【元店長が実態を暴露!!】エプロントのバイト内容をすべて教えます

カフェで働く日本人女性
Pocket

カフェで働く女性店員

こんにちは!

このページでは、プロントの系列『エプロント』のバイトの内容について、元店長の私が包み隠さず全て書いていきます。

カフェでのバイトって憧れますよね!!あなたは、よくカフェを利用しますか?

店長として色んなお客様を見てきましたが、やっぱりカフェって、『常連さん』が多いんです。それだけ、カフェを『サードプレイス』、家でも職場でもない、第三の居場所として利用する人が多いんです。

だからこそ、そんな素敵なカフェで働く店員さんって素敵に見えますよね!店長でなくなった今、プライベートでカフェを利用するとやっぱり女性の店員さんも男性の店員さんも一際輝いて見えます。

カフェの店員さんって何であんなに素敵なんですかね?ニコッと笑って『ごゆっくりどうぞ。』なんて言われると何だかホッとしてしまいます。これは、同じ飲食店でもファーストフード店では出せない味わいなんですよね。

『カフェで働く自分』

そんなステータスに憧れて、カフェでのバイトに応募しようとする方も多いんじゃないでしょうか?今回はエプロントでの店長経験を通じて私が感じたエプロントのバイト事情、バイト内容、面接に通るために必要なこと、ここだけの裏話など、全て包み隠さず書いていきたいと思います(^^)

エプロントのバイトはきつい?楽?

心配事をする女性

まず、気になるのはこれだと思います。エプロントでのバイトはきついのでしょうか?それとも楽?

決して楽な仕事ではありません

ここで、あま~い話を言っても仕方ないので、ハッキリ言ってしまうと、エプロントの仕事は楽ではないです。後述しますが、エプロントは、

  • モーニング
  • ランチ
  • バータイム

と主に、3つの時間帯に分けて仕事します。それぞれの時間にピーク時間があって、その間はやることが多くて大変・・・。人が少ない日なんかは、お客さんがドッと来るのに、スタッフがそれに対応しきれずもう大変・・・。オーダーカードがバンバン飛んで来る度に顔が青ざめていくのがわかりました(笑)

じゃあ、ピーク時間以外は暇なのか、って言われると、当然そんなこともなくて。ピーク時間に向けて『仕込み』をしないとなりません。それはそれで結構大変で、ここの仕込みが甘いとピーク時間に働く人に迷惑がかかることになってしまいます。

そういう意味で言うと、エプロントのバイトは、実情を言うと中々気が休まる時間がありません。華々しく働いているように見えるその舞台裏では様々な葛藤があるんです。

でも、やりがいはある!

とは言え、エプロントのバイトにはちゃーんと、やりがいもあります。辛いことが多いのは、バイトであれば、どれも同じです。お金を頂いているのだから、その対価として苦しいことにも多少は堪えないとなりません。それでも。ただ堪えるだけでありません。

仕事内容を覚えたての頃はシドロモドロだった自分が、慣れてきて、ピーク時にも冷静に対応出来るようになると成長を実感します。

そして、休憩中や仕事終わりの一杯のコーヒーがより一層美味しくなるんですよね(笑)そんな風に。カフェでの仕事は辛いことも多いですが、やりがいもあり、あなた自身の大きな成長を見込める仕事だと言えます。

コミュニケーション能力はやっぱり大事!

これは、エプロントのバイトに限らず、どのバイトにも言えることですが、やはりコミュニケーション能力は大切です。特に、エプロントの場合は、前述したように、モーニング・ランチ・ディナー、それぞれの時間によって、アルバイトのスタッフも客層もガラッと変わります。

エプロントのアルバイトで言えば、モーニングはフリーターや学生、ランチは主婦やフリーター、ディナーは学生が多く働いています。お客さんで言うと、モーニングは出勤前のサラリーマン、ランチは主婦、ディナーは仕事帰りのサラリーマン、学生のお客さんがいらっしゃいます。

