【自転車屋は簡単な仕事?】自転車好きに人気のお仕事を現役店員が本音で暴露!

Pocket

現役で自転車店に勤務している私が「自転車の仕事とは?」を暴露してみようと思います。自転車が大好きで、本気で自転車店で仕事しようと思っているみなさんのご参考になれば幸いです。

自転車を普段から通勤や通学で使っているし、パンク修理やチェーンが外れても自分で全部出来るから「自転車の仕事って簡単だ」と思っていたりしませんか?

店員さんの作業姿を見ていても、簡単そうに見えるから誰でも出来るんじゃない?

などなど、自転車の仕事は車やバイクとは違い作業時間も短いので軽視されることも多いのも事実なんですが、かなり奥深い作業が多いのです!

簡単にできそうな自転車修理も、意外と・・・などなど詳しくご紹介していこうと思います。

自転車店には大きく分けると2種類ある?

自転車店で働く場合は、大きく分けると「大型店」と「小型~中型店」の2種類があります。この二つの自転車店の違いを仕事内容で比較してみようと思います。

一つ目は大型自転車店で仕事する場合

大型チェーン自転車店での仕事内容で一番重要視されるところは、自転車を販売すること!自転車を販売すると言っても初心者の場合にも安心なマニュアルがあるので未経験でも簡単にできます。修理に関しても最初は先輩スタッフが全部やってくれるのでこのあたりも安心できます。

自転車販売でもそこまで専門的な事を聞かれることも少ないので、「コレください!」と言われることが大半で超簡単です。ただロードバイクや電動アシスト自転車など専門知識が必要な車種もあるので油断は禁物です。販売マニュアルがあるのでしっかりと勉強してスキルアップしてお客様に安心して販売することも必要になります。

どんな仕事でも同じですが、自転車の事を極めていかないと店長クラスにはなれないですね!

二つ目は街の自転車店で仕事する場合

地域密着型の街の自転車店では(私はこちらですが・・・)対人です!間違いありません。なのでお客様の信頼を貰えるレベルまで必死で頑張らないとダメですね。

基本的に街の自転車店では、自転車販売もありますが自転車の整備や修理も要求されてきます。最初からは期待されていませんが、1年くらいである程度の修理ができるようになります。

本当に自転車のことが好きで、自転車の仕組みを理解したい人にはこちらが絶対におすすめです。

大型店では出来ない自転車の深いところまでスキルアップして最終的には独立することも可能です。モチベーションの高い方なら小型・中型の自転車屋で勉強することが一番いいのかもしれません。

大型自転車店 街の自転車店
仕事 接客/自転車販売 接客と修理
休憩 あり 暇なときに休憩
冷暖房 あり なし(ある場合も)
休み 週休2日制 毎週1日
福利厚生 あり あり(ない場合もある)
店内 綺麗 普通

自転車屋でのお仕事はどんな事をするのか?

新人スタッフに自転車屋の仕事内容のイメージを聞いてみると・・・

  1. 自転車を販売する(接客業)
  2. パンク修理をする
  3. 暇な時間は新聞やTVを見てればいい

などなど簡単な仕事だと思っている新人スタッフがほとんどでした!

ひと昔の自転車と言えば上記のように思われても仕方ないかもしれませんが、今や自転車屋も他店との競争が激しい時代へと変わってきました。

評判の良い自転車屋では上記のイメージとは違い、お客様のいう事をしっかりと聞けてお客様の思うように自転車の修理が出来ないとそのお店の評判は口コミですぐに落ちてしまいます。

自転車屋も日々努力する時代へと変化しているので「簡単だ」という気持ちでは長続きしません。

 

自転車屋はパンク修理だけでは無かった!

自転車屋の仕事で多いのがパンク修理なのですが、その他にも知っておいてほしい修理をピックアップしてみました。

修理の種類 難易度
タイヤチューブ交換 ★★★☆☆
チェーン交換 ★★★★☆
ヘッド&ハンガー修理 ★★★★★
ブレーキワイヤー交換 ★★☆☆☆
ブレーキパッド交換 ★☆☆☆☆
泥除け交換 ★★★☆☆
スタンド・キャリア交換 ★★☆☆☆
クランク交換 ★★★★☆
変速関係交換 ★★★★★

タイヤチューブ交換と言っても「スポーツサイクル」「一般車」「電動自転車」「幼児車」「運搬車」「三輪車」など様々な自転車があるのでやり方も多種多様なのでかなりの勉強が必要になります。

また、修理をする為の工具はどれを使えばいいか?ネジの緩め方、ネジの締め方(どれくらいのトルクが必要か?)なども知っていないと自転車修理をすることもできません。

わたしは10年以上も自転車屋で働いていますが、最初の頃はかなりスパルタに教え込まれました・・・

自転車屋さんって職人肌の上司ばかりなので「できる」「できない」をすぐに判断されてしまい、私のような不器用な人間は馬鹿にされることも多く辛い日々を過ごした時期もありました。。。

 

自転車を販売するにも修理が出来ないと売れない!

