【メーカー別】おすすめ「ミル付全自動コーヒーメーカー」ランキング

Pocket

自宅でコーヒーを飲む機会が多いあなた、いつもどのように珈琲を入れていますか?私は自営業という職業柄、毎日必ず一杯はコーヒーを飲んでいます。現在は一杯分ずつ手で豆を挽いてペーパーフィルターでおとして飲んでいます。

 

仕事の合間に豆を挽いたりするのって気分転換になるので良いんですが早く仕事に戻りたい時なんかは正直ちょっと面倒なんですよね。そこで、最近ちょっと気になって調べているミル機能付き全自動のコーヒーメーカーをメーカー別におすすめ順にまとめてみました。

 

私のように「コーヒー好きなんだけど淹れるの面倒なんだよなぁ」という方や「旦那がコーヒー好きだけど淹れるの面倒!なんで私が!!」という方は良かったら参考にしてみて下さい。(因みに私はランキング1位の「象印のEC-NA40」を妻にプレゼン中!購入したらまたレビュー記事を書こう思っています)

 

全自動コーヒーメーカーを選ぶ基準

ここでは私が「全自動コーヒーメーカー」を選ぶうえで基準とした項目を紹介します。ちなみに私はコーヒーが好きでよく飲みますが、飲み方や淹れ方に特別こだわりがある訳ではありません。(強いて言えば豆から挽きたいくらい)

 

ミル付(ミル機能)

手動のコーヒーミルは持っているので、気分転換したい時は自分で挽けばいいんですが、仕事に集中できていて早く仕事に戻りたい時なんかはミル機能に活躍して欲しいところです。

 

ちなみにいつも粉を買う人なら必要ない機能ですが、唯一ここだけ私のこだわりで 豆を買って挽いていれたい んです。

 

デザイン性

現在は自宅であまり物を増やさない用にしているのでスタイリッシュなデザインが良いなと思っています。とは言っても、機能重視で見た目としては「まぁ、どうせならおしゃれな方がいいかな」くらいです。(完全に私の好みなので無視して下さい。)

 

容量(最低2杯)

基本的にいつも朝飲むことが多いんですが、妻もコーヒー好きでどちらかがコーヒーをいれる時はお互いの分も入れるので最低でも2杯分はいれられるものを基準にしました。(マグで飲むのでカップなら4杯分?)

 

下記の表ではメーカーが公表している杯数です。恐らくコーヒーカップで計算していると思うのでマグカップで飲む場合は変わってきます。

 

浄水機能

一応、浄水器から出る水を使っていれているんですがなんとなく「付いていた方が嬉しい」機能なので浄水機能が付いたものを選びました。

 

掃除が可能な着脱タンク

タンクは外して掃除できる方がいいなと思いました。 外せるタイプの方が給水も楽 ですからね。

 

コース選択(ドリップ方式の選択)機能

個人的に苦味が効いた味が好きで、酸味が苦手です。なので 淹れ方を選べるタイプ でお気に入りの入れ方を選びたいなと思いました。

 

価格

何度も買い替えるものでもないので 2万円まで で考えています。妻も欲しがっているのでたぶん私のプレゼン次第では半分くらい家計から援助してくれる…はず。

 

1位 象印製 コーヒーメーカー 珈琲通/EC-NA40

出典:楽天市場

 

ミル機能 中細挽き・粗挽き
デザイン
容量 1~4杯
浄水機能
着脱タンク
コース選択 2段階
価格 20,698円
メーカーサイト http://www.zojirushi.co.jp/syohin/coffee-maker/sp_contents/

全自動タイプです。豆からは「中細・粗挽き(別売りのフィルターなどは不要)」を選べて、粉から淹れることもできます。また、炒れる温度が変わる「普通・濃い」ボタンがあるので豆の荒さと一緒に味の違いを楽しむことができます。正直、値段は高いんですが説明書を見る限り「アイス」もできるみたいです。

 

そして一番興味を持ったのがサーバー部分で、 象印の真骨頂でもある魔法瓶タイプ 、容量が0.36L以下のステンレスマグに直接入れることもできるみたいです。正直、私の飲み方だと保温機能っていらないんです。

 

でもマグカップで飲んでいると最後の方が温くなってきちゃうんですよね。なのでコーヒーを淹れてから魔法瓶で仕事部屋に持っていき、少しずつ飲めるのでかなり良いです!ただ、魔法瓶って洗うの面倒なんですけどね。このタイプも浄水カートリッジが必要で、楽天で648円でした。(1日1回の使用で2年)

 

2位 パナソニック製 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56

出典:楽天市場

 

ミル機能 中細挽き・粗挽き
デザイン
容量 1~5杯
浄水機能
着脱タンク
コース選択 2
価格 17,300円
メーカーサイト http://panasonic.jp/coffee/p-db/NC-A56.html

私はその都度淹れたいのであまり必要ない機能ですが、保温機能が優れています。 淹れてから30分後に自動で保温温度を下げて煮詰まるのを防いでくれる そうです。こちらは「沸騰浄水」機能がついていて、活性炭素フィルターに繰り返しろ過するそうで、カルキを90%カットしてくれます。

 

別売りのメッシュフィルターを交換することで、好みの挽き方を選んで淹れられるようになるようです。(購入時には中細挽きが付属されています)なんか豆の荒さを設定できるのに別売りフィルターを買わないと機能を使えないっていうのはなんだかちょっと…。

 

活性炭フィルターは消耗品で、1日1回の使用で約2年で取り換える必要があります。楽天では1個1,080円にて販売していました。大した額ではないんですが象印の方がフィルターが安いんですよね。

 

3位 siroca(シロカ)製 全自動コーヒーメーカー SC-A130

出典:楽天市場

 

ミル機能 中細挽き
デザイン
容量 1~4杯
浄水機能 ×
着脱タンク
コース選択 3段階
価格 9,681円
メーカーサイト https://www.siroca.co.jp/kitchen/autocoffee/

最初に少量のお湯を入れて 「蒸らす」工程を自動でやってくれる 機能がついたコンパクトサイズの全自動コーヒーメーカーです。サーバーもステンレス使用ですが象印とかと比べるとどうなんでしょうね??