このように、時間帯によって、スタッフも客層もガラリと変わってしまうので幅広いコミュニケーション能力が求められます。とは言え、そんなに高いコミュニケーション能力がなくても大丈夫。仕事をしながら、徐々に徐々に仲良くなっていけば、自然とコミュニーション能力も向上していきます。

プロントとエプロントの違い

似た者同士の子供達

ところでプロントとエプロントの違いってなんでしょうか?レジでお客さんから、

『え?!!ここ、プロントじゃないの??』

と驚いて聞かれたことが何回もあります。プロントとエプロントの違い。知らない方が多いと思うので、ここで簡単にご説明します。

名前とターゲットの違い

エプロントは、総店舗数307店舗ある『プロント』の系列店です。プロントのターゲットが『サラリーマン』中心であるのに対して、郊外に出店して主婦や学生などをターゲットに、より親しみやすい店舗にしたのが『エプロント』です。

ちなみに、『プロント』はイタリア語で、『お食事の用意が出来ました』と言った格式ばった意味合いなのに対して、『エプロント』は『ご飯出来たわよ~。』という家庭的な意味合いが含まれています。

要するに、エプロントは、プロントより、親しみやすくて入りやすい店というのがコンセプトです。

サービスの違い

プロントとエプロントはサービスにも大きな違いがあります。どちらもコンセプトとしては、昼はカフェ、夜はバーという立ち位置です。

しかし、プロントは昼はセルフサービス、夜はフルサービスで営業しています。つまり、お客さんは昼間はレジで商品を注文して自分で席に持っていくスタイル。夜は席についてスタッフに商品を注文する形式です。

一方、エプロントは全時間帯セルフサービスです。なので常にお客さんがレジに注文に来るのを待っているスタイルです。たまに、お客さんがそのことに気付かず席について、注文を待っていることがあるので注意が必要でした。

メニューの違い

ある意味この違いが一番大きいかもしれません。プロントとエプロントではメニューが全く違います。それは同じ会社でも責任者が全く別だからです。そもそも、『サラリーマン向け』と『主婦・家庭向け』というコンセプトの違いも大きくあります。

なので。普段プロントをよく利用していて気に行っているからと言って、近所のエプロントにバイトとして働くことになると、その違いのギャップに戸惑うことになると思います。

エプロントの仕事内容。バイトがやることは何?

カフェで仕事をする女性

ここまでエプロントの簡単な特徴と、プロントとエプロントの違いについて書いてきました。続いてはエプロントの具体的な仕事ないようについて書いていきます。

エプロントはどこでバイトできる?

エプロントは現在、東京を中心に13店舗あります。私が店長をやっていた時は、こんなにも店舗はなかったので、近年出店ペースを速めている模様です。店舗の場所は以下の通りです。

  • セレオ八王子店
  • 武蔵小杉店
  • 東十条店
  • ビーンズ武蔵中原店
  • 西国分寺店
  • 本厚木ミロードイースト店
  • 千葉大学医学部付属病院店
  • エミオ石神井店
  • としまエコミューゼタウン店
  • 雷門店
  • ららぽーと海老名店
  • 狛江店
  • 文化学園店
  • YAMATO文化森店
  • 橋本店
  • アリオ橋本店

 

詳細はこちらの公式ホームページよりご覧頂けます。

エプロント店舗一覧

通勤しやすそうなお店はありましたか?

ちなみにエプロントのバイトスタッフは、学生の方が多かったです。ほぼ皆、働くお店を『家から近い』『学校から近い』『学校と家の間にある』という理由で選んでいました。そのため、通学前の午前中や、授業の空き時間の昼間、学校が終わった後にシフトに入るスタッフが多くいました。

そういう意味では、私が店長の時は『土日も入れるスタッフ』をかなり重宝しました。いずれにしても、そうした『学校の通学路』を意識したお店選びも問題ないのでご安心下さい。(ただし採用面接の志望動機ではあまり大っぴらに言わない方が良いと思います。理由は後述します。)

