【こっそり美白計画】デリケートゾーンの黒ずみを解消する7つの方法

Pocket

最近の女のたしなみとしてデリケートゾーンの黒ずみを取るっていうのが当たり前になりつつあります。

なかなか人には言いずらい部位だけに他人のことはわからないけれど、解消しようとしている人はケアしているんです。

きっかけは彼氏の一言だったりするんですけれどね。

そういうのが口コミで広がっていって、雑誌なんかでも、デリケートゾーンの黒ずみを解消することが特集されるようになり、徐々に広まっていって、ケアする人が増えていった感じです。

気になりますよね。デリケートゾーン。彼氏に『ゲッ!黒い・・・』って思われるの最悪だしね。

顔もキレイにして、脇もキレイにして、胸もキレイにするんだったら、最後の仕上げとして『あそこの黒ずみ』もなくしましょう。

原因と解消方法をまとめてみました。

デリケートゾーンが黒ずむ原因を知ることが解消の近道

デリケートゾーンに限ったことではないですが、皮膚が黒ずむのには原因があります。

それは一言で言うと「メラニン色素の沈着」です。メラニン色素は黒っぽい色をしている色素なので、それが皮膚の内側、表皮の深層部に沈着してしまい肌が黒ずんでしまうのです。

メラニン色素が発生する原因

メラニン色素は一般的に紫外線を浴びると生成されてしまいます。日焼けした肩とか顔に、しみや黒ずみができるのは、紫外線の影響から肌を守るためにメラニン色素が生成されたためです。

しかし、デリケートゾーンに紫外線はあたりません。(ですよね?)そうなると違う原因があるんです。

摩擦の刺激が黒ずむ原因

デリケートゾーンに外部からの刺激を受けて摩擦がおこるのですが、メラニン色素は紫外線から肌を守るほかにも外部から受ける刺激から守る働きもするので、皮膚の摩擦でも生成されてしまうんです。

デリケートゾーンの外部からの刺激といえば下着の擦れです。ホント、擦れますよね。

ショーツが擦れることで皮膚が刺激を感じてメラニン色素を生成させます。そのほかにもナプキンかぶれで黒ずんでしまうケースも多いです。

加えて、デリケートゾーンの脱毛をすることが黒ずむ原因にもなります。脱毛処理しないでボーボーにしておくわけにはいかないから、脱毛するのは仕方がないですし、しないほうがヤバイです。

でも、脱毛はどうしても肌に刺激を与えるから、メラノサイトがメラニンを生成するきっかけになりやすいんですね。

ちなみに、言っておきますが、デリケートゾーンって「娘の周りの部分」ですよ。まわり。脱毛するときにIゾーンって呼ばれている部分です。

あと、黒ずみを解説しているサイトによっては、ビキニラインもデリケートゾーンに含めているサイトもあります。

確かにデリケートな部分ではあるのでビキニラインも入れてもいいかしれません。ショーツに擦れる部位ですし、黒ずむと目立つ部位でもありますからね。

デリケートゾーンの黒ずみを解消する7つの対策方法

デリケートゾーンの黒ずみを解消する7つの対策方法

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法を調べたので紹介したいと思います。

本気で黒ずみをなくしたいと思うのなら、たくさんある方法の中で自分が続けられそうだったり、合いそうな方法を1つ選んで実践することです

そうすることで美白効果を発揮することができますから。

あれをやってみたり、これをやってみたりと、目移りするのが一番ダメです。

1・クリームで解消する方法

クリームを使う方法っていうのは、「黒ずみ専用のクリーム」を使って治す方法です。

さっきも書いたように、陰部の黒ずみをケアする人が増えてきたこともあり、デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームが数多く発売されるようになりました。

これらのクリームはメラニン色素の沈着を改善する効果もあるし、ハイドロキノンが配合されているクリームは美白にする効果もあります。

それに加えて、潤い成分も配合されているから、肌が潤うことでターンオーバーを正常にする効果もあるんですね。

ターンオーバーが正常になることで、表皮の内部に沈着しているメラニン色素を表面まで押し上げて剥がし取り、新しい細胞に替わると黒ずみもなくなります。

それに、女って「うるおってナンボ」です。特にデリケートゾーンのうるおいって大事ですよね。

あそこ周辺が乾燥している砂漠女になってないですか?(話がそれる・・・)単刀直入にいうと、「潤っている女はモテる」ってこと。

2・皮膚科・美容皮膚科で解消する方法

皮膚科で黒ずみを解消するのはどうでしょう?

