーブオイル コーン油 ベニバナ油
酸化を防ぐ効果に期待 α-リノール酸・オレイン酸が豊富 ビタミンKが豊富
エゴマ 亜麻仁油
α-リノール酸が豊富 α-リノール酸・タンパク質が豊富

身体の調子を整えるビタミン

メーカーによって配合は異なりますが市販のドッグフードには何かしらのビタミンが含まれているのですが、手作りドッグフードでも野菜や果物などからビタミンを摂取してあげることが大切です。

ただ野菜・果物などは繊維質が多く犬の消化を妨げることが多いので細かく刻んであげるか、フードプロセッサーなどでさらに細かくしてあげた方が消化には良いです。

大豆などの豆類は植物性タンパク質を含み消化しにくいので良く煮込んであげるといいでしょう。納豆や豆腐などの発酵食品を取り入れ酵素を吸収する方法もおすすめです。果物はカリウムの補給にも効果的なのですが、摂りすぎると糖質が多いため太ったり下痢を引き起こしてしまう恐れがありますので控えめにしましょう。

にんじん かぼちゃ ブロッコリー
ビタミンA、カロテン(抗酸化作用) ビタミンE・C、カロテン ビタミンC・E・K、カリウム、葉酸
きのこ ほうれん草 パプリカ
ビタミンD、ナイアシン、葉酸 カロテン、ビタミンC・E、葉酸 ビタミンB2
バター 小松菜 胡麻
ビタミンA ビタミンA ビタミンB6

 

脂溶性ビタミン ビタミンA 目、毛、皮膚、粘膜、歯の健康に重要
ビタミンD ビタミンDが足りないと骨軟化症や骨粗鬆症になりやすい
ビタミンE 老化を防ぎ、細胞膜を健全にします。ビタミンEが欠乏すると、骨格筋の機能障害や生殖能力の低下、免疫系の機能障害になります。
ビタミンK 出血を抑える役目を果たしているので、ビタミンKが足りないと出血傾向となります。例えば打撲などでも内出血を起こしやすいです。
水溶性ビタミン ビタミンB 酵素として働いたり、酵素の働きを助けます。魚介類にはチアミナーゼというビタミンB複合体を分解する酵素が入っているので魚介類を生で与えすぎないようにします。
ビタミンC 毛並みや皮膚にハリと弾力を与え、若さを保ちます。

身体機能の維持・調整にはミネラル

昆布やひじき、わかめ、乾燥した海産物などは食物繊維やミネラルが豊富でなのですが、そのまま人間と同じように犬に与えると塩分が高いので一度煮て塩分を抜いて与えましょう。塩分を摂りすぎると腎臓や心臓に負担が掛かってしまいます。

乾燥さくらえび 昆布 ひじき
カルシウムが豊富 ヨウ素が豊富 ヨウ素が豊富
煮干し ちりめんじゃこ かつお節
カルシウムが豊富 カルシウムが豊富 DHA・EPAが豊富
チーズ類 卵黄 干しのり
カルシウムが豊富 リンが豊富 カリウムが豊富

必要不可欠な栄養素は水

水は最も重要な栄養素です。犬は体内のグリコーゲンと貯蔵脂肪の大部分、またタンパク質の約半分を失ったとしても生きていられますが、体内の総水分の10%が失われると危篤状態になり、15%が失われると死んでしまいます。

  • 体の中に入った物質が体内を移動するのに役立つ
  • 体の中の化学反応に利用される
  • 体温調整に役立つ
  • 体に形や弾力を与えている

水には大きく分けると4つの役割があり、1日に必要な水分量はドライドッグフードの必要エネルギー量と同じといわれています。体重が10kgの犬の1日に必要なエネルギー量が592kcalだったら、1日に必要な水分量は592mlになります。もちろん冬場などの気温が低い時期は水分量は減ります。

犬に与えてはいけない食材

犬の手作りドッグフードを作る前に知っておきたい「与えてはいけない食材」をご紹介します。与えてはいけない食材を知らないで使用していると命に関わることがありますので注意しましょう。