エプロントの仕事内容

エプロントの仕事内容は色々とありますが、主には以下の3つに分けることが出来ます。

レジ・ドリンク

このポジションにおいては、お客さんの注文をカウンターでお伺いしてレジに打ち込む。そして、ドリンクを作って提供する役回りです。レジ打ちとドリンク作成。時間を最大限活用してスピーディーな商品作成、レジ打ちが求められます。

レジ打ち事態はシンプルですが、ドリンク作成と同時並行でやろうと思うと中々大変です。

ドリンクは、コーヒーだけでなくて、スムージー、お酒など。覚えなくてはならないことは沢山あります。が、プロント程、お酒の量は多くないのでお酒に関して覚えることはさほど多くないと言えます。

更に言うと、基本的に注文されるのは、ビールとハイボールが中心なので、細かく全て覚える必要はありませんのでご安心ください。

ディッシャー

カップやお皿、機材などを洗うポジションです。基本的にはお皿を手洗いして、自動洗浄機に入れて乾かして拭いて元の位置に戻す。という単純な仕事内容ですが、素早く作業出来ないと、ドリンク、フードにも影響が出てきます。

フード

一番難しいポジションです。その名の通り、オーダーされたフードを作成したり仕込みをするポジションです。メニューを頭の中で再現しながらどんどん送られてくるオーダーシートを順序立てて効率良く作成していく必要があります。

作り方事態はさほど難しくないのですが、如何に時間の無駄を省いて最低限の作業で最大限の作成を出来るかが鍵を握ります。その上、作りながら空き時間を見つけて、仕込みをしておかないと後が詰まってしまいます。

エプロントのバイトスタッフの花形ポジションで、フード作成が一番上手く、速く出来るスタッフが必然的にスタッフ間での立ち位置も決めてしまいます。

具体的なフードの仕事内容は、モーニングタイムはモーニングセットの作成・仕込み。ランチタイムはホットサンドやパスタの作成・仕込み。バータイムはバーフードの作成・仕込みというように分かれています。

色々あるけど、ちゃんと教えてもらえる!

と、ここまで色々書いて、ちょっと仕事に抵抗を覚えた人もいるかもしれませんが、ご安心下さい。きちんと、ドリンク・フード作成マニュアルがある上、店長、副店長、社員、先輩スタッフが丁寧に教えてくれます。

私が教えたスタッフの中には、『料理経験0』というスタッフもいましたが、徐々に覚えていって、フードもドリンクもできるようになりました。

仕事内容の違い

エプロントはプロントと違って上記のように、一人のスタッフが全ポジションを出来るようになる必要があります。プロントは『レジスタッフ』、『キッチンスタッフ』とで分かれているようですが、エプロントは自分ひとりで全てが出来る必要があります。

もちろん、そんないきな出来る訳ないのですが徐々に徐々に慣れて来たらやることが増えてきます。それを億劫に思う方もいるかもしれませんが、『一人前』になったらそれだけ、今後に繋がる力が身に付きます。

もちろん、私生活においても、就活においても有利に働くと言えるでしょう。更に上級者になると、食材の発注もすることになります。そうなれば、お給料もアップする可能性大ですし、何より自分自身の大きな成長となります。

エプロントのバイトの身だしなみ

カフェで働く店員

エプロントのバイトは飲食店なので、それなりに身だしなみにも制限があります。

髪の毛

何号までだったかは、すみません。失念してしまいましたが、あまりにも髪の毛が明るすぎるのはNGです。とは言え、多少は染めても問題ありません。が、当然店舗やどの時々の状況、情勢において異なってくるので、逐一確認しておきましょう。

また長い髪の毛はきちんと縛って、食べ物、飲み物に髪の毛が入らないようにする必要があります。

服装

まず、マニキュア、指輪、長爪はNGです。飲食物に触るのですから当然ですね。ただし、ネックレスは邪魔にならないものであればある程度OKです。私が務めていた店でも大体の女性スタッフはネックレスをしていました。

また、制服(ユニフォーム)は数枚店舗から支給されるのでそれを自分で持ち帰って洗って気回すことになります。ズボンは黒やベージュなどの目立たない色のジーンズ、靴も黒などの目立たない色の物を自前で用意する必要があります。

全体的には、他の飲食店に比べるとそこまで厳しい、服装に対する規律はありません。

エプロントのバイト面接。この『2つ』は必ず抑えて!