デリケートゾーンと言えでも皮膚のことに変わりないから皮膚科に行く!これって、「ない、ありえない」ですよね。女として「ありえません」。皮膚科の医師に黒ずみで陰部を診察してもらうなんて考えられません。

だから私的には皮膚科はおすすめしません。治る、治らないという以前に「女」としてね。

美容皮膚科で解消する

やっぱり黒ずみで病院に行くなら美容皮膚科です。レーザー治療でキレイにしてくれますからね(保険適用外だけど)。

美容皮膚科のレーザー治療の良いところは、1人1人の黒ずみの症状に合わせて、適切なレーザー治療をしてくれる点です。

それに患部に向けてピンポイントでレーザー治療できる点も良いところ。

なんともない正常な部分まで治療する必要がありませんからね。

レーザーは皮膚へのダメージが多少なりともあるので、そのダメージを最小限に抑えることができるのは医師の診断があるからこそ。

部位が部位だけにダメージは最小限にしたいって誰もが思います。臨床経験豊富な医師が美容皮膚科にはいるから、レーザー治療も可能なんです。

さらに、アフターケアもしてくれるから安心して治療に臨むことができるんです。

レーザーを照射した後の陰部の症状を診断して、適切な処置をしてくれます。
美容皮膚科でのレーザーの料金の相場

値段
レーザー1回分 5,000円~12,000円

3・黒ずみを解消する石鹸を使う

黒ずみを解消することができる魔法のような石鹸。あるんです。実は。(魔法ではなくてきちんとした研究の元、作られているので安心してください。)

身体を洗いながらケアも同時にできるから、便利で手間いらずなので石鹸を使っている人も多いです。

黒ずみを消せる人気のおすすめ石鹸を紹介します。ポイントは黒ずみに効果がある「ジャウム」と呼ばれているハーブの調合成分が配合されているか!です。

ジャムウ・トリプル・クリアソープ

値段(税込) 送料
単品購入 4,980円 980円
  • 無添加・ハンドメイドで肌にやさしい
  • 3大成分のジャウム・ミョウバン・柿渋でニオイケアもできる
  • 全額返金保証(トリプル体験プラン)

ピンキープラウド

 

値段(税込) 送料
単品購入 3,816円 650円
  • 天然成分8種類配合
  • ジャウム+美白成分配合
  • ラベンダー油・ダマスクバラ油でニオイケアもできる
  • オールインワン美容液でお風呂に置いておける、お風呂上りの最後に塗り込むだけ

アンボーテ

値段(税込) 送料
単品購入 7,538円 600円

海外で人気がでたオーガニック成分配合の石鹸です。日本初「オーガニック認証COSMOS」取得もしています。

黒ずみが気になると、どうしてもゴシゴシと念入りに洗えばいいイメージを抱いてしまいますが、それはNG。

皮膚に刺激を与えてしまいます。潤い効果があり、デリケートゾーンの状態を整えてくれます。

  • ダマスクローズウォーター30%配合
  • ローズとシトラスの香りがお風呂に広がり癒される
  • オーガニック植物成分8種類配合

これらのデリケートゾーンの黒ずみ用の石鹸は、弱酸性で作られていることが多いですが、肌と同じ弱酸性にすることで刺激を弱くすることができるんです。

4・ニベアでも黒ずみが解消できるって本当?

本当か?嘘か?はたまた都市伝説か?ニベアで黒ずみが解消できるっていう噂があります。その真実を調べてみました。

黒ずみっていうのはメラニン色素の沈着が原因で発生します。

それを改善する効果がある成分がハイドロキノンなどの美白成分です。

美白成分を塗布することでターンオーバーのサイクルを正常にして、メラニン色素が沈着している肌細胞を表面まで運んで垢として剥ぎ落とすことで治ります。

一方のニベアですが、どんな成分が配合されているのでしょうか。水・ミネラル・ワセリン・グリセリン・ポリイソプテンなどです。

美白ケアに直接関係するような成分は含まれていません。そりゃ、そうですよね。だってニベアだもん。

ニベアは保湿効果があるクリームです。保湿することによってターンオーバーを正常にして、新しい皮膚細胞にする効果があるかもしれませんが、さすがにニベアをデリケートゾーンを保湿する為に塗らないですよね。

保湿のためにニベアを塗るとしたら、手とか、腕とか、脚ですよね。

ニベアをデリケートゾーンに塗って、保湿させて、ターンオーバーを正常にして黒ずみを治すことができるなんてことが書いていあるサイトもありますが、私ははっきり言っておすすめしません。物には正しい使い方があるんです。

