涙やけや皮膚などアレルギー症状はドッグフードが原因だった!?

Pocket

犬にも皮膚炎であったり涙やけ、食物によってアレルギーを引き起こしてしまうことがあります。これはドッグフードに入っている原材料が原因の場合があります。また、チキンが主原料で他の肉類を使用していないドッグフードを食べ続けている場合や穀物の食べ過ぎによってアレルギーになってしまう事もあります。

犬がアレルギーになる原因は免疫力低下によることが多く、免疫バランスが崩れてしまうと様々な病気になるリスクが高くなると言われています。

愛犬にアレルギー症状が見られたらまずドッグフードを見直してみることも大切で、愛犬にあったドッグフードを見つけることができたら劇的にアレルギー症状が改善されることも多いです。

どんなドッグフードを選べばアレルギーの対策になるのか?改善しやすいのか?を徹底的に分析して調べてみましたのでご参考になれば幸いです。

アレルギー対応ドッグフードの正しい選び方で3つの重要ポイント

犬を飼う上でドッグフードは重要な存在です。特にアレルギー体質の犬は、なるべく添加物の少ないような食品を選ばなければかゆみなどの症状が出てくることもあります。犬は人の体よりも小さいので、食べるもの(ドッグフード)には十分注意する必要があるため、ドックフードの選び方を怠ってしまうとアレルギーが出やすい体質になってしまう事もあります。

穀物の多いドッグフードはアレルギーになりやすい

犬は穀物などの炭水化物を消化しにくい体の構造になっているので、穀物をたくさん使用しているドッグフードでは消化吸収率もさがり穀物アレルギーになってしまうことがあります。主原料に穀物を使用しているドッグフードを長年食べ続けるとアレルギーになりやすいです。大切な事は過剰摂取が体に害を及ぼすので、犬の食生活に会った必要最低限の穀物かグレインフリーのドッグフードを選ぶことをおすすめします。

消化吸収が良い良質な肉原材料を使用したドッグフード

選ぶ際の基準は原材料が何かをしっかり把握することが一番重要です。そしてできるだけ適度なカロリーで高たんぱく質なものは健康を維持するためにも効果的になります。脂肪分や糖質を多く摂ってしまうと当然肥満体質に陥り、糖尿病などのリスクも高まります。

良質な肉原材料を使用した動物性タンパク質が豊富なドッグフードは、消化吸収率が優れているので消化器官が短い犬におすすめで効率の良いエネルギー源として使用するようにできています。逆に穀物が多い植物性タンパク質が多い場合は栄養バランスを崩しアレルギーを引き起こすリスクが高くなります。

大切な事は良質な肉類を使用した動物性タンパク質が豊富なドッグフードを選んであげることが大切です。

サーモンやニシンなどのEPAが豊富なドッグフード

EPAの研究が重ねられてアレルギー体質を改善されたことが報告されるようになりました。サーモンやサーモンオイル・タラ・ニシンにはEPAが豊富でアレルギー症状を改善する効果に期待ができそうですね!ただEPAを摂取してすぐに効果があるのかというとそうではなく、毎日の積み重ねが大切なようです。

ドッグフードを選ぶ際はEPA(オメガ3必須脂肪酸)が含まれているかなど成分値をしっかりと確認して選んであげましょう!

良質な動物性タンパク質をしっかり摂ることで、犬でも新陳代謝が高まって健康な体を維持できると言われています。

またアレルギーを持っている犬はより敏感なため、添加物などの少ないものを選ぶことで症状が治まる可能性もあります。皮膚が延焼している場合はドックフードの選び方が間違っているサインでもあります。無添加の物を選ぶことも大切です。

アレルギー対策におすすめのドッグフードを比較

穀物不使用

◎=不使用

肉原材料 粗悪な添加物

◎=安全

カナガン チキン
モグワン チキン・サーモン
ファインペッツ極 アヒル肉・ニシン
ナチュロル 牛・鶏・馬・魚
犬心 牛・馬・鶏・魚
アランズナチュラル ラム
アイムス × チキン・ターキー・他
サイエンスダイエット × チキン・ターキー
アカナ 鶏肉
プロプラン × チキン
オソピュア サーモン
ピナクル チキン

ここでは12種類の人気ドッグフードを比較してみました。犬のアレルギー対策に重要な項目「穀物不使用」「新鮮な肉類」「添加物不使用」を比較してみましたがお気に入りのドッグフードは見つかりましたか?