バイトの面接中の女性

ここまで紹介してきたエプロントの実情。ここまでの文章を読んで、あなたはエプロントのアルバイトに魅力を感じましたでしょうか?もし、魅力を感じて『働きたい!』と思ったのなら、ネットや電話でアルバイト面接希望を出して履歴書を書くことになります。

・・・でもちょっと待って!

店長として様々な人と面接して話してきて、合格、不合格を出してきた立場として『ここだけは抑えて!』というポイントが2つあります。履歴書を書く前に、この2点必ず目を通しておいて下さい。

志望動機

店長として沢山の人を面接してきた中でずーっと気になってたことがありました。それは・・・

志望動機がみんな同じ!

なんです。これは本当に大きかったです。私が対応してきたエプロントのバイト希望者の中で多かった志望動機ベスト3は以下の通りです。

  1. 店の雰囲気が良かったから
  2. 店員さんが素敵だから
  3. カフェが好きだから

これらの志望動機が圧倒的に多かったです!エプロントのバイトの応募者の9割方はこのどれかの志望動機を書いてきました。中には、『通学路で通いやすかったから』なんて書いて来る方もいました。

流川楓かっ!!!!!!

なんて思ったこともありましたが(笑)その思いはグッと心の奥底にしまい込みました(笑)

私は、『アルバイトだから仕方ないのかな~・・・』と多少妥協して採用したことも何度かありました。だからこそ、ちょっと違う志望動機を書いてきた方には心惹かれました。と言っても、奇抜な志望動機を書けばいいのでなくて、単純に・・・

『私のこの能力をこのお店で役立てたいと思い志望しました!』

このような志望動機を書けばOKです!ぶっちゃっけ、採用する側は、その人がどんな理由でアルバイトの面接に申し込んでくれたかなんて関係ないんです。ちょっと厳しいことを言うようですが、それはエプロントのバイト面接に限らず、全ての面接にも同じことが言えます。

採用する側は、『この人を採用することでお店にどんなメリットがあるか』ということを考えています。だから、もし、あなたが本当にエプロントでアルバイトをしたいのならば、自分の能力がどのようにお店に役立てられるかを述べるべきなんです。例えばこんな感じ。

『私は誰にも人見知りしません。その上、以前、務めていたコンビニエンスストアでは盛り上げ役としてお店に活気をもたらして、お客様から『〇〇さんがいるから来てるんだよ。』と言ってもらえました。

そのような私のキャラクター性、接客力を活かして、こちらのお店でもリピーターを増やして、店舗に貢献したいと思い志望致しました。』

即席で考えたので文章には若干粗がありますが、このような志望動機を書いてくれた方は、やはり採用しました。

言動より行動

人の印象は見た目が9割と言いますが、まさにその通りです。どんなに履歴書に最もらしいことが書いてあったって、どんなに採用者側の質問に流暢に答えていたからって、『行動』が覚束ないと採用されません。

以前、面接中に突然停電したことがありました。昼間だったので視界は良好だったのですが、面接は一時中断。それまで、そのアルバイト希望者の女性は対応はそれなりに良くて、履歴書も悪くはありませんでした。

ところが、その面接中断中に遠目から見ていると、何だか気怠そうにしていました。停電になったのは全くの偶然でしたが、それまで面接していた時とはあからさまに態度が違いました。それを見て、私はその方を不合格にしました。

どんなに言葉や文字で取り繕っても、面接する側は相手の『行動』まで見ています。本当に本気でエプロントでアルバイトをしたいと思うなら、面接中は常に気を抜かずに心して臨むことが大切です。

