電動自転車にカバーって必要?失敗しないカバーの選び方は?

Pocket

ここでは、電動自転車カバーの失敗しない選び方についてご紹介していきます。そもそも電動自転車にカバーは必要なの?どんなものを選べばいいの?って思ったことはありませんか?実はカバーを上手に活用することは、電動自転車を長持ちさせることにつながります。

この記事を読んでいただけると、電動アシスト自転車のカバーについてのお悩みを解消できるようにまとめてあります。ぜひ最後までチェックしてみてください。

そもそも電動自転車にカバーって必要?

結論から言うと、絶対に必要というわけではありません。電動自転車は簡単にサビないように加工されていますので、雨に濡れたくらいですぐにサビるということは考えにくいです。ただ、雨、風にさらしっぱなしにしておくと劣化の原因になってよくありません。

また潮風にさらされるのも劣化を早めてしまいます。カバーを活用することでこれらの劣化の原因を防ぐことができます。少しでも長く電動自転車を使用していくためにもカバーを上手に活用しましょう。

電動自転車のカバーはこんなにある!カバーの種類一覧

サイクルカバー

自転車にかけるカバーのことです。サイクルカバーのタイプは主に、クイックタイプ、ハーフサイズタイプ、全被りタイプの3種類あります。全被りタイプだと自転車全体を覆うことができるので、雨をしのぎ、サビや劣化から防ぐことができます。

スイッチカバー

スイッチパネル部分に付けるカバーです。付けることで雨やほこりから電源部分を守ってくれます。実はこのスイッチ部分から水が入って故障するケースが意外に多く、故障した場合は修理に1万円近くかかることがあります。

子供乗せカバー(チャイルドシートレインカバー)

雨の日に子供を乗せて電動自転車を使うなら、子供乗せカバー(チャイルドシートレインカバー)がおすすめです。チャイルドシートに上からかぶせるだけで、お子さんを安心して雨から守ってあげることができます。フロント用・リア用の2種類があり、カラーバリエーションも豊富でオシャレも楽しめます。

ハンドルカバー

ハンドル部分に付けるカバーです。雨や寒い日、夏の日差しから手を守ってくれます。特に手がかじかむ冬の間は重宝されます。

サドルカバー

サドル部分にかけるカバーになります。サドルに付けることで雨水の浸透、汚れ、傷からサドルを守ることができます。また印象がガラッと変わるので、オシャレを楽しみたい方にもおすすめです。

バッテリーカバー

バッテリーの端子カバーのことです。バッテリーを電動自転車から外すと端子がむき出しの状態になります。端子部に装着することで、端子を保護することができます。

カゴカバー

カゴの内部を雨や埃から守ってくれます。カゴの中の荷物が雨で濡れずに済みますし、取り外しが簡単にできるので便利です。

電動自転車のサイクルカバーの選び方!3つのポイント!

1.耐久性があるもの

耐久性のある丈夫なものを選ぶようにしましょう。カバーの種類は大きく分けてナイロン、ポリエステル、ポリ塩化ビニールの3種類があります。ポリエステルは、強度・防水・光の遮断性共に優れています。一方ポリ塩化ビニールは破れやすいですので、注意が必要です。電動自転車をしっかりと覆いかぶせられる大きさのものを選びましょう。

2.風対策がされているもの

雨風が強いとカバーがめくれてしまったり、バタついたりしてしまいます。しっかりと対策されているカバーだと余計な心配しなくて済みます。全被りタイプのカバーだと自転車全体を覆いかぶせることができるので、雨風に当たらずにすみます。カバーがめくれないように固定する紐や、紐に絞り機能があるカバーがおすすめです。

3.スタイリッシュな見た目

カバーがダサいと恥かしく感じることがあるかもしれません。電動自転車を人目につく場所に置くからこそ、気になりますよね。カバーがスタイリッシュだとオシャレに見えます。オシャレなカバーはそれほど多くありませんが、参考までに形や色にこだわって選んでみてください。

電動自転車のカバーってどこで買える?おすすめ購入場所は?

楽天やアマゾンなどの通販サイト

ランキングや口コミも充実していることと、多くの商品から選べるのが魅力です。人気のものから最新のものまで一目瞭然です。自宅に居ながら、数クリックで購入できるのでとても便利です。

自転車屋さんなどの店舗

自転車屋さんでは多くのアクセサリーを扱っています。実際に自分で見たり、プロに聞けたりできるので安心して購入できます。信頼できる自転車屋さんがあると、修理が必要になったときでも気軽に相談しに行けます。

100円均一

100均でもカバーを購入することができます。軽量薄型のカバーで、手軽にスッポリ自転車をかぶせることができます。安く手に入れることができるので、大変便利です。しかし、カバーの強度的にはそれほど強くありません。風でめくれあがってしまうこともあるなど性能面では課題が多いです。

まとめ

電動自転車のカバーの選び方についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?
電動自転車を長く使っていくためにも、大事に保管するようにしてくださいね。
今回の記事が参考になれば幸いです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です