【青汁は効果なし】って本当!?実感するために必要な基礎知識

Pocket

体に良いと言われる青汁ですが、ダイエットや便秘解消などで効果がないと言われることも良くあります。ここでは、青汁の効果についてまとめてみました。

青汁が効果なしと言われてしまう理由

まず、なぜ青汁が効果なしと言われてしまうことが多いのか、その理由について考えてみました。

青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれており、これらを毎日、安定的に摂ることができるという点が特長ですが、薬と異なり即効性があるわけではなく、最低でも数ヶ月は飲み続けて体質を改善していく必要があります。

その一方で、購入する側としては早めの結果を求めているので、なかなか結果が出ないことに焦りや不満が生まれてしまい、効果を実感する前に独断で止めてしまうのが大きな理由と思われます。

青汁に期待できる効果

あらためてここで青汁に期待できる主な効果を挙げてみます。

便秘解消

青汁にはカルシウムやビタミンB、食物繊維や鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。

特に、食物繊維は便秘に良いとされるので、便秘解消のために食物繊維を意識して摂り入れている人も多いことでしょう。食物繊維は腸の働きを活発にします。そのため、毎日青汁を飲むと排便されやすくなり腸内もすっきりしてくるでしょう。

ダイエット

便秘が改善されると、ぽっこりお腹も改善しダイエットにつながります。さらに、便秘は肝臓や腸に負担をかけ代謝を低下させますが、便秘が治ると代謝がアップします。結果として老廃物が体外へ排出されやすくなり、スッキリとした体へと変化していきます。

むくみ

青汁に含まれるカリウムにも、余分な水分を体外へ排出する働きがあります。むくみが治るのでスリムになるでしょう。

美肌

青汁に含まれるビタミン類やカルシウムは血行を促進し代謝を高めるので、肌荒れ改善も期待できそうです。ビタミンCには肌の抗酸化作用があり乾燥も防ぐので、美肌目的としても青汁を活用できるでしょう。

コレステロール値

青汁は美容効果以外にも、健康面でたくさんのメリットがあります。

現代人は、ファストフードやコンビニ弁当などの普及により、コレステロール値や血圧の上がりやすい食生活をしています。青汁に含まれる栄養素はコレステロールを下げ高血圧を改善するとも言われているので、現代人のうれしい味方です。食物繊維はコレステロールの排出を促すので、コレステロール値が気になる方にはおすすめです。

高血圧

カリウムは体内の余分な水分と塩分を排出します。塩分の摂りすぎは高血圧の原因になるため、塩分が排出されると高血圧は改善されるでしょう。血管拡張作用のあるマグネシウムも含まれていて、血圧の上昇を防ぐことができます。

血糖値

さらに、青汁にはビタミン類やアミノ酸類、食物繊維など血糖値を下げる成分もたっぷり含まれています。その中でも食物繊維は、糖質の吸収を抑える優れた効果があるとされています。

糖質が吸収されるスピードが遅れると、血糖値の上昇が抑えられるので糖尿病予防効果が期待できます。青汁を飲み続けると太りにくい体質になり、高血圧や糖尿病など生活習慣病のリスクが抑えられるでしょう。

原料別で見る青汁に期待できる効果

青汁でよく知られている原料には、大麦若葉と明日葉、ケールがあります。

大麦若葉

イヌ科の植物に属する大麦若葉は、食物繊維や鉄分、ミネラルやビタミン、カリウムやマグネシウムなどの成分がバランス良く含まれています。便秘改善やデトックス効果、肌荒れ予防などの効果が期待できます。美容や美肌効果を期待したい人におすすめです。

明日葉

セリ科シシウドの植物に属する明日葉は、ビタミンCやビタミンE、ミネラルや食物繊維を含み、血液をさらさらにしたりデトックス効果が期待できます。体の内側からスッキリしたい人におすすめです。血糖値を抑えるカルコンも含まれるので、糖尿病予防としても用いることができます。

ケール

アブラナ科アブラナ属の植物に属するケールには豊富なβカロテンや抗酸化作用のあるビタミンCが含まれています。ビタミンやカルシウム、食物繊維なども豊富で栄養価が高いのが特徴です。血糖値とコレステロール値を下げるので、生活習慣病の予防にも効果があるとされています。抗酸化作用により老化を防ぎ、ストレスを軽減する効果も期待できます。

大麦若葉と明日葉、ケールの成分をチェックし、目的別で選ぶこともできるでしょう。

効果を得るための青汁の飲み方

青汁で効果を得るためには飲むタイミングも大切です。目的別で飲むとよい時間は異なるので覚えておきましょう。

便秘解消の場合は、朝または夜寝る前に飲むと腸の働きが活発になります。ダイエット目的では食前が良いとされています。青汁にたくさん含まれる食物繊維は、お腹の中で膨らむため空腹を感じにくくなるからです。食前に飲むとその後の食べ過ぎを防ぐことができます。

青汁で栄養補給をしたい人は朝飲むのが効果的です。朝は水分や栄養素の吸収が高まるので、体内に栄養がより届きやすくなります。

青汁の効果に関する口コミ

青汁は健康、美容ともに高い効果が期待できそうですが、ここでは口コミを見てみましょう。

ダイエットに成功!
食事前に青汁を飲むと食欲が抑えられ食べ過ぎを防げます。私はこの方法で減量に成功しました。飲み始めて3か月くらいしてから、体のむくみもなくなりスリムになったように感じます。(40代女性)

便秘が治った
便秘がひどく食物繊維を意識して食べていましたが、それだけではなかなか改善されませんでした。青汁には食物繊維が豊富に入っていると知り飲み始めました。すぐに効果が現れたわけではありませんが、2週間くらいしてから便秘が少しずつ治ってきました。運動も一緒にして便秘体質を改善していきたいです!(30代女性)

肌荒れと乾燥が改善
青汁を飲み始めてから肌荒れとカサカサ乾燥肌が改善されました。口のまわりなど乾燥しやすかった部分が潤い、肌がなめらかになったみたいです。(40代女性)

青汁の選び方

青汁で効果を実感するためには習慣化して飲み続けることが大事ですが、毎日安心して飲めるように無農薬の原料が使われているか確かめましょう。またGMP(Good Manufacturing Practice=適正製造模範)を取得するなど認証品質管理を徹底し高い基準をクリアした工場で製造されているとより安心です。

さらに、青汁は毎日続けて飲むことが大切なので、続けやすい価格のものを選ぶのがおすすめです。ただし安すぎるものは低品質の可能性があるので、使用されている原料が安全かどうか確認してくだい。高品質でコスパの良いものを選ぶのがポイントです。

まとめ

青汁の効果を実感できない原因や効果の種類、飲み方、選び方などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?最も大事なことは習慣化して飲み続けること。自分に合った青汁を選んで継続していきましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です