【ここだけ!】エプロントのバイト裏話☆

内緒話をする女性

 

さて、ここまで色々とエプロントのバイトに関する情報を紹介してきましたが、ここでエプロントのバイトの裏話をご紹介します。あまり表には出せない、【ここだけ!】の話です。

スタッフ割引

スタッフは基本的に割引価格で商品を注文することが出来ます。この割引価格は店舗によって違います。私の店では50%OFFで商品を購入することが出来ました。私もスタッフも休憩中にパスタやコーヒー、カフェラテなどを半額で購入して飲食していました。

更にスタッフは、学生が多かったので、バイト終わりにコーヒーを半額で頼んで、長時間店内で勉強したりしていました。テスト期間になると、スタッフの勉強部屋みたいになっていたりもしました。本当はあまり良くないんですけどね(笑)

新メニューの試食・試飲が出来る

エプロントのメニューは春夏冬でメニューが変わります。その度に覚えることが増える大変さはありますが、その新商品を一足先に試飲・試食出来るのもメリットの一つ。

お客様に案内するのに、新商品を作れるようになるために、事前に自分で作って試せるのが良いところです。ただし、これは店によって違ったりするので、その点は注意が必要です。

バータイムの人達と仲良くなれる

これまた、店によって違ったりしますが、バータイムで入れば、基本的には閉店まで同じ時間を過ごすことになります。もちろん、疲労困憊の場合もあるかもしれませんが、それでも営業終了後にスタッフ同士で飲みに行ったり遊びに行ったりしていました。

もちろん、店長である私はその輪の中に入れなかったのですが(泣)それでも、スタッフ同士が仲良くやっているようだったので、それを微笑ましく見ていました。どうしても、営業時間中だと、シフト終わりが人によってマチマチだったりするので、やはり仲良くなれるのは営業終了後の時間だったりします。

なので、エプロントのバイトで友達が出来るというのははっきり言えます。彼、彼女等は仕事を抜きにしてプライベートでも遊んだりしていました。繰り返しますが店舗によって違ったりはすると思いますが、少なくとも私の店舗ではスタッフ同士、とても仲良くやっていました。

ラテアートを楽しめる

また、ちょっとしたことですが、ラテアートを楽しむことが出来ます。基本的にラテアートの方法を教わることはあまりないので、独自でやることになりますが、ちゃんとうまく出来るのであれば、ラテアートをしてお客様に提供するのは問題ありません。

私なんかは密かに何度もラテアートを練習してそれなりにうまく描けるようになったので、お客さんからカフェラテの注文が来た時なんかは、

『よっしゃ!来た!!』

なんて思っていました(笑)そして、上手くラテアートを描くことが出来て、明らかにお客さんが驚いていたり、喜んでいる姿を見て、こっちまで気分が良くなっていました。

シフトの融通が利きやすい

基本的にエプロントはシフト制です。これも店舗によって異なりますが、1週間、2週間前にシフト希望を提出して店長がシフトを作成して、メールや紙でシフト表を渡されます。

もちろん、『ここ入ってもらうこと出来ない?』と店長にお願いされることはありますが、基本的に無理矢理勝手にシフトを入れるということはありませんし、休み希望はちゃんと通す社風になっているので、融通が利きやすいです。

もちろん、どんなに忙しくても終電を逃すまで残すなんてこともないので、飲食店の中でも比較的シフトは緩い方じゃないかと、個人的には思います。

エプロントでバイトするメリット・デメリット

エプロントでバイトをする女性

最後にエプロントでバイトをするメリット・デメリットについて書いていきます。

エプロントでバイトするデメリット

まずはエプロントでバイトするデメリットから。どんな仕事にもメリット・デメリットがあるものですが、エプロントのバイトのデメリットは以下のようなものが挙げられます。

覚えることが多い

やはりこれは一つ、大きなデメリットです。元々カフェとか、飲食店で働いていた人は比較的覚えが早いのですが、そうした経験が乏しいスタッフは商品作成方法を覚えるのに苦労していました。