5・レーザー治療で黒ずみを解消

レーザー治療ができるのは医者だけなので、美容皮膚科で照射してもらえます。

先ほども紹介しましたが、美容皮膚科は様々な黒ずみの症状の人を治療してきた豊富な経験をもつ医者が診察してくれるので、自分の黒ずみの症状にあった治療をしてくれます

それに、最先端の医療技術で治療をしてくれるので、黒ずみが消える確率も、昔に比べて年々高くなっていますし、安全性も増しています。

その分、値段も保険適用外になるので高額になるんですね。ここが一番の悩みどころなんです。

保険が使えるのなら、今以上にレーザー治療をする人の数は増えると思います。

レーザー治療を判断するときのポイント

  1. 黒ずみを治したい気持ちがどれだけあるか
  2. お金はどれだけかけれるか

の2点になります。
高額な治療費を支払うことで、普段の生活に支障がでてしまうのなら、レーザー治療ではなくて、市販されているクリームなどを使って治したほうがいいに決まっています。

黒ずみのことを元彼から言われた一言がショックで、新しい恋愛に臆病になっているのなら、レーザー治療をするのも「あり」だと思います。

本気で考えているのなら、一度美容皮膚科の医師に相談してみるのがいいと思いますが、うまく言いくるめられて高額な治療費を払うことにならないように、自分の事を真剣に考えて相談に乗ってくれているか、どうか、を判断のポイントにしてみて下さい。

6・ハイドロキノンなら黒ずみを治すことができる

ハイドロキノンは美白効果がある成分です。黒ずみのことを少しでも調べたことがある人なら必ずでてくるキーワードですし、化粧品のサイトでもよく紹介されていますよね。

そのハイドロキノンは酸化を防止する働きがあり、肌の内部にあるチロシナーゼの酸化作用を防止したり、メラニンサイトの働きを抑える効果があります。

これらの働きにより、黒ずみを増やさないことが可能になるんですね。

ハイドロキノンのクリームを手に入れる方法は、皮膚科で処方して貰う方法もあり、医者に処方してもらえるハイドロキノンは配合%が2%以上になるで、それだけ美白効果があります。

強力でもあるので、敏感肌の人には合わないケースもあります。

ちなみに保険的法外です。自由診療の値段になるので割高になって、だいたい5gで2,500円前後といったところでしょうか。保険が適用されないと高額になるんです。

市販されているハイドロキノンが配合されている美白効果のある化粧品は、配合率が2%未満なので、医者の処方箋がなくても買うことができ、こちらのほうをまずは試しで使ってみるのが良いとお思います。

できるだけお金をかけずに試せますしね。

問題はデリケートゾーンに使えるのか?ということ。美白成分っていうのは、皮膚にそれなりに刺激が強いから、あまりおすすめはしません。

ハイドロキノンがデリケートゾーン専用のクリームに配合されている場合は、刺激を抑えるために、薄めてありますし、配合率もほんのわずかです。

だから、まずはデリケートゾーン専用のクリームを使って、黒ずみを消す方法をおすすめします

7・エステで黒ずみを消す治し方を紹介

エステでも黒ずみを治すことも可能ですし、方法も何種類もあります。

  • 超音波クレンジング
  • ピーリング
  • 吸引
  • イオン導入
  • リンパマッサージ

このようにたくさんの方法がありますが、これらは「顔」や「ボディ」の黒ずみだったり、「毛穴の黒ずみ」をとる方法なので、デリケートゾーンの黒ずみも取れると勘違いしないように注意して下さい。

エステは病院ではないので、レーザー治療もできません。脱毛サロンでレーザー脱毛はできないから、威力の弱い光脱毛をしているのと同じ理由になります。

私もいろんなサイトを調べてみましたが、デリケートゾーンの黒ずみ(色素沈着)を治せるエステは非常に少ないですね。

見つけることができたのが、「ドクターシーズ・ラボ」で、ここには色素沈着コースがあり、ビキニラインの色素沈着を消すことができます。

AHAなどのフルーツ酸を使い、オリジナルピーリングと組み合わせて、色素沈着した細胞を剥がれ落とす方法なんですね。効果ありそうです。

ドクターシーズ・ラボ色素沈着の値段

値段1回分 15,120円
お試しプラン 5,400円(税込)無料カウンセリング付
1クール12回 月々5,700円(税込)~
時間 50分
来店ペース 2週間に1回