わたしが比較した中ではアカナ・アーテミスのオソピュア・ピナクルなどもおすすめですが、同じ内容でさらに続けやすいコスパを考えるとカナガンやモグワンなど低価格で新鮮な肉類を豊富に使用した良質なドッグフードはかなりおすすめです!

アレルギー対応ドッグフードは魚ベース?ラム肉?チキン?

ドッグフードにはさまざまな原材料が使われているため、それぞれ違った栄養素が含まれています。ラム肉がアレルギー対策に良いとよく聞きますが犬の体質にもよるのでラム肉が絶対に良いということはありません。なので魚ベース・ラム肉・チキンなどで愛犬に合う食材を探してあげることが大切です。

例えばラム肉やチキンをベースとしているものは、非常に高たんぱくで比較的にカロリーも低いものが多いため、健康に良いと言われています。特に胸肉の部分を配合したチキンは非常に良質なタンパク質が多いことから、犬の健康寿命が延びるほど効果が期待できるのです。

ただアレルギー体質の犬の場合は、魚ベースのドッグフードが一番適していると考えられます。その理由は魚の成分には、抗アレルギー効果が期待できることにあります。魚(サーモンオイル・サーモン・タラ・ニシンなど」)の脂にはDHAやEPAなどの良質とされる脂が含まれていて、これがものすごい効果があると言われています。

しかし臭いは少し魚臭いにおいが全体的に漂っているため、嗅覚が敏感な犬にとっては最初は慣れないことがあります。臭いに慣れさせることで、食べることに抵抗がなくなってくるので、少し時間を置けばしっかり食べてくれると考えられます。

アレルギー症状の涙やけはドッグフードが原因?

愛犬に涙やけがあるけど原因はどんなことが考えられるでしょうか?

犬の涙やけは流涙症ともよばれる症状で、本来は鼻へ排出される涙が何らかの原因で過剰分泌されて涙を流し続けているという状態になっています。この涙が涙やけの原因となります。

この涙やけの原因は、

  1. 「目にゴミが入っている」取り除いてあげると改善します。
  2. 「涙腺・涙管など器官的な場合」生まれ持った鼻涙管のトラブルが原因➡病院で相談
  3. 「花粉症や食物アレルギー」ドッグフードの原材料を改善
  4. 「排泄環境のトラブル」水分をしっかり与えることで改善
  5. 「添加物が多いドッグフードで涙腺が詰まっている」良質なドッグフードで改善

子犬の頃から涙やけが治らない場合は器官的な原因が考えられますので獣医師に相談してみましょう。その他の場合はドッグフードの原材料や添加物が涙やけの原因となっている可能性があります。良質な動物性タンパク質が豊富で新鮮な水をしっかり飲める環境にしてあげましょう。

犬の皮膚炎はどんなアレルギー対応ドッグフードを選ぶ?

犬は時間が経つにつれて爪が伸びていきます。アレルギー体質で皮膚炎を起こしている場合は、その爪で皮膚を傷つけてしまう恐れがあり、ひどい時は化膿症まで引き起こしてしまうという負の連鎖が発生します。

よってアレルギーの原因ともなる粗悪な副産物や粗悪な添加物が多く含まれているものはなるべく避ける必要があります。しかし無添加のドッグフードは価格も比較的に高いものが多いため、飼い主の方もなかなか購入し難いという思われている方が非常に多いです。

先ほどおすすめランキングでご紹介させて頂いたドッグフードは1日のコスパが120円~180円以内の商品になるので意外とそこまで高くなく対策ができます。さらに悪化したり粗悪なドッグフードを食べ続けて体調が悪くなると、動物病院で診察ということになります。1回の診察料と薬の投与などで1カ月のフード代より確実に高い金額を請求されるのでアレルギー対策や日々の健康の為にも良質なドッグフードで対策してあげる方が断然良いですよね!

まとめ

アレルギーに困っている飼い主さんにおすすめなドッグフードはEPAが豊富な魚を使用したフードになります。ただ魚が原材料のものは独特の臭いがあることから、食べるのに抵抗する犬も多いです。

ニオイが気になる方はチキンとサーモンを使用したドッグフードもあります。2種類以上の肉原材料を使用しているドッグフードもかなりおすすめです。

添加物で味をごまかした食べやすい安いドッグフードを選ぶ傾向がありますが、それではいつまで経っても皮膚炎やアレルギーは改善されません。

そのため高価(1日のコスパは市販と比較すると50円~80円ほど高い)なものであっても、無添加などの製品を優先して選ぶことで症状が治まることもありますので一度試してみてはいかがでしょうか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です