 

豆は「中細挽き」のみですが粉からも淹れられて「アイス」も作れます。省スペースで見た目も良いんですが、「ミル部分の取り外し洗浄」は出来るんですが、「給水タンクの着脱」は恐らく無理な構造だと思われます。

 

かなり惜しいですね、値段もリーズナブルですし最悪豆は手動で挽けば問題は解決するんですがタンクの着脱が結構気になります。水は最悪ミネラルウォーターを買えばいいし、タンクさえ洗えたら欲しいと思います。

 

4位 Cuisinart(クイジナート)製 DBG-900PC12

出典:楽天市場

 

ミル機能 中細挽き・粗挽き
デザイン
容量 2~12杯
浄水機能 ?
着脱タンク ?
コース選択 3段階
価格 16,279円
メーカーサイト https://www.cuisinart.com/products/coffee_makers/dgb-900bc.html

(日本語サイトには該当品番が無いので本国サイトのURLです)

タイマー機能が付いた全自動タイプのコーヒーメーカーです。タイマーをセットしておくと、決まった時間にコーヒーを淹れてくれるんですが、初老のせいか目覚ましより先に起きてしまう私には不要な機能です。ただ、コーヒーの香りで目覚めたい人には良い機能ですね。

 

楽天市場で人気なんですが、アメリカのメーカーが作っていることもあって、大容量のタイプでオフィス向きといった感じです。なので最大12杯分一度に淹れられますが、逆に最小が2杯からなので「1杯だけ飲みたい」っていう独身の方には向きません。

 

「豆は2種類(粉からも入れられる)」・「温度は3種類」から調整できて 大容量の割には意外と細かい仕事もできる優れもの です。サーバー部分も真空二層式のポットななので煮詰まる心配がありません。浄水機能とタンクの着脱について、調べてみたんですが海外製品ということもあり詳しく分かりませんでした。

 

5位 シーシーピー制 全自動ミル付コーヒーメーカー BONABONA BZ-MC81-BK

出典:楽天市場

 

ミル機能 中細挽き?
デザイン
容量 1~4杯
浄水機能 ×
着脱タンク ×
コース選択 ×
価格  7,480円
メーカーサイト http://www.ccp-jp.com/life/bonabona/BZ-MC81.html

「全自動で必要最低限の機能があれば良い」という方におすすめなのがコレ。値段も安いですが、粉からも淹れられるし、30分の保温機能も付いています。ただ、給水タンクを取り外して洗うことはできません。(ミル部分は着脱洗浄可能)

 

凄く安くて良いんですが、これなら魔法瓶・コース選択機能・タンクの着脱ができて1万円高くなっても良いかな?という感じになってきました。

 

【番外編】その他おすすめのミル付コーヒーメーカー

ここからは全自動ではないものの、「ミル機能付きのコーヒーメーカー」をご紹介します。私としては気分転換したい時には豆を手動で挽いても良いんですが、仕事に早く戻りたい時は全自動の方が都合が良いので興味はあったんですが、ランク外でご紹介します。

 

パナソニック製 コーヒーメーカー NC-R500

出典:楽天市場

 

ミル機能 中細・粗挽き
デザイン
容量 1~5
浄水機能
着脱タンク
コース選択 3
価格 15,950円
メーカーサイト http://panasonic.jp/coffee/products/NC-R500.html

NC-R400との違いはステンレス製フィルターの有無、ステンレスフィルターがあるとうま味成分の1つである「油分」が抽出されるので豆本来の風味が楽しめるらしいです。まぁ、ステンフィルター無しのR400とは500円くらいしか差がないのでどうせならR500でいいかな?といった感じです。

 

ミル機能は付いていますが、全自動ではなく豆を電動で挽いたらドリップの方に移さないといけません。これは仕事の合間に行ったりきたりするのが手間になりそうですね。ただ、 淹れ方で「アイス」も可能 というのがちょっと惹かれます。

 

活性炭フィルターで浄水してくれるんですが、消耗品で買い替えが必要みたいです。1日1回使うペースで約2年なので使う頻度によってはけっこう頻繁に買い替えが必要になってきます。ちなみに公式サイトで1つ1,080円でした。

 

象印製 コーヒーメーカー 珈琲通/EC-VL60

出典:楽天市場

 

ミル機能
デザイン
容量 1~6杯
浄水機能
着脱タンク
コース選択 ×
価格 5,140円
メーカーサイト https://www.zojirushi.co.jp/syohin/coffee-maker/ecvl/index.html
 ダブル加熱(湯気と蒸気)でコーヒーを蒸らしてドリップするのでコクと香りを引き出します。 象印って炊飯器とかもそうですが、蒸気の熱にこだわっているイメージがありますね。全自動ではないので「とりあえず豆から挽いてコーヒー飲みたいんだよね」という方におすすめ。

 

特にコースの選択などは出来ませんが、コストパフォーマンスが良いです。こちらも浄水フィルターの交換が必要で、1日1回の使用で2年持つそうです。因みにフィルターは楽天で650円からありました。

 

「昔からあるコーヒーメーカーにミル機能が付いた」って感じですね。コストパフォーマンスは高いですが、その分手間がかかる感じで、「豆の挽き方」・「コース選択」もない必要最低限の機能を備えた1台です。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です