デリケートゾーンの黒ずみを治すクリームランキングベスト5

私は今回、デリケートゾーンの黒ずみについて調べてみて、値段や、手間や、時間などを考えてみて、市販のクリームで治すのが1番だっていう結論に達しました。

もちろん、人の好みもあるので、クリーム以外でもいいと思いますが、私としてクリームを使う方法をおすすめするので、ランキングにして紹介します。

クリームの選び方

紹介するそのまえに、自分あったクリームを選ぶ時の選び方のポイントを書きます。 紹介するそのまえに、自分あったクリームを選ぶ時の選び方のポイントを書きます。

  • 添加物が少ない
  • 3ヶ月は継続できる値段
  • 低刺激で肌にやさしい

といったところを判断材料にして選んで見て下さい。

1位|イビサクリーム

値段(税込) その他
通常購入 7,560円 送料360円手数料150円
定期コース(クレジット決済) 4,827円 送料無料・3ヶ月目さらに10%OFF
  • デリケートゾーンの人気No.1のクリーム
  • 美白有効成分のトラネキサム酸配合
  • 28日間返金保証あり(定期コース)

2位|ヴィエルホワイト

値段(税込) その他
通常購入 10,756円 送料540円
定期コース 初回限定1,058円
2回目以降5,151円
送料無料
5回継続必須
  • 日本初のビキニライン用・薬用美白エッセンス
  • 美白成分3種類・天然由来成分11種類配合
  • より浸透する美容液タイプ
  • 120日間返金保証(定期コース)

3位|ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

値段(税込) その他
通常購入 7,560円 送料270円手数料150円
定期コース(クレジット支払) 初回限定4,590円 送料無料
  • 有効成分のグリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス配合
  • 野バラの香りで癒されるし臭い対策もできる
  • 60日間返金保証(定期コース)

4位|ホスピピュア

値段(税込) その他
通常購入 9,720円 送料無料
定期コース 5,940円 送料無料
  • 乳首の黒ずみクリームですがデリケートゾーンにも使える
  • 湘南美容外科と共同開発
  • 90日間返金保証(定期コース)

5位|ホワイトラグジュアリー

値段(税込) その他
通常購入 9,980円 送料540円
定期コース 5,980円 送料無料
  • モンドセレクション受賞
  • 乳首の黒ずみクリームですがデリケートゾーンにも使える
  • モニター300名中、94.8%が美白を実感
  • 90日間返金保証(定期コース)

デリケートゾーンの黒ずみを治した人の口コミを紹介!1人で悩むのもこれで終わり!

黒ずみを治した人の口コミって参考になりますよね。どんな詳しい解説よりも、口コミが1番実感できるし、ためになるし、私もやってみよう!って思えてきます。

だから、口コミを紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみのインスタグラムの口コミを紹介

デリケートゾーンのお手入れ専用ソープ ヴィーナスラボのナチュラルハーブピュアソープは、ジャムウやオーガニックエキスを配合で、気になるニオイや黒ずみ、痒みを優しくケアしてくれます。 ローズの香りに包まれながら全身を洗ってみるとツルッとすっきりしました 泡立てネット付きですぐに使えるし、デリケートゾーンも刺激を感じず洗えました ニオイ対策に良いみたいで、汗をかきやすい脇も快適です #ジャムウ#ヴィーナスラボ#ナチュラルハーブピュアソープ#デリケートゾーン#ニオイ対策#カキタンニン#ミョウバン#オーガニック#消臭#ジャムウソープ#ナチュラルハーブソープ #monipla #VENUSLABファンサイト参加中

ココアブラウンさん(@cocoabrown2)がシェアした投稿 – 2017 11月 18 3:45午前 PST

・ 2017/11/08 ・ フォローしてる美人の方がゴリ押ししてて、ずっと気になってたこちらー ・ ??アンボーテフェミニーナウォッシュ ・ 全身ボディウォッシュですが、デリケートゾーン専用として使う方が多いそうです。 でも、使っていくうち黒ずみやカサつきも軽減してくるんだそうなので、気になるところを泡パックしてケアしていこうかな シトラスとローズの香りがすっごく良い香り オーガニックソープなので、体に優しいのも ・ ・ 憧れてる女優さんも、インスタでPRとかではなく個人的にずっと愛用してます!ってpostされてました ・ パケも可愛くてお洒落 ・ Amazonでお安く買えたので、使い心地良かったらリピしていこうと思います ・ #アンボーテ#アンボーテフェミニーナウォッシュ #デリケートゾーン #デリケートゾーンケア #全身ボディウォッシュ#ボディウォッシュ#ボディケア#黒ずみ#黒ずみ対策#黒ずみケア #annbeaute#住谷杏奈プロデュース#住谷杏奈 #オーガニックソープ

shinoさん(@shino.jp_com)がシェアした投稿 – 2017 11月 8 6:42午前 PST

デリケートゾーンの黒ずみのYahoo!知恵袋の口コミ

Yahoo!知恵袋を読んでみると、意外とためになる口コミが載っていたりする時があります。本気で悩んでいる人が投稿したりしているんですね。

Q・デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法ってありますか?周りには相談できない悩みなのですが、最近、人よりも黒いんじゃないかって思い始めて、本気で悩んでいます。

