【大きな猫】メインクーンの性格について

Pocket

ペットとして飼われる猫の中で最大級の大きさのメインクーン。
成猫になると体長は100㎝ほど、体重はメスで4~6キロ、オスで6~9キロになります。
近所の公園でよく見かける日本猫と比べると、圧倒的な大きさで怖そうと感じるかもしれません。

実は、メインクーンは大きさとは真逆で、とても優しくて穏やかな性格の猫なんです。
そのため、「ジェントルジャイアント(=穏やかな巨人)」と呼ばれています。

この記事では、知れば知るほど、もっともっと好きになってしまうメインクーンの特徴と性格について紹介します!

 

メインクーンの性格は?

穏やか

メインクーンは穏やかで優しい性格をしています。
大きな体で、どっしりと構えていて滅多に鳴くことはありません。

環境変化にも動じないため、とても飼いやすい猫です。

人にもよくなつきますし、子どもや他の猫とも、人見知りせずに仲良くできます。
動物病院に連れて行っても、すぐに状況を受け入れ静かにしており、暴れ出すといったことはありません。

 

従順

頭が良いため、名前を呼ぶと「ニャン」と返事をして飼い主の元にやってきます。
帰宅をすると足音を聞きつけ、必ず「お帰りなさい、ずっと待ってたよ」と言わんばかりに、お出迎えをしてくれます。

 

甘えん坊

飼い主とそばにいたいときは、狭い隙間でも割り入って、ぺったりと体をくっつけてくるほど甘えん坊です。
部屋に誰もいないことに気づくと、「あーん、あーん」と鳴きながら飼い主を探して回ることもあります。

また、構ってもらいたいときは、自らの頭を飼い主の手にこすりつけてきます。
頭や大きな体を一通りなでてあげると満足して、そのまま飼い主のそばでゴロっと横になって安心して寝てしまいます。

ただ、過度にベタベタするわけではありません。甘えたときに存分に甘えるといった感じです。
オスは甘えん坊で、メスは少しクールで独立心が旺盛な傾向があるようです。

 

表情が豊か

メインクーンはとても表情が豊かな猫です。

がタマゴ型で大きいため、他の猫種と比べると表情を読み取りやすいです。

頭をなでてあげると目を細め、口を少し開き「いま最高に嬉しいよ」という顔をしてきます。
しつけのために叱ったときは、しょぼーんとした表情になるのがよく分かります。

甘えるときは小さく「ふぅーん」鳴きながらすり寄ってきますし、長いしっぽは嬉しさのためか、ゆらゆらと、左右に大きく優雅に揺らしています。
また、話しかけると、ちゃんと聞いているよという合図のように、しっぽを上下にパタパタと振り応えます。

 

メインクーンは賢い

メインクーンは非常に学習能力が高く、しつけをしやすいと言われています。
犬のように「お手」や「待て」などの簡単な芸を身につけることも出来ます。
メインクーンの中には、犬さながらに投げたものを取ってくる遊びをする子もいるようです。
また、足先も器用なため、前足で扉を開けたり、小さなものを持ち上げたりすることもすぐに覚えてしまいます。

協調性にも優れているので、小さなお子さんや犬とも仲良くなることができて、多頭飼いにも適しています。

「猫は三年の恩を三日で忘れる」という諺がありますが、うちの子は、私が都合で家を空け2週間ぶりに会った時でもちゃんと私のことを覚えていました。
玄関のドアを開けて、目が合った瞬間に「あぁぁぁ~~ん」と、それまで決して聞いたことがない切なく長い声で鳴いたのが印象的でした。

 

メインクーンは遊びが大好き

メインクーンは成猫になっても子猫のような幼さが残る性格で、遊ぶことが大好きです。
上下運動を好みますので、体重を支えることができる安全な段差を作ってあげると良いでしょう。

猫じゃらしなどのおもちゃなどで遊んであげると、とても喜び動きまわります。
懐中電灯の光などもメインクーンの遊び道具にはぴったりです。

たまに部屋に入ってきてしまった小さな虫などを発見すると、大興奮して無我夢中で追いかけまわしたりしますよ。

 

まとめ

とても賢くて、飼い主に従順。
適度に甘えん坊で、遊ぶことが大好きなメインクーンと過ごす時間は生活のなかの“癒し”となるでしょう。
愛情をたっぷり注いで、穏やかで可愛いメインクーンと絆を深めてみませんか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です