ネギ類 ニラやニンニクなども含むネギ類は「アリルプロピルジスルフィド」という成分が含まれています。犬がこの成分を含んだ食物を食べると赤血球を破壊されてしまいます。敏感な犬の場合ネギ入りの味噌汁の汁をひとなめしただけでも、真っ赤な尿が出るとともに貧血を起こします。最悪の場合も考えられますので動物病院で診察してもらいもしょう。
鶏や大きな魚の骨 犬は小さな骨くらいなら胃酸で溶かしますが、大きめの骨や噛み砕いた骨は食道や胃、腸を傷つけることがあります。最悪の場合、急性腹膜炎を起こし短時間で死に至ることがあります。
水を吸って膨らむもの 乾いた状態の干しアンズなどをお腹に入れると、胃液を吸って数倍に膨れ上がります。胃が膨れ上がり胃拡張をお越し、程度にもよりますが最悪の場合、胃拡張のショックで死に至ることもあります。
膨らみさらに毒性のあるもの レーズンは膨らむ以外にも腎臓への毒性があることがわかっています。レーズンは糖分が高く味も濃いため胃炎を起こしやすいのも問題です。類にする生のぶどうにも注意しましょう。
キシリトール 犬用のおやつなどにも入っていたりしますが、犬にとっては肝臓毒性があります。人が食べるキシリトールガムの場合、わずか数枚でも危険との報告もあります。
チョコレート、ココア、ナッツ類 こちらも中毒の原因となり、嗜好性も高いので与えないように注意しましょう。
タコ・エビ・イカ・貝類 生で与えてしまうとビタミン欠乏症になる場合があります。イカなど特に消化が悪いので与えないでください。乾燥スルメでも丸呑みして腸閉塞の原因になることがあります。
加工食品(ハム・かまぼこなど) 人の為に作られた加工食品は、塩分や香辛料が多く使用されているため、腎臓や心臓、胃腸の負担になります。
調味料(塩、砂糖など) 犬には特に必要ありません。過剰な味付けは健康を害します。香辛料の場合は刺激が強すぎて胃腸障害の原因となります。

簡単に手作りできるドッグフードの作り方

手作りドッグフードの作り方でポイントとなるのが、肉や魚などの動物性タンパク質をメインにレシピを考えるだけなので意外と簡単だったりします。メインの動物性タンパク質が豊富な肉類にバランスよく野菜・果物などを使って作ってあげると良いでしょう。

注意してほしいことは、素材そのままの原型が残っているものなど見た目は綺麗なのですが、犬の消化の事を考えるとよくありません。特に野菜など固形の形が残ったままだと消化できないので、ミキサーで粉砕するなど加工してあげることが大切です。また、見た目はよくないですがこの方が必要な栄養素を吸収しやすくなります。

基本的に使用する材料のバランスは動物性タンパク質:野菜:炭水化物=3~5:3~5:1~3が理想です。年齢や体調の変化、活動量、アレルギー体質などによって調整してあげましょう。

動物性タンパク質 野菜やフルーツなど 炭水化物
3~5 3~5 1~3

手作りドッグフードについてのまとめ

今回は手作りドッグフードについて調べてみました。犬の健康の為に手作りドッグフードを作られている方も多いですね。しかし高品質なドッグフードと比べてみると時間が掛かったりと、なかなか始められない方や続けることが出来ない方も多いみたいです。

絶対に、手作りドッグフードが良いのか?と言われると疑問に思うこともあります。最近では高品質なドッグフードも数多く発売されていて栄養バランスはもちろんなのですが、高品質な原材料を使用したコスパが優れたドッグフードもあります。

週に2日くらいは手作りで、後の5日は高品質ドッグフードを利用するという方法もあります。なので手作りが負担にならないようにトッピングから始めても良いと思います。

「絶対に手作りにすると決めつけない」「高品質ドッグフードと併用する」など気楽に手作り食ドッグフードを始めてみると良いかもしれませんね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です