A・デリケートゾーンの黒ずみにも色々な原因があります。最も多い原因とされているものは、アンダーヘアーの自己処理によるものです。カミソリやピンセットなどで毛を処理することによって肌は「刺激から守らなければならない」となり、メラニン色素を生成するのです。これがデリケートゾーンの黒ずみの原因となります。また、化学繊維の下着などを着用した場合も、人によって上記の反応が起こり黒ずみの原因になります。他にも加齢によって代謝が衰えて、黒ずみが起こる場合もあります。

Q・デリケートゾーンの黒ずみをキレイにする方法を知りたいです。私は色白な方なのですが、デリケートゾーンが黒っぽいです。

A・自分では黒いと思っていても、実際にはそこまで黒くはないかもしれませんよ。場所が場所だけに友人などと見比べることも難しいと思いますし、、、。ただ、どうしても気になるということでしたら、黒ずみ解消をターゲットにしたケアグッズを使ってみてもいいと思います。実際に使ってみて、黒ずみが解消されていると実感できればそのまま使い続けていくことでさらに症状は改善されるかもしれません。

@COSMEのデリケートゾーンの黒ずみの口コミ

20歳女性 乾燥肌 ★★★★★★

約15センチのコンパクトなデザインと上品な見た目からはデリケートゾーンの美白クリームとは思えないので、みんなとの旅行やポーチ、お泊まり会など行くとき忍ばせていても、全然大丈夫なサイズと見た目なのでいいですね♪すごく伸びがよく毎日塗って本当に治したい黒ずみを治したいです!これは本当にリピして長く使い続けて、夏までには自信を持って肌を出せるようにしたいです♪

23歳女性 普通肌 ★★★★★

ナチュラルハーブピュアソープは、デリケートゾーンにも使えるオーガニック石鹸^^
低刺激でニオイや黒ずみケアができます。上品なパッケージデザインで、泡立てネットも付いているで嬉しいポイントでした。泡質はふんわりと優しい感じですが、水をなるべく使わずに泡を作るとしっとりめな泡ができるので、気になるところに3分置いてパックしたりもできます。石鹸での黒ずみなどの効果はリピートして使わないと感じにくいと思うので、根気よく続けていきたいと思います^^

デリケートゾーンの黒ずみが消えれば臭いも消える

デリケートゾーンの黒ずみの悩みについて色々書いてきましたが、もうひとつ悩みのタネってあるんです。それが「臭い」。おりものの臭いとか、汗の臭い、ナプキンで群れた臭いなどなど、様々な原因があります。

1番の解決方法は清潔にすることですが、石鹸でゴシゴシ強く擦る洗い方は間違った洗い方ですし、おりものの自浄作用を妨げる原因にもなります。それに、ボディーソープは身体を洗うために作られているから刺激が強いので、できれば使わないほうがいいんです。

デリケートゾーン黒ずみ専用の石鹸やクリームは、弱酸性で刺激も抑えてあるので、それを使ってケアすることが清潔を保つ秘訣ですし、清潔にしていれば、臭いの原因を取り除くこともできるんです。

黒ずみのケアをするのなら、同時に臭いのケアもして、女子力の高いモテる女になりましょう。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみの悩みは人には相談できません。仲のいい親友にだってなかなか言えない悩みです。

自分一人だけが悩んでいるように感じてしまいますが、実際は多くの人が黒ずみで悩んでいるんですね。

人に相談できないからネットで調べるしか方法がないのですが、ネットの情報もどこまで信用していいのかわからなかったりします。私も以前は何にも思っていなかったけど、元カレの一言で悩むようになってしまい、ネットで調べるという状況でした。

それなら自分で調べてみよう。調べたことをわかりやすくまとめて、私のように同じ悩みで悩んでいる人のために、記事を書いてみようって思って書いてみました。

拙い文章ですが、この記事がきっかけで一人でも多くの人のデリケートゾーンの黒ずみが解消されればうれしいです。そして、たくさん恋愛して、女子力を上げて、女の人生を楽しみましょう~。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です