自転車の修理が少し出来るようになって思ったことは、修理が出来ないと自転車を販売することも出来ないって事です。

自転車の仕組みを理解していないと、お客様がどんな自転車を探していてどんな機能がある自転車を求めているかを聞き出すこともできないので販売に繫がりません。

入社した時に「意外と自転車って見に来てるだけの人も多いなぁ」って思っていたのですが、修理ができるようになってから自分の未熟さが恥ずかしかったです。

おそらく「この店員ダメだ・・・」って思われていたのでしょう。。何か聞かれてもたぶん大丈夫ですよ!」って適当に返答しているのですから!

修理が出来るようになってからはお客様の反応も違うのでやりがいも増えました!自転車って意外と奥深い業種で解ってきだすと楽しい仕事なんです。

 

私が勤めている自転車屋の1日の業務とは?

自転車屋では販売や修理以外にもすることがたくさんあります。ここでは私が勤めている自転車屋の1日の業務を体験談としてご紹介しようと思います。

午前9:30出社

私が勤めている自転車屋の営業時間は朝10時から夜の7時半までとなっています。会社に来て最初にすることは両替に行くことからスタートします。

一人から三人体制の店舗(小型~中型店)なのですが、私が常勤している店舗は一人体制なので気楽に仕事ができるのでかなりラクチンです。一人で任してもらえるようになると大変な事もありますが、自分のペースで仕事ができます^^

午前9:45からは営業前の準備で大忙し

小型店や中型店の自転車屋は営業前の準備でかなり忙しいです。大型店ならシャッターを開けたらいいだけなのに、小さいお店の場合は自転車をお店の外に展示する業務があります。

毎日の事なので面倒くさい事もあるのですが、「今日はこのディスプレイでやってみよう!」など自分のスタイルで展示をすることも出来るのでコツコツと仕事をする方には毎日が楽しいかもしれませんね!

こういう単純作業が苦手な方には自転車屋での仕事はしんどいかもしれませんが・・・

営業準備が出来たらひたすら待つ!!!

自転車屋の仕事は販売と修理がメインの仕事なのですが、開店したからと言ってお客さんがジャンジャン来店してくれるという事はありません。自転車の故障があったから来店して販売なり修理なりを行うので待つことの方が多いかもしれません。

この空いている時間も大切で、新車の入荷があったら組立調整もしなくてはいけませんし、前日に預かった修理をすることもあります。

その他にも・・・

  • 店内掃除
  • 展示自転車の掃除
  • 空気が少なくなっている展示自転車の補充
  • 在庫管理
  • 伝票整理

などなど、一人体制のお店となると自分ですべてしないといけないので意外と大変だったりします。

昼食時間やトイレに行く時もお客さんが来店してくれたら接客しないといけないデメリットもあります。ただ大変だけではなく休憩も自由に使えるので自由に時間を使えるという点ではメリットにもなります。

午後19:30閉店

この時間になると閉店準備に取り掛かり、店外に出してあった自転車を店内に戻す作業が始まります。忙しい日は本当に面倒くさいです。しかも一人で全部出して戻す作業をするので体調が悪い日なんて最悪です。。

全ての業務を終了して清算に突入です。売上が良い日は特に気にする必要はありませんが、売り上げが悪い日が続いていると「今月の予算大丈夫か?」など言いたい放題に社長に詰められます・・・

お店を任してもらっている以上しかたありませんが、上司や社長は悪い日には容赦ありません。「今月の給料でないよ!」って言われたり、「来月も続くと店長交代になるかも!」などストレスになる事も多いのです。

自転車屋で働いたら給料は良い?悪い?

自転車屋の仕事はそこまでキツクはありませんが、給料もそこまで良くありません。初任給としては、未経験者の場合は1日7500円~8000円くらいだと思います。

1カ月20日働いて、16万円くらいですね!職人的な仕事なので3カ月は見習いとしこんなもんだと思います。店長クラスになると月25万~35万くらいまで上がるので悪いとは思いません。

ただそのまま雇われで自転車屋に勤めていてもそれ以上貰える事はないと思います。20代後半で店長クラスを目指すのであれば悪くない仕事だと思います。30代から自転車屋に転職を考えているのであれば少ししんどいかもしれませんね・・・

自転車屋の仕事まとめ

私が自転車屋で働いた経験から言うと、将来自分のお店を持ちたいと思っている方であれば十分に儲かるお仕事だと思います。利益率を計算しても売り上げの50%も不可能ではないので!!!

雇われで一生働くとなると、ある程度の大きな自転車店や大型チェーン店で働いていたら福利厚生もしっかりとありますしボーナスもしっかりと貰えるので楽しい仕事だと思いますが、小型~中型店の自転車屋で仕事をするとなるとちょっと不安な要素もあります。

自転車屋の仕事に興味があるけど、将来的にはどうなのか?ずっと続けることが出来るのか?自分にあっているのか?と思われている方も多いと思いますが3カ月くらい働いて楽しいのであれば自転車屋に向いているかもしれませんね。

これから自転車屋で働きたいと思っている方のご参考になれば幸いです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です