更にそれだけでなくて、機械の操作、清掃、開店作業、閉店作業・締め作業、レジ操作など覚えることがそれなりに多いので入ったばかりの当初は、『私、こんなに覚えられるのかな・・・』と不安になる方が多いようです。

ですが、この辺は『やりながら覚える』というスタンスで焦らず一つずつ覚えていけば必ず覚えられるようになります。専門店ではなくて、チェーン店なので、元々『アルバイトでも覚えやすいように、作りやすいように』考慮してメニューが作られていますので、慣れてしまえばすぐに誰でも出来るようになるのでご安心下さい。

動くことが多い

また、『多い』繋がりで、エプロントのバイトでは『動くこと』が多いです。レジからドリンク。ディッシャーから商品提供、フード作成に細かな動きが沢山あったりと、何かと動くことが多いです。

手と足と頭が一つに繋がってスムーズに動けるようになるのが、エプロントのバイトで上手くいくためのコツということも出来ます。

始めはこれが大変に感じることもあるかもしれませんが、慣れてしまえば、良い運動になるとも捉えれますし、学校生活や普段の生活、部活やサークルにおいても、常に効率の良い動きというのを意識できるようになります。

シフトをお願いされる

これは私自身店長の立場で何回もやってきたことなのですが、どうしてもシフトが埋まらないところがあると、電話でシフトの依頼をすることがあります。

『この日、入ってもらうこと出来ない?』

と言った感じで。断れば良いだけの話ですが、やはりちょくちょくそのような依頼が来ると罪悪感を覚えたりします。そこまで行かないにしても、何だか可愛そう、申し訳ない気持になったりすることがあると思います。

量の差こそあれど、どの店舗に入ったとしてもやはりシフト依頼は多かれ少なかれあると思います。

ピーク時は大変

やはりピーク時は大変です。具体的には朝開店してからしばらく。12時頃お昼休憩時。19時頃、サラリーマンや学生の帰宅時刻。その辺りの時刻はお客さんがひっきりなしで入ってくるのでオーダーに終われててんてこ舞いになります。

一つのミスが大きなミスに繋がって、店全体の回転を悪くしてしまうことがあるので気を抜けません。

確かに、ここが辛くて、エプロントでバイトする上での最大のデメリットとも言えますが、それでも少しずつレベルアップして、ピークにも冷静に上手く対応出来るようになると、あなたの人間としての器が確実にアップします。

それはエプロントのバイトだけに限らず、今後の人生においても、就職した仕事においても、大きく役立つスキルであると言えます。

エプロントでバイトするメリット

さて、ここまでエプロントでバイトするデメリットを書いてきました。ここまでを読んで、『エプロントでバイトするの辞めようかな・・・』と思った方もいるかもしれませんが、もちろん、そんな悪いことばかりではありません。ここからはエプロントでバイトするメリットについても書いていきます。

カフェで働くステータス

ちょっと意外に思われるかもしれませんが、やはりこれは大きいんです。お客さんとして見ていると輝いて見えるカフェ店員。もちろん、実際に働いてみると、そんな楽なことばかりではないのですが、お洒落なカフェで働くことが出来るステータスっていうのはとても大きいです。

私の店で働いていたスタッフも、

『友達にエプロントでバイトしていることを言ったら羨ましがられました。』

と言っていました。エプロントはまだ、知らない人も多かったりしますが、やはりプロントのネームバリューはスゴイです。プロント(エプロント)でバイトしているということそのものが、あなた自身の『ステータス』になります。

就活でも役立つスキルが身に付く

また、エプロントでのバイトのスキルは就活でも役立つと言えます。それは3つのコミュニケーションが同時に学べることです。

まずは、『仕事仲間とのコミュニケーション』。会社で働いていくためには、仕事仲間とのコミュニケーションは必須です。バイトによっては、仲間との連携があまり必要ない仕事があったりしますが、エプロントのバイトでは、スタッフ同士の連携が必須です。

連携がうまく取れないと、レジ・ドリンク・ディッシャー・フード、どれかのバランスが崩れてしまい、お客さんへの商品提供スピードがダウンします。そうした仕事仲間とのコミュニケーションを実践を通して学べるのは、エプロントのバイトの強みであると言えます。

『お客さんとのコミュニケーション』もガッツリ学べます。コンビニエンスストアでのバイトだと、ほとんどお客さんとコミュニケーションを取ることがありません。あっても、一言二言くらい。

余談ですが、私はコンビニエンスストアで副店長をやっていました。エプロントは『カフェ』なのでお客さんは長時間お店に滞在します。そこで多かれ少なかれお客さんと話すことになるので、対お客さんとのコミュニケーション能力を高めることが出来ます。

また、お店には当然、店長や副店長、社員が在籍しているので、会社で仕事をしていく上で必要な『上司とのコミュニケーションの能力』が学べます。

エプロントの業務内容そのものは、飲食店に就職しない限り役立たないかもしれませんが、こうしたコミュニケーション能力は、社会で求められるコミュニケーション能力である。と言えます。それは就活でも大きな力、スキルになるはずです。

更に、コミュニケーション能力に留まらず、仕事に慣れて任せられるようになれば、『発注』までやらせてもらえるようになります。そうなれば、就活でも大きなアピールポイントになります。店の在庫を発注する立場なのだから、相当店長から信頼を置かれていないと出来ないことですからね。

生活レベルで役に立つ

また、エプロントでのバイトは生活レベルでも役に立ちます。エプロントでは凝った料理を作ることはありませんが、簡単なパスタやホットサンドくらいであれば作る能力が身に付きます。元々料理に手慣れている人ならともかく。

あなたがあまり普段、料理をしない方なのであれば、料理のバリュエーションが増えるので日常のメニューの幅が広がります。

人と話せる魅力、お客さんに喜んでもらえる魅力

これは、エプロントのバイトでの最上級のメリットと言っても過言ではありません。『売って終わり』の店舗とは違って、エプロントの場合、作成した料理や飲み物をその場で味わっていただくことになります。時には、厳しいお言葉を頂戴することもありますが、

『美味しかったです!』

『ご馳走様でした!』

『あなたの接客、すごい素敵です!』

などとお客さんから直接言われることもあります。また、そうでなくても、お客さんと日常的な会話をすることすらあります。スタッフなんかは、毎朝来てくれるお客さんが来なかったりすると、いつも心配そうにしています。私も、お客さんと仲良くなって飲みに行ったりしたこともあります。

そして、それはサラリーマンがメインターゲットの『プロント』では出来ない、郊外を中心に『家庭向け』をコンセプトに出店している『エプロントならではの特徴』です。

エプロントのバイトまとめ

そんなこんなで。辛いことも多いエプロントのバイト。だけど、辛いことだけでなくて、それに余りあるメリットや喜びもあります。

エプロントでのバイトは業務的な部分だけでなくて、人間としても社会人としても成長するチャンスが沢山散らばっています。あなたがもし、『お金を稼ぎたいだけ』という目的でエプロントのバイトを選ぶのであれば、もしかしたらあなたはエプロントのバイトにはあわないかもしれません。

でも、それだけじゃなくて。エプロントのバイトを通して『人間としても社会人としても成長していきたい』と考えているのであれば、エプロントのバイトはあなたに、きっとピッタリな職場になるはずです。

今回は、私がエプロントで店長を務めて感じたことを包み隠さず書いてきたつもりです。もしかしたら、心外なこともあり、エプロントのバイト応募を躊躇してしまう方もいるかもしれませんが、良い部分も悪い部分も踏まえて、あなたがエプロントでバイトすることになって、それがあなたにとって、『入って良かった』と思えるようになれば、この文を書いた私も幸いです。

エプロントのバイトを通して、あなたの人生がより豊かになることを心より願っております。長文ながら、最後まで読んでいただいてありがとうございました(^^)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です